蓄熱暖炉の住まいが、暖炉雑誌に紹介されました。

IMG_2926

猛暑続きにヘトヘトになっているこの頃ですが、滋賀県の蓄熱レンガ暖炉を作った住まいが、この度「薪ストーブライフ」と言う雑誌に紹介されました。しばらく前に、この暖炉を製作されたマックスウッドさんから取材の連絡を受けていましたが、つい先日、発売されましたと連絡と共に、1冊いただいた所です。

IMG_2921

届いた記事の大きな見開き写真にビックリしましたが、本文記事も施主さんご自身で書かれたものでした。詳細は聞いていなかったので、ストーブライフを満喫している様子をいち読者になりきって楽しく読めました。
これまで鋳物の薪ストーブは納めた事がありましたが、大きさもさることながら費用もそれなりに掛かるレンガ暖炉を、どこまで活用してもらえるのか正直なところ心配でした。結果として工務店さんの協力など暖炉を運用する環境が整い、そんな心配は無用なものだと感じています。今回の施主さんの記事を拝見し、今はただただ羨望の眼差しです。

昨今の自然エネルギーやら再生エネルギーやらのアレコレは別に、暖房器具としてのこの蓄熱暖炉の効率の良さは、正直なところ衝撃が隠せません。もっと運用は大変なものだと考えていました。エコスタイルに暖炉と言った図式に、どこか馴染めないところがありました。ところが今回の蓄熱暖炉に関わらせて頂いたおかげで、少しだけ運用のシステムを考えれさえすれば、もっと一般的に使える方法にもなるのだと考え直すきっかけになったと思います。
当たり前に思っている便利さ故に、考えることさえ止めてしまったのかもしれません。興味が湧いた方には是非、施主さんの文面を読んで頂ければと思います。

*:既に発売されていると思いきや、出版社サイトでは近日発売と! 書店等での購入はしばしお待ちを。(7月13日現在)

蓄熱暖炉っていいかもです。

skmt_IMG_1212

去年の秋終わりに竣工した滋賀の住宅にお邪魔した。
遅まきながら完成のお祝いを持参しながら、この住宅に設置したメースンリー蓄熱暖炉がいかほど活躍しているのかが、ずっと気になっていた。暖かくなってしまう前になんとかの訪問です。現場で積み上げる暖炉を計画したのはもちろん初めての事。施工してもらった暖炉屋さんの話だと、日本でもまだ施工例の少ないスタイルの暖炉だそう。疑っていた訳ではないがこの蓄熱暖炉、燃焼効率が良いので日に1〜2度ひと抱え程度の薪をくべるだけでほぼ一日中ほんのりと放熱する。釜の中で燃え盛っているのは1時間ほど。後は熱気を逃がさないようにして積み上げたタンスひとつ分くらいのレンガに溜まった熱がじんわりと放熱される。

施主さんに伺うと、平日だと晩に1回くらい、休日なら朝晩2回くらいの火入れでちゃんと1日中温かさを感じられるのだそう。暖炉のある居間は、吹抜けもあってそこそこの空間になっている。そこを十分に暖めているので、続きの和室や吹抜けを通した寝室や子供室の扉も開けているのだとか。ご夫婦共に働きに行かれていて、そんなゆったりした生活スタイルでは無いはずだから、ちょっと心配していた。が、話を聞くうち、コリャなんとスバラシイことかと。。。

実は計画当初、電気式の蓄熱暖房を考えていた。そして、地震、原発、節電。。。そのまま進めていたら、どうだったのだろう。この蓄熱暖炉は生活スタイルもさることながら、そこそこコストも掛かるし、設置できる環境も考えておかないといけない。薪の調達も必要。どこにでも薦められると言う物ではないけれど、こうした自然のスタイルをもっと見直していかないといけない時代に、少しだけ先取り?したような気がします。

頂いたヤキイモがなんと美味しいことか。。。羨ましいです。

オープンハウスが終了しました。

先週の土日、滋賀の住宅のオープンハウスが無事終了しました。
お越し頂いた皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

ここしばらく手掛けさせていただいた木造住宅の中でも、一番「木」を意識した住まいでした。元にあった祖父の家に対する施主さんの思い、こだわりの工務店さんにお願いした経緯、また木造民家が多く建つ地域の歴史、どこまで自分が応えられたか定かでありませんが、ひとつの経験をまた頂きました。
施主さんはこの住まいで家族の歴史をこれから刻まれて行きます。子供たちも成長するなかで、この住まいが皆に愛されてもらえることを願ってやみません。