平成最後の一戦

阪神甲子園「阪神広島戦」
阪神甲子園「阪神広島戦」
阪神甲子園「阪神広島戦」

平成最後は、施主様に頂いたチケットでヨメさんと甲子園で過ごしました。
「 平成最後の一戦 観戦証明書 」は永久保存版です。

阪神甲子園「阪神広島戦」

今年の鯛みくじは「大吉」です。

西宮の正月は、えべっさんが終わってようやく平日に戻る気がします。

今年は休日祝日に重ならない日程だったのか、混雑具合はましだったのでは?。しかしこれを喜ぶ気がしなく、年々出店の数も減り賑やかさが減ってくる様子を見ると正直寂しささえ感じます。こんではえべっさんも元気でんよな〜。と思うのは僕だけでしょうか。
一番の最盛期がどんなだったかまで分かりませんが、20年を超えてえべっさんを見てきた身としては、阪神電車の駅から西宮神社の境内の中に至り賽銭投げ込んだ後も、押し合いへし合いずっと身動きできなかった事が忘れられないのです。喧騒と活気は紙一重な気もしますが、あの熱狂は貴重な体験でした。

それはそれとして、今年の鯛みくじは「大吉」! いいことあるはず。

西宮浜探索

このところ、ご近所が騒がしい。と書くと語弊があるが、気になる議題とあって近頃は町内会の集まりにまじめに幾度か出ています。

たまたま縁があって住み始めた場所は、浜手のとても環境に恵まれた場所。そこは、自然環境の保全を求められる重要な地域のひとつだったり、すぐ近くには史蹟もあったり、自然災害や南海地震に備えた防潮堤整備や河川整備の必要もあったり、いろいろな環境に関わる諸事情を持っている。さらには、近隣の町にマンションや大型スーパーなどが立ち並び近年あれよあれよと人の数が急に増した。砂浜を抱えたリクリエーション地域にもなるので、以前より夏にはバーベキューのゴミやら花火の騒音などマナーの悪さに頭を抱えるご近所も方々も多い。

そうしたアレコレで必要にせまられる住環境改善の要望や、イロイロ続くことになる整備工事での安全確保に対し、町は市や県の対応にひとつひとつ反応をしめしている。

呑気に暮らしているなと言われればそれまでだが、町内会に出て初めて、自分が住む地区にはいろんな問題を抱えていることを知ることになり、住人の一人とし、もっと近隣の様子に興味を持っておく必要があると今更ながら感じています。

前置きが長くなりすぎました。難しい話を続けたい訳で無くこれもきっかけで、自分の住む町や市のことに興味が増したところ。
この日曜日は、嫁さんと対岸埋立地一周の散歩。あまり行く事ないあたりまで足を伸ばし、散歩のつもりが子供気分のちっちゃな探検となりました。