砥峰高原

砥峰高原

 先日の日曜日、思いつきで久しぶりの自然散策に行ってきました。ススキで有名な砥峰高原です。

 昼前に出発。コロナ禍だから人出は少ないだろうと勝手に思っていましたが、有料道路を降りて下道を走り出すと少しずつ車が増えてきました。少しずつ車間がつまり、高原の駐車場手前2キロあたりからは1本道の車列に並ぶ羽目に。高原に着いたら食堂で昼ご飯と思っていたのに、腹を空かせたままトボトボと、うねった山道だからもう引き返す訳にも行きません。

砥峰高原

 一時間弱ほど行列に並び、ようやく高原の気配が。誘導員に促されるままようやく駐車場に到着。車を降りて立ち上がると、目の前にススキの野原が拡がっておりました。

 砥峰高原はもともと茅葺屋根材の茅の伐採地だったそうです。その環境を維持する為に山焼きが行われていました。茅が使われない今はススキの大草原に替わりましたが、山焼きは現在も続いているそうです。ということは、自然に生まれた風景ではなく人の手に支えながら続いている風景なのだと、後で知りました。
 遊歩道もきっちり整備され湿地には板敷きの通路が設置されているで、砥峰高原は観光地として地元の方に大事にされているのだと感じます。アクセスもしやすいほうなので高原と言うよりも、カップルや家族連れが楽しみやすい大きなススキ公園でした。ススキだけでなく春や夏の風景も楽しめそうです。

 併設されている自然交流館の食堂は蕎麦が人気だったようですが、残念ながら売り切れ。山かけ丼を頂きました。美味しかったです。

 ドラマや映画のロケ地にもよく使われているようです。この日もテレビの撮影隊がいましたが、ちょっとお天気具合が残念でした。

 7年前に同じくススキで有名な曽爾高原へ行きました。その時の記事はコチラから。

マチュピチュ …ただし日本の、に行ってきました。

竹田城

折角のシルバーウィークを仕事だけで終わらせるのは余りにもったいなく、急な思い立ちで日本のマチュピチュと呼ばれる竹田城址に行ってきました。おかげで本日、一年に一度あるかなしかの筋肉痛になっています。。。。

雲海を見るには9時までとの密書から、朝4時半に出発。7時前には麓に到着するも既に早朝から攻め入る全国各地の武将たちに先を越され、目当ての駐車場には止められず、ようやく辿り着いた案内所にいる門兵たちに6時半ごろが一番綺麗でしたよと告げられ、泣く泣く朝の8時を回る登城とあいなってしまいました。
なんだかんだとそれでも雲海に囲まれた竹田城に来ることができたわけです。確かにもう少し早く到着できれば、さらに神秘的な風景に遭遇できたかもしれませんが、雲に包まれた城址を十二分に体験できて満足です。にしても、運動不足の身に選んだ山登りルートは結構きつかった。。。
雲海の見られるシーズンは、11月ごろまでだそう。登城にはいくつかのルートがありますが、多少は軽い山登りになります。ブームは過ぎたと思いますが、まだまだ観光客多し、下調べして行くのが吉です。

竹田城 パノラマ

 
 

さらに、

生野銀山 トロッコ列車の中

竹田城から下山して、お昼からは生野銀山に行きました。折角なのでついでと思って見つけておいた近辺の観光地ですが、いやコレがまた思いのほか迫力満点で時間を忘れて長居しすぎ、帰りは渋滞に巻き込まれすっかり夜となりました。近代化産業遺産に選定されているのも納得です。

ちなみにお昼は、この生野銀山の街、生野で名物ハヤシライスをいただきました。こちらもオススメです。いろいろお店があり、こちらも下調べ要?

生野ハヤシライス

それにしても今回行っての驚きは、竹田城下の竹田町も、銀山の生野町も、とても美しく整備されています。史跡も文化財も多いことは調べてみて分かりましたが、現地を訪れてさらに続けて行ってみたくなった名所がまだまだ沢山ありそうです。
正直これまで馴染みがない地域でしたが、朝来市の観光情報のホームページも充実しており、見ているだけで結構楽しくなってきます。

岩座神の棚田に行ってきました。

岩座神:棚田の風景

わざわざ行って来たみたいなタイトル付けてますが、たまたまです。8月の間、コンペに参加してスッカリ夏休みを逃してしまいました。先週木曜の提出を終えた当日、出先で手にした観光案内に日本の棚田百選という文字を見つけて、そのまま足を伸ばしたといったところ。ひと月ぶりに新鮮な外の空気を吸った感じがします。空気の良いところに来るとタバコが吸いたくなります。ね?

そんな訳で特別な下調べもないまま訪れましたが、市街からそれほど離れてなくて、豊かな田園風景に出会えるのが素敵です。平日でしたから、他に見学に来られている方も無くのんびりとできました。
近くの老人ホームからでしょうか。マイクロバスを連ねて見学に来ていましたが、そもそも観光地って訳ではないので、車を停めてご老人が棚田を散策できそうな様子もありません。車から降りてきたスタッフさんがせっせと写真を撮っていました。パチパチって撮ったら車に乗り込んで次のところへ。その様子があまりにせわしなく、ゴミ回収に来たかのようでした。スライドにして後で楽しむのかな。気がついた時にはもうどこかに行ってしまいました。

ひと回りしたところで、石積みの修理をしているらしきおじさんに声を掛けてみました。修理している棚に入らせてもらうと、そこは野菜畑でした。いろいろと作付けされている様子です。着くなりオジさんが畑の入り口にあったゴーヤの棚から3本もぎ取って、無農薬だから美味しいで。言うとるわしはニガイの苦手なんやけどヨメは好きみたいや。ニコニコって手渡されました。思わぬ収穫です。
おじさんは聞きもしないのに、そのまま次々に話をしてくれます。で、分かったのはおじさんは畑の持ち主では無い事。さらに農家ではなく、元食品卸をしていたサラリーマンようで、しかも魚が専門、さらに野菜に精通。食通で豪快な語り口で、多くのシェフとも交流があるよう。今は引退。田畑の修理やら地元の農家さんの手伝いやら、好きな事している。ってコトのようです。

さて、頂いたゴーヤは良かったのか?深く考えずにおきましょう。コンペに解放されたところ、心地よいリハビリの一日となりました。