映画「モンテッソーリ 子どもの家」

 機会があれば、こども園・保育所や幼稚園などの児童施設の設計に関わりたいと思っているものの、実のところ幼児教育についてほとんど無知に近い。どことなく聞き及んだことがあったのは、シュタイナー教育と言った単語ぐらいだろうか。それさえも、教育内容についてなんとなく勝手な想像をしているだけ。
 保育所計画に実際関わって知ることになった単語には、モンテッソーリ教育、レッジョエミリアなどがある。それぞれの違いを答えるにはまだかじり読みだけで理解が乏しく、もう少しぐらい答えられるようにしておきたい。

 そんなところで、先日公開された「モンテッソーリ 子どもの家」を観てきました。
 大口を叩けば、保育・幼児教育に限らず、小・中・高・大、教育に関わる方はもれなく観ておいて損は無いに違いない。が、観終わった直後の感想です。
 というのも、大学の非常勤講師をさせていただいた経験もあるのですが、その時分に学生とどう接していたか、映画の中の先生と比べてしまうのです。もちろん、6歳に満たないコドモと接するのと、20歳前後のオトナ?に接するのでは違って当たり前と言えますが、根本は同じはず。もう少し、こんなふうにしていた方が良かったんじゃなかったかな〜、思わず回想してしまうのです。

 映画の中で現れるキーワードに、自発性や集中があります。ある事物に興味を持つことで遊び「仕事」に集中力が高まる瞬間があります。自分自身の成長のためであり、且つ無意識なものです。簡単に言ってしまえば、夢中になっている訳です。達成できたり、興味が薄れるまでそれは続けられるものです。
 夢中になることは、幾つであっても大事なことです。今、自身の仕事においても同じ。学生時分に何かに打込む時も同じ。講師時分なら、教えている学生が夢中になれば、放っておいても良い仕事をしてくるものです。
 どうやって、夢中になれるか、夢中にさせるか。もちろん自発的に。

 映画に映し出される小さな子どもの教育現場を、ええ歳になってしまった自分の成長を促すネタにするのは、いささか恥ずかしささえもありますが、知識のために観にきたつもりが、観終わると、自分のために観ておいて良かった。とさえ思える素晴らしいドキュメンタリー映画です。見始めは子どもたちのかわいさに惹かれますが、観終わるころには自分自身を振り返ることでしょう。羨ましささえ感じます。
 監督さんは、自分の娘の成長を考え始めたなかでモンテッソーリ教育を知り、2年半の取材を重ねた上にモンテッソーリの教師資格も取られたそうです。子どもに寄り添った膨大な撮影時間を、短時間で垣間観られる贅沢な映画です。

 この映画、題材も題材なのでメジャー館ではやはり伸びなやみでしょうか。嫁さん二人の貸し切りで観させていただきました。お陰で映画途中に気兼ねせず会話も多少できて良かったですが、もっと多くの人に観てもらいたいと思います。
 観賞後に買ったパンフレットには、保育師の先生のインタビュー、監督のインタビュー、など解説がとても良く、映画そのものだけでなくモンテッソーリ教育の入門ガイドとしても読む価値ありでした。

映画「ホモ・サピエンスの涙」

 ロイ・アンダーソン監督(スウェーデン)の新作。分かってはいたけど、なんや不思議な映画でした。

 少し前、この監督の前作「さよなら、人類」と言うのを、Amazonの無料配信にみつけ見入っててしまった。セリフは少なく、カメラもほぼ固定。計算されつくした画面の中で、人々の悲喜劇を切り取って映し出します。ショートストーリーの繋ぎ合わせで知的なコントとも思えるような可笑しさがあり、なにがあるわけでもないのに笑いがこぼれてしまう。
 新作公開を見付け、これは大きな画面で観てみたいね。とヨメさんと行ってきました。

 パンフレットの製作記事を読むと、ロケはほぼ無くほとんどがスタジオ撮影。遠景に見えるのは製作された模型であったり、巨大な背景画のようだ。3Dはほとんど使わずアナログな製作にこだわってるとのことだが、映像で見ると虚像とも実像とも判断のつかない不思議な遠近感に惑わされる。目を凝らしてもつくり物に見えない。リアルとシュールの境界のような絵画のなかで、人物が演じている風に見えるのです。

 ネットに「神の目」と評したコメントがありました。監督の目から見た人々の可笑しな行動を、愛おしくもどこか覚めた目で丁寧に観察し、ひとつひとつ拾い上げて箱庭の物語にしてみた。そんな感じがします。

 ここまでの説明でお察しの通り、好き嫌いありそうな映画。しくじらなくても?気持ちよく寝てしまえそうな映画です。観客は20人いたかどうか。三席向こうに座っていた男性は映画が終わっても気付かず、そのまま気持ちよく寝つづけていました。映画館の方に起こされる様子が、まるで映画の続きを観ているかのようでした。

映画「ムヒカ」

https://jose-mujica.com

 おおむね5ヶ月ぶり随分久しぶりの記事アップです。はじめはどことなく自粛っぽくなっていたのですが、有難いことに慌ただしい日が続き、記事を書こうがなかなか実行に移せず、どことなくそのまま書きそびれていました。観に行った映画だけでも、最近ではジブリアニメがリバイバルされ、何十年ぶり「ナウシカ」を劇場で観て改めて感動し、つづけて「ゲド戦記」まで観て宮崎吾郎監督にエールを送りたい気持ちは、ヨメさんとの共有にだけ終わっておりました。

 で今回、映画「ムヒカ〜世界でいちばん貧しい大統領から日本の人へ〜」です。たまたまTVで紹介されているのを見つけ興味を持ったのがきっかけですが、実は全く分かっていなかった、気に留めていなかった自分が恥ずかしくなる映画でした。南米の小国ウルグアイの第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏を追ったドキュメンタリー映画です。2016年には来日し、講演もされている。見覚えがあるような気もしつつも、まったく記憶から抜けていることに少し後悔さえ感じました。

 若い日本人監督は、たまたまTV番組の企画でムヒカ氏をインタビューにウルグアイまで行ったことがきっかけに、彼をもっと知りたい、彼の言葉を伝えたいと思うようになり、この映画を作ったと言います。確かに波乱に満ちた人生を歩んできたムヒカ氏の言葉は、とても分かりやすく、とても哲学的。2012年リオ会議(国連持続可能な開発会議)でのスピーチは世界で絶賛され、日本では絵本にもなり出版されています。それも知らなかった。気に留めていなかった。なんともったいないことか。

 彼の哲学、生き方は決してマネできるものではありませんが、その言葉を聞くと、無頓着になっている身近な環境、流される普段の生活に立ち止まるきっかけをもらえるような気がしました。