タバコが品薄につき、増えるため息。

自転車通勤

昨日の話の続きのようになるけど、今日はタバコ(セブンスター)を買いに行った。

カートンあります?。。。いまこれだけ 。。。あら二つだけですか。。。ご存知の方も多いと思うが、タバコも品薄である。紙が無いだの、フィルターが無いだの、包装のビニールが無いだの。何が正しいんだか分んないのよぉ。。。とタバコ屋のおばさん。今は配給なの。外国タバコならあるんだけど。。。日本タバコは在庫のある銘柄から10箱ずつしか渡されないらしい。セブンスターはまだある方だそうだ。。。カートンないと寂しいね。。。そうなのよ。うちもカートンでないと商売にならないの。どうしようかしら。。。いつも買うこのお店は、カートンで買えばおまけにライターかお菓子が選べる。店に並んだ駄菓子を選ぶのが楽しみなのに、カートンで買えないからお菓子も手に入らない。何たること。はぁ〜。。。そんなコトを思ってはイカんと思いつつもやはり悲しい。

まだ、目的の品が手に入っただけでも幸せ。店のおばさんは話が止まらず、10分ほどの間に来たお客さんは皆同じ様なぐあいで、手に入れば、あ〜良かった。。。ごめんね。と会話が続くとため息をついている。どこも大変でだなぁ。

悩みの痕跡

なにやらタイトルは仰々しいが、引越ネタで今日も失礼する。
自分の机に組んでいたエレクターの棚を先日除けてみたら、ヤニまみれの壁が出現した。しかもエレクターの棚のワイヤー跡がはっきりと分るではないか!机の隅に置いたマックの ファンの気流が成した技であろうか。あまりに芸術的にあぶり出された壁画にちょっと感動してしまった。顧みれば結構恐ろしいコトとも言えるのだけど、エレクターを組んでからおそらく6〜7年は経っている筈だから、これはその間の「悩みの痕跡」と言える。
こんな事を書いていては「おかしな人」に思われそうだけど、現在ちょっとばかり「引越ハイ」になっているのでこの場限りでお許しください。

大当たり!SevenStars Zippo

SevenStars Zippo1935model

ただの嬉しがりと言われ様が、好きにさせて下さい。
ホント〜はもっと早く報告したかったのですが、セブンスタージッポ当たりました。2週間程前、郵便屋さんが小さな小包を手に印鑑下さい。と玄関先に。なんだろうと、差し出された包みにJTの文字が。もしや!浮き足立って、玄関先に普段の受取用に置いている印鑑がある事も頭からすっかり飛んで、奥に戻って仕事に使っている印鑑を出し始めた。いやいや待て待て。冷静そうに装ってシャチハタでいいんですよね。当たり前な事をウッカリ聞いてしまった。ちょっと恥ずかしい。
いや〜本当にこれはチョ〜嬉しいです。何しろ、11740 本分の煙草の賜物です??? これだけやって何もなければ、俺の運はもう尽きた、と思って束の応募用紙を郵便局の窓口に出していました。
今回の懸賞では2タイプあって、おおよそ半々で応募しました。もうひとつの方も当たってないかな〜と、しばらく郵便屋さんが来るのを日々待ちこがれていましたが、どうやら駄目そうです。残念。ひとつ当たってくれただけでも充分満足ですが、ついつい欲が出ます。
さてさてこのトーチにいつ灯をともそうかが、今の密かな楽しみ。

洞爺湖では温暖化対策でサミットが開かれていると言うのに、温暖化を促進するような話題で申し訳ないばかりですが、本日のところ七夕ということでお許し下さい。

SevenStars Zippo1935modelSevenStars Zippo1935modelSevenStars Zippo1935model

SevenStars Zippo1935model

11740

entry

ゴールデンウィーク初めのイベントは、締め切り間際の懸賞応募。
上の数字は、貼ったラベル分のタバコの本数。
ヨメさんにあきれられたが、以前の懸賞から次回に臨みせっせと残しておいた。
さてさてオリジナルジッポが手元にいつ届くか。
これで外れたら余程運が無いのだと、人生諦めるしかないかも。
束にした応募シートを封筒に入れて郵便局に持って行ったら390円掛かった。
ハンディタイプのヤマトのりも一本まるまる使った。
帰りにえべっさんにも頼み込んだ。後は待つのみ。
と、思っていたら、ネットで応募シートがオークションに出てる。
この枚数だと、2〜3万で売れていた。(コッチのほうが良かったんじゃない?)
こりゃ、簡単には当たらない。
いやいや、しばらくのお楽しみです。
ここ最近は環境問題がなんとなく気になってるのに、やってる事はまるで正反対。

SevenStars

世の中に未だ逆らって喫煙を続けているが、
大学を卒業する前後から、ずっとセッタ(セブンスター)。
かれこれ10数年になる。
たまに他の煙草に手も出したが、これに戻る。
密かに感じているけど、セブンスターかハイライトを吸ってる輩は、
他の煙草に変えようとしない偏屈者か頑固者。
親父はハイライトだし、本数を減らす様になっても変えない。
間違いない。
10日程前、たまたまコンビニで買い求めたら、
店員さんに、期間限定でライター付きのこんなのありますよって教えられ、
お、かっこいいぞ。迷わず買ってしまった。
どうやら数量限定らしく、すでに売り切れの店もある。
ネットで検索してみると、セッタファンは密かに盛り上がっている。
禁煙してた人が思わず、ってのもあった。
セブンスターと言う煙草は、1969年に発売されて、
以後一度もデザインが変わっていない。
その頑固さがまた良いのだ。
(それだけに喫煙警告が入った事は、この上ないショックだった。)
しかし、おおかた40年もデザインが変わらないってのは、
商品パッケージとしては、かなりスゴい事ではないか。
派手さもない、どちらか言えば地味。
しかし、このデザインがたまらなく好きな人は多い。
今回の黒パッケージも期間限定だからこそ許す人も多いはず。
人にそう思わせるものが、他には知らない。
いつか、そんなデザインをひとつ作れる事を夢見ています。

ノ〜スモ〜キング

No Smoking

日曜日にヨメさんとウロウロした後、モスバーガーでひと休みした。
その昔、モスは禁煙で無かった憶えがあるのだが、
いつの頃からか、ガラス張りの喫煙席なるものが出来ていた。
いまさらだけど、肩身の狭さがますます増してくる様な気がする。
喫煙席も大小イロイロあるけど、別の店では喫煙席でも食事ができるぐらいのスペースがあった。
が、この日入ったモスは、なんと寂しい事か、
山積みになった灰皿2つを向かい合わせに椅子が4脚置いてあるだけ。
フ〜〜、煙も吐かずにため息が出そうだ。
あまりの追いやられ様に涙がでる。狭すぎて煙たいからかも知れないが。
このところは、現場よりも事務所で図面や見積もりとにらめっこが多い。
一進一退しながら、ついついタバコに手が伸びてしまう。
帰ればヨメさんにケムリ臭い!と煙たがられ、無理な注文に業者から煙たがられ。
肩身の狭さがますます増してくる様な気がする。