ろうそく能「子狐丸」観賞

大槻能楽堂
大槻能楽堂

 先週、ヨメさんの計らいで大阪谷町にある大槻能楽堂開催の公演を観てきました。
「小鍛冶」と言う短い演目を、まず落語家と声優のセッションで紹介があり、その後に義太夫で演じられ、さらに能で演じられる、と言う3部構成の少し変わった趣向の公演でした。実は公演内容さえ席に着いてパンフを読んで初めて理解したのですが、老朽化した大槻能楽堂の改装工事前間近の公演でもあったようです。

 能の観劇は憶えている限り、大学時代に京都で薪能を観に行ったことがあるぐらい。その前は、、、小学校か中学校かでなんか観たぐらいで、狂言であったか能であったかもよく憶えていません。今回も、てっきり和装でインテリそうなオジサマオバサマに取り囲まれるのかと身構えていたつもりが思い気や、出演の声優さんが人気の方なのでしょうか? 若い女性客がむしろ多く面食らいました。

 とは言え、正直心地よく寝てしまうのでは?、ソワソワ付いて行きましたが、「小鍛冶」と言うお話はどちらか言えば短かく分かりよい飽きのこない人気作品のようです。気がつけば最後まで楽しんで観ていました。観劇前にパンフであらすじは頭に入れつつも、何を言ってるやら分からんところも多々ですが、それでも場面転換が多いこともあって気がつけばクライマックス。
 「小鍛冶」は元は長唄の一節のようですが、歌舞伎、能、浄瑠璃などイロイロな芸能で演じられるのだと知りました。人気の漫画が、アニメになったり、映画になったり、ミュージカルになったりするのと一緒なのか〜。微妙に配役の違うバリエーションがあったり。今になってようやく芸能とは、古今を問わずそういうものなのだと改めて納得してしまったところです。

 タイトルの「子狐丸」は「小鍛冶」の話にでてくる刀の名前。人気アニメのキャラクター名でもあり、出演の声優さんがまさにその声の主。こちらに付いて行ける勇気はありませぬが、イロイロ納得な一夜となりました。

ろうそく能
ろうそく能

久しぶりの舞踏観劇・大駱駝艦「パラダイス」

昨日、神戸文化ホールで麿赤兒さん率いる大駱駝艦の舞台「パラダイス」を、嫁さんの誘いで観てきました。舞踏やダンスをホールで観るのは、一体何年ぶりでしょうか。久しぶりに新鮮な気分でいます。

思い返せば大学時代に知り合った友人が芝居好きで、その友人の誘いから始まり大学時代は暗黒舞踏や現代演劇にいくらか興味を持つようになりました。その友人の舞台美術を手伝ったこともあります。怪しい演劇集団の公演情報を探し、怖いもの見たさな気分で誘われるまま、自ら足も運んでいました。
有名どころの「山海塾」は未体験ですが、「日本維新派」「大駱駝艦」「赤テント」「ダムタイプ」少し経って「パパタラフマラ」などなど。有名でもない小劇場に行くこともありました。
中でも強烈な印象に残るのは、舞踏家土方巽が京都の小さなギャラリーで行った舞踏イベント。手を伸ばせば触れそうな距離で、奥から現れたボロ布を被った土方氏がギャラリーの真ん中あたりの床に寝そべり、しばらくするとヒクヒクっと動きはじめる様子を間近に見ていたことです。正直踊りと言うのかなんなのか分からない。すし詰めの観客が一挙手一投足を息を潜めて観ている、なんとも言えない摩訶不思議な空間がそこにありました。

昨日の「パラダイス」を観に行った時、嫁さんの隣に座った30代くらいの女性が嫁さんに声を掛けて来ました。話を聞いているとテレビドラマに出ていた麿赤兒さんがしゃべらないのに醸し出す存在感がすごく気になりはじめ、最近から舞踏を観に行くようになったのだとか。
舞踏家の持つ独特の存在感。それを聞いて思い出したのは田中泯さん。いくつかドラマも観ていますが確かにある存在感。渋い恰好良さがたまりません。
時代に流されず、信念を持って表現を続けているからこそ持ちえる何か。
時代どころか日々右往左往している自分には、もはやほど遠い感じがします。周りの言葉に振り回されず、信念を持って仕事ができるまではまだまだ長い道のりです。

観劇の後、楽屋の麿赤兒さんを間近に見ました。白塗りに怪しげな衣裳を纏ったまま電子タバコを片手に、近しい方々と挨拶されています。お疲れでしょうが、順繰り懐かしそうな方々と楽しげな様子。ひと仕事終えた仁王様にも見えるのでした。

維新派「透視図」を観てきました。

クロワッサンサーカスの綱渡り

いきなりですが、写真は「維新派」の場面でありません。大阪を拠点とするパフォーマンス劇団「維新派」の公演を観に行ったところ、帰り際の会場外でやっていたサーカス団の一幕です。そんな事は知らず、なにやら周囲のどよめきにふっと気がつくとすぐ上を歩いてました。ビックリ。なにやってんの〜て感じで、盛り上がってました。

もちろん「維新派」の劇も面白かったです。いつもの通り野外に設置された仮設建築の舞台と客席、大掛かりな舞台装置、少ないセリフも心象的、音楽一体の独特な集団パフォーマンスが基本です。ストーリーは正直あるようなないような分かりづらい演劇?なので、ご存知ない方にどうにも説明の難しいところすが、我が家では毎年ごとの公演を都合あえば行くようにしています。今回は大阪中之島の川べりでの舞台設置です。
白塗りの団員の演じる姿に昔は泥臭くきな臭い感じがありましたが、洗練なのか時代の流れなのか団員の姿に変わりはないのに印象がモダンな感じに変わってきました。それが良いか悪いかは観る人の感度にもよりますが、個人的にはどことなく物足りなく寂しく感じていたところ、ところが今回は2時間あまりの公演の間に少しも飽きることのない、舞台上の移り変わりに心地よささえ感じました。動かない舞台と動く団員がひとつになった印象さえします。劇終盤には舞台一面にいつの間にか水が張られ、舞台が設置されている川辺から舞台奥に広がる安治川にそのまま繋がっているかの錯覚さえも起こしました。現実から幻想の世界に見事に連れ込まれた見事な演出に圧巻です。

たまたま気がつけば、随分見続けている「維新派」ですが、また来年が楽しみになりました。最後にまた「維新派」とは無関係の動画をお楽しみください。

新人H「ソケリッサ!!!」全知全能!

このところの忙殺状態から逃避して、ダンス公演を観に行きました。現場帰りに買った「ビッグイシュー」に挟んであったチラシに目が行き、そこにうさん臭そうなオジさん達が夜中の路地に立つ怪しげな写真はもとより、紹介文の路上生活体験者の肉体表現なる文面に、ついつい興味が湧いたからです。

新人H 舞台公演第三弾「ソケリッサ !!!」全知全能!」正直、分るような分らないようなタイトル。観た公演も分るような分らないような、何とも不思議な感じがしました。研ぎすまされた肉体が弾む様に飛び跳ねる、訳ではもちろんありません。公演最後の自己紹介の中では齢七〇と言うおじいさんが、まさに7人構成されたダンサーの一人です。思うがままに任せ、まとまりがあるようなないような一連の表現ですが、一生懸命に演じるオジさん達の姿がいつしか愛おしくも思え、少々感動いたしました。

少しばかり勇気をもらえた気がします。次回公演がちょっと楽しみ。

鉄人と握手!?

rising sun

先週木曜の晩、仕事から逃げて「鉄人28号」を観た。テレビや映画でなく、南果歩が金田正太郎扮する演劇です。ヨメさんの仕事関係から招待券を入手、監督がアニメ「甲殻機動隊」の押井守 (Wikipedia)とあって、実はウキウキと行って来た。(結構オタクだな。。。)

好き勝手な言い草だが、芝居自体を期待していた訳ではないので、期待してなかった分楽しめたかもしれない。ヨメさんの隣に座っていたご年配の方はよ〜分からんと漏らしていたようですが、よ〜分からない映画を作り続けて人気の監督作品としては、むしろ分かりやすいエンターテイメントだった。正直、やはりスクリーンで見せてもらった方がずっと楽しめたとは思うけど、舞台の真ん中に鎮座する膝つき7メートルの巨大な鉄人の姿は圧巻で、映像監督らしく美術はとても手が込んでいたと思います。しかも最後には動いた!

そんな訳で行く前にネットで下調べしていたら、押井監督はイベント事には結構顔を出しているとの情報。大阪公演の初日だし、もしかしたら本人に会えるかも。なんて淡い期待をしていたら、公演が終わってロビーに出たら本当に見つけてしまった。
意外に小柄で、風邪か花粉症か(顔を隠していた?か)マスクを掛けていたせいなのか、腰の低い感じで集まるファンに対応していた。そのままついつい、僕以上にそわそわするヨメさんと共に順に後ろに並んでしまう始末。が、押井監督の前に立って、何も言えず。。。

楽しんでいただけました?と気さくに聞かれたところに、鉄人がすばらしかったです。ヨメさんの宙に浮いた答えが唯一でした。それでも握手をしてもらたものだから、芝居の鉄人を観た事以上にアニメの鉄人と握手できた事で、この日の晩は至極ご満悦でした。 

そう言えば、小学生の頃に阪神百貨店のイベントで手塚治虫に握手してもらった事があります。最初の鉄人との握手はこちらかもしれません。手塚治虫も押井守監督もふくよかな手をしていた感触が残りました。

「よーし、ぼくはがんばるぞ」演劇のご案内

群青亜鉛のサイトへ

しばらく前に、ヨメさんの手伝いで演劇のチラシのデザインを手伝わせてもらいました。公演間近に迫って、今頃宣伝では遅いのですが、折角なのでご紹介。

数年前から年1回程の公演のチラシをやチケットの手伝いを続けています。社会派と言うべきなのでしょうか。昔の事件と現代の世相が混沌とから見合う様な、そんな印象のお芝居です。幾度か公演を拝見していますが、その度に何か考えさせられるものがあります。

今回の公演は11月7日から、ご興味ある方は是非ご覧になって見て下さい。

追記:20081110

先にチラシの制作をお手伝いさせていただいたお芝居 焚火の事務所  公演「よーし、ぼくはがんばるぞ」を先週末に観てきました。

小学校近くになるマンションの一室に住む、すこし複雑な家庭事情を背景に既に両親を亡くした成人姉弟たちの物語。家族の関係や兄妹の関係に微妙な軋みをそれぞれが感じながら、生きる事にもそれぞれが苦悩を背負っています。ちょっとした事でもイザコザ。少々暗い家族(姉弟)の様子を描きながら話は一体どうなるのかと思いきや、思い詰めた弟の取った行動が、近隣周辺を巻き込む思わぬ事件に展開していきます。やってしまったその事で、姉弟たちは自分たち家族の絆を見直さざるを得なくなって行くというお話でした。

暗い雰囲気に見始めてどうなって行くのだろうかと、正直不安になりそう感じでしたが、話が進むにつれ予想の出来ない事件が起こり、盛りあがりと言うよりもなだらかな緊張感に包まれて行きました。むずかしいテーマだと思うのですが、もしかすると自分の身にも起こるかもしれない、と感じさせ考えさせられました。

再演を見つけられたら、是非ご覧下さい。

ノスタルジア:維新派

happa

昨晩は一年振りの劇団維新派の公演を観に行った。
映像を駆使しながら、高さ奥行きに限度のある劇場にそれ以上の奥行きと広がりを感じさせる。
意識的なのか、どことなく全体にテクニカルな演出になってしまった感じがしたが、
それは劇場と言う器の中で見たせいだろうか。
やっぱり、維新派は星空の下で見る方がいい。
野外にいる事を忘れさせてくれる、圧倒感は維新派にしかないのだから、
来年はまた野外でやって欲しいものだ。
三部作の第1作目の様だから、次回に期待。

House [ I ]:上棟式

ヒトマワリ

日曜日は大阪を中心に活躍する劇団・維新派の公演を観に行きました。
ほぼ年1回の公演を観始めて、10年以上続く我が家の恒例行事になっています。
年々有名になり、海外からオファーもかかる程、大阪発国際的な劇団のひとつです。
なので年によっては大阪での公演がなく、飛んでしまう事もありましたが、
ヒトマワリ以上追いかけて?いると、その変遷が分かり、違った楽しみもあります。
繰り広げられる独特の舞台はお芝居という趣ではなく、音楽と言葉の重奏といった感じ。
大阪風民族音楽劇とでも言えば良いのでしょうか。
野外での公演を積極的に行い、劇場では観る事の無いスケール感が特徴の劇団ですが、
今回は梅田芸術劇場での公演でした。
劇場の舞台スケールを意識したのか、今回はどことなくシンプルな構成。
いつもの大迫力に欠けたのが、ちょっと残念な気も。と思っていたのでしたが。。。
公演の最後に演出家松本雄吉氏のアフタートークのオマケがあり、
いつものボケツッコミがない、なんでや?的な客席からの感想を聞きながら、
自分自身も含めて、吉本的予定調和を楽しみにくる人は多いのだな。
ここはやっぱり大阪かもしれん。と感じるのです。
それはそれとしても、ヒトマワリを越えて皆の期待を背負い、愛され、
頭かきながら、頑張ります!と頭さげるエエ歳の演出家に拍手を誰も惜しみません。
そこには駆け引きのない清々しささえ感じました。

国際的:維新派

昨夜、大阪南港に芝居を見に行く。
大阪の劇団・維新派の「キートン」と言う作品。
遡れば大学の時分から知っている劇団ですが、
いつの頃からか、一年一度の公演を恒例行事にして観に行っています。
思いも寄らぬ大掛かりな舞台装置を作り、野外で公演するのが特徴な劇団です。
一言で内容を説明するのは難しく、
大阪弁のミュージカル?といっても劇団四季のようなそれでは無く、
リズムに乗って単語を羅列し、その重なりが時には空間を飲み込む様な迫力をつくります。
今では、海外の演劇祭に招待もされています。
一度はオススメの劇団。でも次は来年。

事務所に帰って来て、メールを開くと、
何やら外人さんからメール。しかも、student fr. the Netherlandsと表題にある。
恐る恐る開くと、外人の男性の写真がおもむろに現れた。
やばっ。。。
と思いつつも好奇心に駆られ、添付のワード書類を開く。
ディア、シンイチ ダレソレ(もちろん英語)
語学力が無いから、翻訳サイトをたよりに解読。
う〜ん。オランダの建築学生が日本の建築家に宛てたオープンデスクの希望であった。
間違えんとってよ〜。どないしまんねん、コレ。

インターネットって恐ろしい。う〜ん国際的。でも大阪弁。