家具やクロスも進みつつ

 現場も片づき始め? キッチンの取付けに家具屋さんが、お手製の道具を携え来てくれました。ぼやけた写真になっていますが、いい感じに仕上がっています。

 そしてクロス工事も始まりました。今回はクロス屋さん泣かせな薄め品番?です。ゆっくりやってもらって良いです。なんて、勝手な事を言い残して、今日は現場を立ち去りました。

 外部の左官工事も下地が随分進んできました。表から見ると、建物の雰囲気が変わってきた感じがします。通りから見るとなにやら物々しく、皆さん覗きながら通り過ぎて行きます。

クロス前のパテ塗を丁寧に進めてもらえています。
左側は下地終了、右側は粗塗りの状態

大工工事が終わりに近づいてきました。

 住宅の工事も大工工事終盤となってきました。前回から、しばらく間が空いてしまったので、今は中の様子がだいぶ分かるようになってきたところです。狙いのところも予想をクリアしそう。何が狙いかはまた後ほどに。

 それにしてもイメージとは難しいものです。現場で見上げながら思わず、なんかいい感じやん。なんてつぶやいてしまうと、監督から、分かって設計されているんじゃないのですか?と問われる。それもそうだけど、そうでもない。
 設計中は図面をじっと睨み無想し、3Dを作ってクルクル見渡し、時にはスケッチを描きながら、もう少しああかなこうかななんてやって居りましたが、まだまだ実のイメージに辿り着けておりません。きっとたぶん、こう見えるハズ。こう感じるハズ。
 スケール感はある種反復練習みたいなところがあると感じています。自分の思う距離感が現場で違っていると、もう少し広かった方が良かったかな〜。もう少し高かった方が良かったかな〜。んむむ、もう少し小さいほうが良かったよな〜。。。所詮は当てずっぽうなのです。

 とは言え、出来上がった時に施主さんや工事の皆さんから、なんだか気持ちよいと思ってもらいたいのですが、一体それはどんなスケール感なのか?
 これは普段から思う課題なのです。人の気配や動線、空間のボリュームを幾度も想像します。全体に細部に使い勝手もよい計画を目指しつつ、出来上がりは気が抜ける空間になることが望みです。ところが、設計の最中に施主さんの要望を満たすことばかりに集中しすぎ、出来上がったときにどこか寸止まりな窮屈に感じる空間になってしまったとき、あ〜しくじったと感じます。
 いや、ほんとムズカシイ。

「土足厳禁」やスリッパ入れは大工さんのお手製です。
リビングの様子。すっかりボードで囲われました。
階段を見下げた様子。
2階の床は、OSBと言われる構造パネルを平滑に削っている商品を使っています。微妙なサイズ違いがあるので、少しずつ調整しながら貼っていただけています。
1階の食堂付近から、カウンターの裏側はキッチンを据えるスペースになっています。
左官外壁のラス下地。ほぼ全面がモルタル下地の左官仕上げとなります。
床が貼り終わった2階の様子。右手のOSB壁の向こうは納戸です。
1階リビングから階段を見た様子。階段横には吹抜けがあり、明かりが漏れる様子が分かります。

棟上げその後

 去年の秋の初めは台風21号で関西は大変なことになっていました。今年は大型台風が関東に襲来。やはり地球温暖化の影響なのでしょうね。
 棟上げ後は雨・台風に幾度も現場は右往左往。外壁の防水シートが間に合わず、慌ててブルーシートで応急処置。大工さんも監督さんも、行ったり来たりになり落ち着きません。

 そうこうしながらも秋口は中間検査を無事に終え、構造合板の外壁下地に囲われ建物には、サッシも取付き断熱材も施工され、ようやく少し落ち着いた感じがします。
 外廻りでは、屋根の板金仕舞が進み中なところ。2階窓の庇が薄く飛び出し、何気に格好良くなりそうです。

台風到来。ブルーシートでなんとか乗り切りました。
1階下屋。サッシ取付け後の様子。
見えているのは、2階床裏の断熱材の様子です。自動車車庫の天井内となります。
グラスウール断熱材がキレイに入っています。天井は気密シートも貼られています。
外壁の防水シートも貼られひと安心。屋根は板金工事に掛かり出しです。