空中散歩!?ドローン体験

あべのハルカスから撮った写真?。ではありません。

大阪で設計をさせて頂いた以前の施主様から、実はドローンの免許を取りまして。。。。。自宅の屋根に載せた太陽光パネルを講習先の先生方にドローンで撮影してもらうのですが、見学に来られませんか? とお誘い。うわ〜〜行きたいです〜〜〜が仕事がバタバタで。。。即答ができなかったのですが、結局行きました。

当日、ご自宅横のガレージに着いてみるとドローンが2台やってきました。間近に見たのは初めてです。四本脚で大小ありますが羽根が回る範囲を含めると50〜60センチ角ほどの大きさ、スタイルも良くて、現代風おとなのラジコンおもちゃ(男子はきっと)物欲そそります。

まず1台目のドローンをガレージ通路に置き早速先生が操作を始めると、羽根がしばらく回ったかと思えば、スルスルスル〜と快晴な上空に上がって行きました。あ!、え?、一直線に上昇するドローンはまたたく間に何処にいるのかも分からなってしまいました。ぽか〜んと上を見上げるばかり。すると先生が、上からはこんな感じに見えてますよ。と覗かせてもらったタブレットに映し出された一場面が最初の写真です。とても晴れていたので、街並みがびっくりするほど綺麗に見えます。博物館に展示されている街並み模型をみているような気分。真下に向ければ、めっちゃリアルなグーグルマップ?と思ってしまいそうな鮮明さです。鳥にでもなった気分であちこち見渡せます。なんもかもマル見えやな〜って印象。

そして本題?太陽光パネルの確認。もう一台のドローンには赤外線カメラが搭載されています。

太陽光パネルに発電の悪いところがあると電気に変換できず熱がこもるのだそう。それを赤外線カメラで見れば一目瞭然。太陽光パネルなら全体均一な色になりますが、不良部分があればくっきり他と違った感じに映ります。
この日も実際パネルの一部が他より明るく映った四角い部分がありました。この箇所がうまく発電できていないかもしれませんね〜、と先生。なるほど、とてもよく分かります。

外壁タイルの浮きやコンクリートの亀裂など肉眼では分かりにくいものでも、熱の受け方の違いで温度差が出るために、赤外線カメラならはっきり識別できるのだそうです。ほ〜、なるほどなるほど、とさらに感心。

小一時間ほどでしたが、ドローンを飛ばしているのをなんとなく見るだけでなく、施主さんや先生方の説明がとても興味深く伺えたので、予備知識がほとんどなかった私には、ドローンのミニセミナーを受けに来たみたいでした。
テレビでドローンの映像をよく観るようになりましたが、ドローンの飛行には様々な許可が必要です。操縦者も飛行機と同じような扱いがあり、操縦時間の報告も必要だそうです。どこでも飛ばせる訳ではありません。むしろ許可が取れなければ屋外ではほとんど飛ばせない感じです。ラジコンおもちゃのようにはどうやらいきません。それでも目の前で見ると、コレは面白そう。

興味深かったのは、GPSを搭載しているドローンは、たとえ電波が届かなくなったとしても出発場所に戻ってくるようプログラムされているのだそうです。帰巣本能が備わってるのか?

いろいろと勉強になり、しばらく興奮さめやらぬ一日となりました。

シャーペンを買うのは何年ぶりだろうか。

foto-IMGP2873

点5のシャーペンの先が少し曲がって、芯送りが悪くなり始めたのはいつだったろうか。そのまま気にもせずにずっと使っていた。というのも、シャーペンを使う機会がすっかりなくなったからだ。独立した時からほとんどマックで仕事。現場で使うことはもちろんあるが、どちらか言うとボールペン使い。プリントした図面に赤や青で訂正事項は書き込んで行くし、その場で図を描くような時もボールペンを使う事が多かった。スケッチもボールペンの方が多い。もちろんシャーペンが嫌いな訳でもなんでもない。
現場で使うシャーペンは点9。芯が太いので、木やベニア板やコンクリートにも直接印をするにも、現場で荒く使っていても折れずに便利だから。現場の監督さんが使っていたのを真似はじめたのがきっかけだが、事務所でファックスやらのときにも使うようになっていき、点5の影はすっかり薄くなっていった。

で最近、さすがにコンピュータばかりでやっていると目も疲れるし、飽きて来た?つまらない?気もしてきて手描きの図面を現場に持ち込むようにし始めた。大枠は相変わらずマックで進めるが、部分などの詳細図は敢えて手描きの絵を描くようにする。現場の大工さんは、手描きの方が分かりやすくて良いと言う。ただ手描きにすると訂正に手間取る。図面としてはCADの方が間違いは無いのだが、、、手描きの方が伝えたいところに力が入るのかどことなく伝わりやすいし、なににせよ印象が良い。不思議なものです。ただ、さすがにトレーシングペーパー相手でなく、A4コピー紙相手。15センチの三角スケール1本で描けるところまでのチョイ手描き製図。T定規使っての本格製図までは、さすがにまだまだ躊躇します。

それで昨日、別な用で入ったはずの文房具屋で製図用シャーペンについ目が行き、十何年振りにシャーペンを買ってしまった。〜長年使い慣れた感触を実現〜って書いてあるパッケージのフレコミについ負けてしまったのもある。よくよく考えると、設計屋なくせに。。。と思えなくもないわけです。

りさいくるノート?

世の中リサイクルとかエコロジーとか、とてもうるさい訳ですが。
(もちろん反対している訳ではありません。。。)
しばらく前には再生コピー紙で、製紙業界がヒックリ返っていました。
個人事務所なので、まだまだ知れているかもしれませんが、
日々の業務の中でも、紙の使用は充分にトテツモナクあります。
コンピュータだ、ITだとか言っても、紙媒体は永久不滅です。
それでも当事務所にはコピー機がありません。むろん経費削減ではありますが。
いや、開設以来IT化を押し進めた結果です?
単に、コンビニーで充分まかなえるだけですが。
事務所の業務で一気に使用済みコピー用紙が増える時期があります。
見積の前後。
50枚ほどある図面を相見積する工務店さんにお渡しする時は、ドッと減りますが。
その前は、図面の訂正チェックについついプリントアウトを繰り返してしまいます。
見積後、業者さんから2部ずつ見積書をもらいますから、A4用紙(たまにB5)が、
ドドドッと増えます。
さらに減額調整に入ると、また一部、また一部と増えて行きます。
そんなわけで、机の前に山積みになっていました。
FAX用紙や打合せ用紙に使いはするものの、なかなか減りません。
気がつけば余裕で1000枚以上はありそう。
先日、せっせとホッチキスを外し、奇麗なものはプリントアウト用に。
B級用紙はノートにしてしまいました。
折角なので、残しておいた映画のチラシを表紙に貼って自家製ノートです。
写真はB5版ノート。世界唯一のオリジナルラクガキノートになりました。
工務店の皆様。モウシワケアリマセン。
小さい頃、親父さんが会社の使い古したコピー用紙でノートを作ってくれていました。
今見返せば、赤面するような恥ずかしい落書きで一杯です。
今更作ってはもらえませんから、自主制作ノートでシッカリ恥ずかしくない落書きします。
これも世の貢献になるのかな。

鉛筆とシャーペン

現場で大工さんが使っている鉛筆。文房具屋さんでは、見たことが無い。
建築用鉛筆。現場で時たま見かける。
書き味が違うのだろうか?幾人の大工さんに聞いてみると、折れにくいのだそうだ。
写真の鉛筆の硬度は2H。さて、他の2Hより硬いの?どうなんだろう。
大工さんの一人はコレで無ければ、UNIだそうだ。どことなくこだわっている。
確かに高い鉛筆の書き味はなめらかで、線を引く時の引っ掛かりがない。
日々デッサンを繰り返していた受験時代。
HiーUNIは高くて、普段はUNIを愛用していた。
小銭をはたいて使ってみると(そんな訳はないが)うまくなった気がした。
デッサンをやり始めたころ、固いモチーフには硬い鉛筆、柔らかいモチーフには柔らかい鉛筆。
6Hから6Bまでナイフとフォークみたいに取り揃え、気合いだけはイッパシだった。
なのに鉛筆のせいには出来ないが、最初の受験は大失敗。
役に立たないおまじないだった。
次の年、通った予備校の方針でHB一本になった。かろうじてだろうが、なんだろうが合格できた。
道具は揃えりゃいいってもんじゃない。と身に染みた最初の経験のはずだった。
数年経ち、
そんなことをスッカリ忘れ、建築を勉強しはじめるとシャーペンに凝りだした。
0.3、0.5、0.7、0.9、と今度は太さを揃え始めた。どうやら懲りていない。
がある時、一本のシャーペンだけで豊かな表現をする人に出会い衝撃を受け、
完璧に感化され以後、0.5一本になった。
そうした経緯の中でも、最後に気に入っていたシャーペンはTOMBOの製図用だった。
重心がやや前目。そのバランスが微妙に良かった。
長く愛用していたシャーペンは、つや消しのマットな表面がすっかりツルツルになっていた。
先が折れて使えなくなったシャーペンを、今も捨てきれずに置いている。
モニターを眺めマウスをグリグリしてる今も、実は同じ様な事をしている。
自宅には、受験時代にケースで揃えていたUNIが今も大量に残っている。
マウスを持ち替えて、もっと鉛筆を持たないと。と思う事が最近増えた気がします。

カキノイエ:リビング、バスルーム

消えるボールペン

なじみの文房具屋で買い物ついでに、気になっていた商品を買ってみた。
消えるボールペン?フリクションボール
このところブツブツ文句を言っていた確認申請騒ぎに、救世主の出現か?
ボールペンで訂正できるって、こりゃイイじゃん。
なんて姑息な事を考えながら、ニヤニヤして手に取った。
事務所に帰って試し書き、イカン太すぎる。0.7。細いのは無いのだろうか。
水性ボールペンのためか、万年筆ぐらいの太さ。書き味もそんな感じ。
これでは、コマゴマ書かないとイケナイ申請書にはチ〜ッと不向き。ウ〜ン惜しいな。
都合の良い様にはイカンものです。
ペンの横に書かれた注意書きに目が止まった。〜 証書類・宛名書きには使用できません 〜
意味無いやん、ボールペンのくせに。自分勝手に無意味な憤り。
そう言えば店の方が、お爺ちゃん、お婆ちゃんがよ〜買って行かはりました。と言っていた。
なるほど、手紙をたしなめるに消せるボールペンは良いかも。
ん、待て、宛名はイカンのだ。
住所の書き間違い、無駄にする年賀状が減りもしない。全く役に立たん。
が、マイナス10度前後に放置すると、消した筆跡が戻ることもあるそうだ。
何の役に立つか分からんが、チ〜ッとおもしろい。

House [ H ]:工事契約、ポロリ