材木も魚と同じ?なのだろうか。

 今日は材木屋さんの営業が来られた。これまでいくつかの物件でお世話になった方。ただいつもと違ったのは、頂いた名刺に書かれた会社名。
 あれ元にいらっしゃった会社は?
 実は倒産してしまいました。
 エ!本当に?
 驚きを隠せない。幾人かの営業さんがいた家族的で小規模な会社だが、こだわり商品を揃え、どの方が営業に来ても手作り感あふれるカタログやチラシでいつも紹介をされていたのが印象的。社長が全国を巡って見つけた良質な材をその土地の製材業者さんとタッグを組み、産地直送的に現場に届けてくれる良心的な会社でした。営業さんは時間を惜しまず納品した物件の後日談などもよくされたり、売りっぱなしの商社的な印象がありません。
 ですから、普段から出来れば使いたいと思う会社のひとつだったのです。

 近頃は材木の値段が逆転しています。以前は安いと思っていた外国産の木材が伐採の規制や運搬費用の嵩みで値上がり、対する国産の杉・桧の値段が下がってきています。以前のイメージと違い、桧材で建てる家が必ずしも贅沢とは言えなくなっているのです。
 今回は金額が厳しいからナニナニでいいよ。と現場で言っていたのが、それならスギヒノキにしてもらえませんか?と返されるのです。

 折角こだわりの家を建てるのだから、ちょっと高くてもドコソコのナニナニフローリングを使おう。と言っていたところが、今はヒノキのフローリングが手頃に使えるとなれば、そりゃあヒノキで充分だわ。と思うのがフツーな施主さんや設計者の心情ではないでしょうか?
 そうすると、こだわり地方材もその煽りを食らったに違いありません。

 例えは変ですが、アジ・イワシ・サンマ。庶民の味方とばかり思っていた魚(外国産の材木)が、気がつけば高級魚になっていた。漁獲量と魚の値段の関係にちょっと似ているような気がしました。

 今日来られた営業さんは、先の会社の材木の販売を引き継がれて、その案内に来られました。やはり手作り感あるカタログを携えてです。
 まだ倒産や引き継ぎのことを知らない設計者も多いようでした。
 一般の人が地方材に興味を持ってもらうにはこんな営業アイテムを揃えたらどうですか。とか。こんな案内を用意してもらったら、周辺の人には伝えやすいです。とか、お節介な事をついつい提案してしまうのでした。

人と木 〜 坂口製材所「吉野サロン」を訪ねて

IMG_1702

昨日は、桜ではなく杉?を見に行きました。とても活動的な製材所があるから見に来てください。設計仲間からのお誘いを受けて、日帰りハイキング気分で奈良県吉野まで。お天気も良く久しぶりに行楽気分を味わってきました。

伺った先は、吉野で天然乾燥の杉材を中心に取り扱かう坂口製材所さんが、敷地内で地域にも開放している「吉野サロン」と、隣接するモデルハウス「吉野STYLE」です。それぞれに違った印象を持ちながらも、木の家の良さをとても心地よく表現された住まいになっています。坂口さんは、此処を基点に大阪方面や名古屋方面の建築家さんや工務店さんとネットワークを活発に組み、少しでも広く吉野の材の良さを知ってもらい、もっと身近に使ってもらいたい、と地元製材業にとどまらず、販促事業にも率先した活動をされています。3時間近く話にお付き合い頂きましたが、「木は余すところなくすべてを使い切る事ができる。でなければ木に申し訳ない」その熱い思いが視線からヒシヒシ伝わるといった印象でした。

自分自身は、木造の物件が増えて来たこともあって、徐々に「木」そのものに興味を持ち出したところぐらいです。特に始めの頃はデザインアイテムとしての「木」でしかありあません。色味のイメージだけで選んでいたと言っても過言でありません。正直なところ、今でさえ製材され仕上がった木を見て材種を答えられるのはわずかでしょう。(ヘタすれば0点かも。。。)それでも、現場に塗装の予定で据えられた材が時には美しく、時には迫力があり、色を塗る事に躊躇する事はしばしばありました。たまたまな機会で少し木の事を勉強しはじめ、もっと思慮深くなければ、坂口さん風に「木に失礼」になると、ようやく分からないなり悩むようになったところです。

吉野の清々し空気に触れ、ちょっとした癒しのひととき(人と木)を過ごし、近頃は出不精になっていた自分への良い活性剤にもなりました。

阪口製材所 | 吉野サロン・吉野STYLE

* * *

話は逸れますが、先日の地震には驚かされました。18年経った阪神大震災を思い起こす揺れに、布団の中で暗闇に眼を見開き、さすが身が縮まった思いがしました。その日の夜と翌日の夜、震源に近い洲本市でお世話になった施主さんや工務店さんに、安否の連絡を取り、みなさんが怪我無く無事でまずはひと安心ししたところです。
そして、今回の地震は知られていなかった断層が原因とのニュース。地震に対する備えは設計のなかでも、ますます必然になってきたと感じてしまいます。

思い込み〈木の知識〉

思い込みとは恐ろしく罪なこともあります。本日アマゾンから届いた本をパラパラとめくりながら、あ〜ナンテコッタ。と思うのは僕だけではきっとないハズ。(そう思いたい)

そこには例えば、年輪は南側ほど広い、、、のはウソ。と書いてある。そんな書き方ではありませんが、え、何それ?。山や森で方向を見失った時は切り株を見れば分かると、基本中の基本のようなこのサバイバルの基礎知識を誰に教えてもらったかは定かでないけど、きっとそう習ったハズ。(そう思いたい)
もしそれ(年輪は方向と関係ない)が本当なら、 昔の大工さんは木の生育を見極めて、柱を南には南向きの面を、北には北向きの面を向けて使っていた。といった話は、実はどこまで信憑性があるのだろうと疑ってしまいそうになる。製材されて四角くなってしまった柱を、カンナを掛けてゴロゴロ(でないけど)引き回した木材の年輪以外に何を見ればよいのだろう? 節の様子? 枝の生育も東西南北は関係ない。と書いてある。う〜手触り? いやいやまさか。伐採から製材まで生育方向を管理するなんて、今だろうが、昔だろうがちょっと現実的な気がしない。でもやっぱり昔の大工さんはスゴイと思いたい気持ちも半ば、いったいそうした話はどこから湧き出るのだろう?

思い込みとは少し違うけど、木は生きてるとか呼吸してるとか。これもウソな訳で、木材は科学的、生物的には死んでいる。ケンシロウが言う間も無く、立っている最中からそのほとんどは死んでいるのだ(そうだ)。科学的根拠はともかく、誤解を生むような言葉を自分自身も発している。プロとしてこれはどうか?直接に材木を売る商売をしてる訳ではないが、エンドユーザーに対して噓も方便で済ませられるだろうか?なんだかな、と思い始める。

木材の話だけに限らず、いっぱいいろんなところで、思い込みの知ったかぶりを撒き散らしている気がしてならない。罪をコレ以上積み重ね無いようにするには、盲目的にならずただただ勉強するしかなさそうだ。という前に、まだ読み始め。。。!?

プロでも意外に知らない〈木の知識〉– amazon

山崎材木センター/服部商店勉強会

lumber company

先週木曜日に工務店さんと兵庫県宍粟市の山崎木材センターへ赴きました。兵庫県産の木材を使って住宅の建築を進めたい工務店さんの考えで、まずは手始めの視察に同行しました。普段現場に加工された材木を見たり、材木店の加工場で大工さんが刻む側で、廻りにうずたかく積まれた木材は見ますが、その川上でどんな風に木材が流通しているのか。興味津々でついて行った次第。ここ山崎木材センターは林産業者から材木を引き取り、一次加工をして下の小売り材木店に卸す言わば拠点のひとつになります。

広大な倉庫のアチラコチラに杉や桧が積まれています。その中で目についたのが、背割りのある柱材とない柱材。背割りは木材が乾燥する時に自然に割れてしまうと割れ方をコントロール出来ないため、あらかじめ割っておくものですが、背割りがない材料もあります。
これは低温の人工乾燥による材料だそうで、高温での人工乾燥材は背割りを入れるのだそう。表面だけを一見すると背割りのない低温の方が良さそうにも見えますが、よくよく見ると芯の方へ割れ目が走っています。言ってみれば背骨にヒビが入ってしまったような気もします。どちらが良いかは判断しずらいですが、背割りがあっても芯が奇麗に残っている方が良さそうな気もします。

lumber companylumber companylumber company

土曜日の午前中には材木商・服部商店さんの勉強会に参加し、アメリカ広葉樹製材品の解説や、スプルース材を例に最良の使い方や発注の仕方を説明頂きました。

日本とアメリカの製材方法の違い、流通される日本向けサイズの事。など、何気に図面に描いていた寸法のずっと先には、そうした流通の様子を踏まえているかいないかで、建築費に関わることさえあるのだと気づかされます。

材木についてはまるっきり素人。木材の世界では当たり前の事さえ知らずにいます。材木センターや服部商店さんなど、机に向かってばかりでなくいろいろ歩き見て勉強するしかなさそうです。

製材所(大阪住之江)

lumber mill

以前の物件でお付き合いした建具屋さんの計らいで、今日午前中は大阪の製材所で原木を切り出す作業を見学させてもらいました。もともと材木屋の息子だったことから原木から買い付けをしている、ちょっと珍しい建具屋さんです。
この建具屋さんが買って一年ほど寝かせていた米松の原木は、直径が85〜90センチ。切り出し前、貝を掻き落すのにゴロンと転がった様子は引き揚げたクジラの様。質の良い木材には貝も良く付くそうです。今回は建具用では無いとのことですが、巾の広い板材を取るからちょっとは見応えもあるよ、とお誘いを頂きました。
製材の様子を見るのは始めてです。普段、現場や工場で見慣れている加工が済んでしまった材木とは、まるで違って生きている感じがします。大きなベルト状の製材ノコで切り出されると、巾一杯に木目が浮き出て更に迫力。木材問屋が売り残してしまったこの原木を、建具屋さんは安値で引き取ったらしいのですが、スタイルが良く木肌も上々で、ソツ無く製材が済み喜んでいました。
そして海には、どこかの業者さんの買い付けが済んで、いずれ切り出される丸太が一面に浮かんでいます。と書きたい所なのですが、なんだか少し寂しい様子。実はもっと壮観な様子が見られるのだろうと期待していました。今日訪れたこの製材所のある木材市場は、どちらか言えば一品ものを買い付けに来るような、どちらか言えば上物を置いている市場だそうですが、この数年需要は激減し、こうした切り出しが毎日行われている訳ではないのだそう。
木造の住宅が見直されていると言われる最近の状況と、現場は少し様子が違って見えてきました。同じ木材でも、構造に使われるような柱や梁は価格の安い地方に流れ、アメリカや中国で製材の済んだ材木を置いてあるだけの問屋さんも多くなり、この大阪の木材市場は危機的な状況にあるのだそうです。今日、製材をしていただいた切り出しをした工場に専門の職人さんは一人、後に続く若い人も育たず、木造住宅が更に需要ができたとしても対応が追いつかず、先に希望の見えないこの業界はどうする事も出来ないのだろうと建具屋さんは言っていました。
建築に携わりながら、そんな状況を把握出来ていない自分が少し恥ずかしい気がします。製材を見学した後、周辺の市場を廻りながら建具屋さんに教えてもらったそうした話は、この後どうなるのか。人事ではなく真剣に考えないといけないように思います。

lumber milllumber milllumber milllumber milllumber mill

lumber mill