タバコが品薄につき、増えるため息。

自転車通勤

昨日の話の続きのようになるけど、今日はタバコ(セブンスター)を買いに行った。

カートンあります?。。。いまこれだけ 。。。あら二つだけですか。。。ご存知の方も多いと思うが、タバコも品薄である。紙が無いだの、フィルターが無いだの、包装のビニールが無いだの。何が正しいんだか分んないのよぉ。。。とタバコ屋のおばさん。今は配給なの。外国タバコならあるんだけど。。。日本タバコは在庫のある銘柄から10箱ずつしか渡されないらしい。セブンスターはまだある方だそうだ。。。カートンないと寂しいね。。。そうなのよ。うちもカートンでないと商売にならないの。どうしようかしら。。。いつも買うこのお店は、カートンで買えばおまけにライターかお菓子が選べる。店に並んだ駄菓子を選ぶのが楽しみなのに、カートンで買えないからお菓子も手に入らない。何たること。はぁ〜。。。そんなコトを思ってはイカんと思いつつもやはり悲しい。

まだ、目的の品が手に入っただけでも幸せ。店のおばさんは話が止まらず、10分ほどの間に来たお客さんは皆同じ様なぐあいで、手に入れば、あ〜良かった。。。ごめんね。と会話が続くとため息をついている。どこも大変でだなぁ。

いつものように過ごす。

道端の春

今日は夕方に散髪。気まぐれに合間に行けるのは、気分転換に良い。髪の毛を切ってもらいながらの話題はやはり震災のコトにもなってしまう。影響はないですか?。。。いろいろありますよ。ベニヤ板が無かったり、給湯器がなかったり。工事が進まなくなります。そちらはどうですか?。。。髪染の液が向こうの工場だそうで、大手が買い占めて、ストックが無くなったら何時になるか分らないそうです。。。おんなじですね。。。

復興のために周りの人は、今までの事をいつも通り変わらずに日々を過ごす事が何より大事だと思うのだけど、どうもなかなかそうはならないらしい。テレビを見ていても、コマーシャルが自粛されてヘビーローテーションに辟易する。これでは景気も上がるまい。なんの解決にもならない。

このところはプレゼンや基本計画でデスクワークが多い。ここ2〜3日は雨降りも続いたけどようやく陽気で過ごしやすくなってきた。なのに、指をくわえて頭をかかえてモニターにばかり向かうこの頃です。

地震と津波の爪跡:衛星写真

Japan Before and After Tsunami - Interactive Feature - NYTimes.com

親父から教えてもらったニューヨークタイムズのサイト記事。こうして見せられると、あまりの生々しさにたじろいでしまいます。20ヶ所程の比較写真が載っています。

Satellite Photos – Japan Before and After Tsunami – Interactive Feature – NYTimes.com

その他

地震・津波・火事・原子力・・・過信

西宮・酒蔵通

時折拝読している建築事務所勤務の方のブログで、同じ様な思いを持ちながら今回の地震の経過を見られている記事を読んだ。津波に流される家屋を見ながら、設計者の職能を全否定された様な無力感。今の時分に一体何ができるのだろうか、と。災害の様子はますます広範囲に波及しているように見える。原子力発電所のニュースを見ながらも、それがどれ程の事態なのか分りづらくさらにもどかしい。同じ様な思いになられた設計の方はきっと多いに違いない。

今朝、プロ野球オープン戦が被災地の方からの応援で開催される事に決まったと車の中で聞き、悩む事は無く自分がすべき事をしっかりするしかないのだと悟された。現在工事に入っている物件、これから計画する物件それぞれに、間違いの無い様しっかり目を開いて見るしかないのだと思う。過信こそが災いとなる事を、今回の地震からもまた思い知らされた気がします。

IDEA FOR LIFE – Pray for Japan

建築家・坂茂さんが、東北地方太平洋沖地震の避難所で簡易間仕切りをつくる活動を開始されました。
現在、義援金を募集中です。少しでもご支援の思いが広がればと思います。
【ボランタリー建築機構 坂茂 東北地方太平洋沖地震 支援 募金のお願い】

災害・消息情報サービスサイト情報

総合災害情報

通信各社の伝言ページ

安否確認

救援支援サイト

 

東北地方太平洋沖地震による建材への影響

 IDEA FOR LIFE – Pray for Japan –

週が明けて現場に行くと、工務店の社長さんから「早めや早めに注文しておいて良かったですよ」と言われた。地震の影響で工場がストップしたメーカーも多数あり、いろいろな建材の出荷が危ぶまれている。この影響は早々すぐに立ち直るものではないだろう。

別な工務店さんから影響具合のお知らせを頂いた。各社の様子は間違うといけないので、取りあえず社名だけのリストを転記させていただきました。詳細については各自でご確認ください。

  • アイジー工業株式会社
  • 秋田プライウッド
  • 旭化成建材株式会社
  • 旭トステム外装株式会社
  • 旭ファイバーグラス株式会社
  • 株式会社イケダコーポレーション
  • 石巻合板工業株式会社
  • INAX
  • インターレックスジャパン
  • 永大産業
  • オーデリック株式会社
  • オート化学工業株式会社
  • 株式会社オーパス

  • ガテリウス株式会社
  • 株式会社キーテック
  • キーテック
  • クリナップ株式会社
  • 株式会社クワザワ
  • ケィミュー株式会社

  • サンウエーブ
  • 城東テクノ株式会社
  • 新秋木工業
  • 住友金属鉱山シポレックス
  • セイホク
  • 積水化学工業株式会社

  • ダイキン空調大阪株式会社
  • 大建工業株式会社
  • タカラスタンダート株式会社
  • タックホームケリエイト
  • 田村駒エンジニアリング株式会社
  • 株式会社チューオー
  • TOTO株式会社
  • トステム株式会社

  • ナスラック株式会社
  • 株式会社ナフィックス
  • ニチハ株式会社
  • 日本住環境株式会社
  • 日本デコラックス株式会社
  • 日本ノボパン
  • 株式会社ノーリツ
  • 株式会社ノダ

  • ハイテクウッド
  • 株式会社ハウステック
  • パナソニック
  • パラマウント
  • 株式会社北洲
  • ホクヨープライウッド

  • マグ・イノベーション株式会社
  • 松江エヌエル工業
  • マックス株式会社 西日本
  • 丸玉産業
  • 三菱電機住環境システム株式会社
  • みはし株式会社

  • ヤマハリビングテック株式会社

  • YKK AP株式会社

 

巨大地震「東北地方太平洋沖地震」

西宮の防波堤

一昨日、防波堤の事でエントリーを書いた。昨日、現場からの帰りにスタッフと液状化の話をしていた。始めネットを見ていたスタッフから大きな地震が起きたみたいですよ!と知らされ、しばらくしてヨメさんから大丈夫か?のメール。どんなになのかネットで見てもよく分からずいたが、自宅に帰ってからテレビを見て唖然とするしかなかった。本当に唖然とするしかない。

被害者の数がニュースを見る度にどんどん増えている。阪神大震災の時と同じような寒気を思い出す。

+

神戸・鉄砲水の事故

heavy rain

昨日の豪雨で、神戸・都賀川で遊んでいた保育児童らが流される事故がありました。
この事故を始めに聞いたのは、昨日の晩に友人からでした。正直、かなりぞっとしました。というのも、僕自身も教えてくれた友人もこの都賀川の川縁は、知り合いの工務店さんの事務所への行き帰りに良く利用しており、今現在もその工務店さんと仕事のやり取りしている最中なので、この鉄砲水に巻き込まれる可能性は十二分にあったからです。ほんの少しのタイミングの違いで、当事者になっていたかもしれない。
普段歩く都賀川の川縁はとても良く整備されており、ご近所のおじいさんおばあさんの井戸端であり、犬の定番散歩コースであり、カップルの憩いの場にもなり、川面が近く子供にとってはこの上ない遊び場でした。堤防を降りて川縁を歩けば自然に触れられ街の喧噪からすっかり離れられる。知る限り時間を問わず人が行き交う、人々の生活に馴染んだそんな場所です。
鉄砲水。知識や情報では分かっていても、その時その場に居て、そんな事を考えられただろうか?みるみる空が暗くなり雷が響き、川縁をもし歩いていたらえらい夕立になってもうた、ぐらいの気持ちですぐ降り止むだろうと橋桁のたもとで雨宿りをしていたに違いありません。都会に住んで、自然災害にどれだけ敏感になれるかと問われたら、とても自信はない。今回の鉄砲水は、たまたまの雨雲の動きと、上流でも都市化の進んだアスファルトとコンクリートの街が雨水を地面に吸い込めずほとんどが川に流れ込む、そんな条件が重なって起きたのだろうと報道では流れていました。考えたら分かるようなことでも、とっさの時にそこまで考えが及ぶはずもなかったと思います。
この事故を教訓に、新興住宅地やニュータウンなど都市化を促す街の開発は、自然との向き合い方をもっと良く考えて置く必要があると改めて知るきっかけになりました。
不幸に見舞われた方々に心よりご冥福を祈ります。

telegraph pole
同じ日の朝

悲しい記念品

prize ticket

今日は本当なら(間違いなく)瀬戸内海を友人と遊覧?しているハズだった。
しかも海上自衛隊の艦隊で、タイタニックよろしく甲板にしがみついていたハズだった。
だから本当なら(間違いなく)ココに載せている写真は、
普段なかなかお目にかかれない大砲のアップや、艦橋の勇壮な自衛官たちを載せているハズだった。
海原を走る艦隊を載せていたかも知れない。自慢していたハズ。
なのに、ヤフオクに売れ残ったかの様な当たりくじハガキはなんとしたことか。
友人の誘いで、たった1枚出してみた海上自衛隊の展示訓練に当選した強運もあっけない。
(友人は船酔いを心配して出さなかったのに、当選ハガキを見て僕より喜んでいた。。。)
台風の影響で早々に「中止」と告知されたのだ。
え、ちょっと待ってよ。ナニソレ?マニアの掲示板では大混乱。
今日は曇り空で海上の視界は4キロしか無いのだそうだ。だからナンダ。
いつもと何ら変わらない空を見上げて、
本当なら(間違いなく)2度とない(かもしれない)経験が出来ていたのに。。。と悔やむ。
悲しい記念品がひとつ増えただけだった。
そんクセ、ハガキを捨てられなかったりする。