半澤鶴子の ” 一期一会の茶事行脚 ” 講座

なんてアクティブなお婆さんなんだろう!と思ったのが、昨年NHKのEテレ特集「女ひとり旅 70歳の茶事行脚」に取り上げられていた半澤鶴子さん。たまたまテレビをつけたらやっていた方にお婆さんなんて失礼を書いてしまいましたが、白いワンボックスに乗り込みひとり全国を茶事行脚をする半澤さんは、ある時は少女のようにはしゃぎ野宿も厭わず、ある時は凛とした眼差しで客人をもてなす女主人。自然体にも見えるその立ち居振る舞いについつい、そのまま見入っておりました。
と書きながらそのまま忘れていたのですが、正月に実家でおせちを食べていた時にテレビに流れる再放送をたまたま見つけ、これまたそのまま見入ってしまった次第。ついつい気になってネットで見つけたNHKの文化講座に、今日足を運びました。

日本のお茶文化は建築の世界にもいろいろ関わり深い訳で、それなり興味は持っていたものの、ちゃんと勉強した訳でありません。高校大学に茶道部はあったは知っていますが作法とやら何やら、敷居の高さを勝手に感じておりました。ところが、テレビに映される形に囚われない半澤さんの茶会には恥をかきつつも一度参加してみたい気持ちになります。
たくさん恥をかかなければ、成長もなければ出会いもない。恥をも飲み込むお茶の世界が好きでたまらず、ただ没頭する。今日の半澤さんの話に、器の小ささを感じるばかり。

茶事の世界も、一期一会の客の目に触れるのは氷山の一角。下に隠れる大きな積み重ねが厳しく険しい。技術もさる事ながら、準備や段取り、気遣い気づきに至るまで。作法に隠れる本来の意味を知る事こそが茶事であり、それを愉しむ事こそが一番大事。
嗚呼、なにやら仕事に通じてきます。
自分のもてなしで、一瞬の出会いを人に喜んでもらえることが生きがいなのです。

何気に始まり1時間半、一期一会を大事に絶え間無く話をしていただいた半澤鶴子さんは、アクティブで素敵な女性でした。

半吉ってなんぞな? おみくじの謎

Photo

10日えびすの鯛みくじで、ご沙汰が出ました。「 半吉 」

あ〜半吉か〜。せいぜいおとなしくしとき、と神さんに言われているようです。まぁしゃ〜ない。とその時は何となく思いましたが、後々考えてみると、半吉?って何? 普通は中吉か小吉でないのかしら? 丁稚どんの名前みたいな半吉って、どういう事?
頭に浮かぶおみくじと言えば、「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・大凶」ってところ。半吉ってのは聞いたことが無かった。吉が100%吉とすれば、中吉が75%吉、小吉が50%吉、吉が25%吉、で大吉は125%吉? なら半吉は中吉と小吉の間か、小吉と末吉の間っぽい。末吉の下ってことは無いだろう。
とすると、凶は? 吉でも凶でも無かったら? だんだん謎になって来た。

ネットで調べてみたら、実はさらに細かなおみくじもあると知った。吉でも凶でもない「平」というのもちゃんとある。大吉のさらに上の「大大吉」まで!
面白い。正しいか正しくないかは別として、順に並べてみるとこんな感じ。
「 大大吉・大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶・大大凶 」上から下まで15段階もあった。こんなにあったらマジメな神主さんだと、おみくじ考えるのもエラいことになりそうだ。

なにはともあれ、半吉は50%吉なのだ。ちょっと安心した。
今年一年も無事に過ごせますように。

曽爾の獅子舞とススキの高原

IMG_4001

IMG_4072

夏の終わりから何がと言うわけでなくせわしなく、スッカリ篭りっぱなしの毎日でした。ようやくこの日曜日は、久しぶりに行楽を楽しみました。予定外のハプニングもあり、満足度120%です。二日経った今も脚が痛いです。

高原一杯に青々としたススキのたなびく様子がテレビに映し出されたのは、その夏の終わりの事でした。曽爾高原と紹介されていました。行ってみたいな~と思うその時は時間が取れず、悔し紛れに時折ネットで調べていたところ、高原のある曽爾村の獅子舞が奈良の伝統芸能として紹介されているのを見つけました。その秋の催しが良いタイミング、夫婦共々併せて行ったわけです。

続きを読む

酒屋さんのおじいさんとおばあさんの文字

明日、大阪で工事が始まる物件の地鎮祭があるので、いつも行く近所の酒屋さん(西宮市庭町・田口屋商店)に地鎮祭に祀るお酒を散髪帰りに買いに行きました。

以前にブログの中で書いたことがあるのだけど、この酒屋さんの去年に亡くなられたおじいさんの書く勢いのある凛々しい文字がとても好きでした。もう10年来そのまま通っていますが、今はおばあさんが書いてくれます。けっして人通りが多くは無いこの小さな酒屋さんは、日本酒もほとんど売れないからと少ししか置いていません。時折、付き合いの酒造元が置いていく季節のものに出会えばラッキーな感じです。お酒の種類は期待できないけど、ついつい寄ってみたくなる素朴さのある酒屋さんなのです。

今日店に入ると。なんと!カウンターに立つが早いか、おばあさんが「奉献・庄司洋建築設計事務所」と既に書かれたのし紙をスッと出してきました。え?なんであるんですか?もちろん予約をしてた訳でもなんでもなく、いつもの調子で入っただけなのに。。。すると少し申し訳なさそうに、「奉献」って言われるのが少ないのと、アンタのとこ字数が多いから、練習しとってん。
… 書き直そうか。。。?目の前で書くんは、緊張するんやけどな〜。
… いや〜それで、充分です。なんだか、うれしいな〜
今日は1分と待つ事無く、念入りのし紙が揃いました。
… おじいさんと一緒に練習しとったんやけど、字は生まれつきのもんかもしれんね。いっこも追いつかれへん。ほんまあの人は字を書くのが好きやったわ。

素敵な話に明日の地鎮祭が、既に始まっているような気がします。写真はおばあさんの文字。おじいさんの文字を写真に撮っておきたかったな。

岸和田だんじり祭り

Danjiri Festival

初めて、岸和田だんじり祭りに行ってきました。先日の服部商店さんの近くの食堂に貼ってあったポスターを見つけての思いつきです。

ホームページで見つけた案内マップを片手に岸和田の街道をウロウロしていると、遠くから声が近づいて来たかと思えば、アレヨアレヨと曵き手の列が連なりはじめ、しばらくするとお囃子賑やかに地車がやってきます。うねった道沿いの見せ場を近くで堪能しようと思っても「コラっ!そこは危ないで、アッチ行かんか!」てな調子で、押し避けられ。

地車もさることながら、街一帯が祭りに染まった風景もまた面白いです。地元の人が道端のあちらこちらで談笑する様子。ハッピを着せた子供をチャリンコで送り迎えするお母さんたちの様子。一体感のある街の様子に少しうらやましささえ感じます。

名物の「くるみ餅」も美味。ひさしぶりに休日気分に浸れました。

関連サイト

各町のハッピ柄がたくさんあって楽しみます。

続きを読む

世界遺産のシンポジウム

fence

先週末は、友人の出版記念のシンポジウムに行って来ました。
「世界遺産と地域振興」世界思想社刊:出版記念シンポジウム
およそ2時間半、中国雲南省麗江が世界遺産都市となった過去現在をフィールドワークした報告と、その変遷を考察しながら未来に向けてどうあるべきかを考えよう。と言った感じです。前半は、麗江の風土やそこに住むナシ族が中国の中でどのような位置にあるのか、世界遺産観光都市となった事で住まいや街の様子、都市の有り様がどのような変化を成し遂げたのか。後半は服飾を中心に、同じく文化にどのような影響が及んだのか。実際に日本に留学中のナシ族の女性がパネラーとして参加され、充実した内容を聞かせてもらえました。
元々旅行好きで今は大学の先生もしているその友人に、「また中国だよ〜」と聞かされる度、「先生は大変だね」と返しながら「ええな〜」と思っていた訳ですが、今回のシンポジウムで「ええ仕事しとるな」とちょっと感心です。表面的なレポートでは無く、幾度も赴き、現地の人と深く交流が無ければなかなか分からない話を聞かせてもらえました。
本来あるべき世界遺産の意味、ユネスコの意図、観光の目玉と捉える行政の方針、利益を求める外部の侵入、そして実際にそこに住む人々の受取方。色々な思惑が決して直線には並ばず、錯綜し、本来あるべき姿を見失う。軌道修正をどうすべきかの提言まであった訳ではありませんが、そうした麗江の状況を伝え、日本においても世界遺産となった地域に一考を促したい。執筆者たちのそんな気持ちが良く伝わってきます。
しかしなぜかその意図に反して、パネラーのナシ族の女性は麗江の現状を決してマイナスに捉えてはおらず、その状況さえも取り込んでしまう逞しさを持っているのがナシ族だと、外から見るのとは全く違う現地の人々の気持ちを伝えてくれたのが、また面白くもあり、難しさのような気もします。

ここまでエラそうな事を書きながら、実は友人のその本を最後まで読めていません。はよ読も。
テレビで放送される「世界遺産」を今までぼ〜っと眺めていましたが、角度を変えて観させてくれる良いきっかけになりました。
ところで、友人の本はコチラです。「世界遺産と地域振興

えべっさん

昨日、今日、明日はご近所が一年で一番賑やかな日です。
西宮戎神社の「えべっさん」に行ってきました。

昼は境内には入らず、周辺の屋台をウロウロと散策。
一番の目当ては、赤鳥居前の鳥ステーキ屋さん。の筈が見当たらない。
去年は鳥インフルエンザで、鳥肉が牛肉になり皆から不満がでていましたが、
今年はそれどころか、屋台もろとも無くなっている。
この三日間なら三食食べてもイイ。それだけ、鳥ステーキが美味でした。
その幻の味を知る友人たちは口を揃えて、
えええ、ナンデ〜。そのために来たのに〜。
う〜ん。来年は再開されるのだろうか。淡い期待を抱くばかりです。

夜には、人ごみ溢れる中を参拝に行ってきました。
お祭りや花火大会の人ごみで事故が多発した世相を受けてか、
今年は、混雑を避けるための入場規制や通行規制が随分徹底していました。
コレはおしくらまんじゅう?右にも左にも動けない昔の様子を知る一人としては、
それはそれで、どことなく寂しい気もします。
西宮の住人として、毎年ごとに屋台の数も規模も小さくなっていく様子を見るにつけ、
えべっさん、もうひと踏ん張りしてや〜。
つい思おてしまいます。


カキノイエ:新年明けて

船渡御

FUNATOGYO

自宅すぐそばの浜辺で毎年、秋の西宮まつりの行事のひとつが行われている。
震災後の再興から今年で8回目らしいが、全く知らずにいた。
恥ずかしくも、友人に教えてもらって初めて知った。。。
船渡御」ふなとぎょ、と読むらしい。
興味もそそられ、折角なので先日の日曜はその行事を見に行くことにした。
埋め立て地に向かう遊歩道の中間に海を渡る跳ね上げ橋がある。自宅から5分とかからない。
祭事が済んだ船団がそこを通過する。
写真を撮るには面白そうなので、その橋のたもとで祭事の進行をぼ〜っと眺めていた。
望遠鏡でも無いと何をやっているか全く分からないが、進行のアナウンスとお囃子が聞こえてくる。
やや曇りのお陰で暑すぎず、秋らしく過ごしやすい感じ。
たまにはこんな時間の過ごし方も良いですね。
こんな近くで行われていた行事も知らなかった。ちょっと勿体ない。
事務所の横には大きな神社もあるのだし、少しは地域の事も知りたくなった。
と、思った矢先、これまた更に近所の砲台跡で星空映画上映会が催されていた記事を見つけた。
う〜ん、なんか悔しいぞ。

House [ I ]:NU
House [ H ]:中間検査

置いてけぼり

tower

昨日事務所の帰り、自宅近くの公園で提灯に照らし出された盆踊りのやぐらが目に止まった。
丁度終わった後、片付け始めている世話人らしき人たちが数人いたが、
広いグランドにひとけが無く、未知との遭遇みたいな不思議なシチュエーションだった。
思わずグランドに入り込み写真を撮りはじめると不審に思われたのか、睨まれた。
お開きだよ、と言わんばかりに提灯の明かりが消えた。
この日の夕方、現場に一人残った電気屋さんに話しかけると、
今日は帰ったら地蔵盆の後片付けに行かなあかんのです。と言っていたのを思い出した。
まるで急展開したドラマの様に、後半になって突然暑さが続いたこの夏が、
知らない内にもう終わろうとしている。
今年は夏らしく過ごした感じが全くしない。
明かりの消えたグランドを見て、ひとり置いてけぼりを食らった気がした。