オイルヒーターの置場について(わが家の場合)

 ひと月ふた月前、嫁さんが義姉さまからオイルヒーターをもらって帰ってきた。モダンな暖房機に嬉々とする嫁さんに、いやいや待って、どこ置くの? って話になった。

 わが家は築そこそこ年の木造住宅。天井裏、屋根裏から見える断熱材はぺらっぺら。寒暖をものともしない高気密高断熱省エネ住宅にはほど遠く、寒暖を楽しむ気概のいる季節共生型住宅なのだ。もうお分かりの方はいらっしゃるだろうが、まともに使えばアッと言う間に電気代は跳ね上がり、立派な暖房機は押入れの奥へお蔵入りとなるに違いない。エコモードなんてスイッチも役に立つあろうはずもない。

 トイレにでも置いとくか?

 わが家で一番小さな部屋である。試しに使うにしても、電気代を気にせずいられるだろう。安易な発想。

 輻射熱暖房機のなかでもオイルヒーターは特に、寒いからと言って入り切りしながら局所的に使うものではない。基本はつけっぱなしにして、床壁天井四方八方にくまなく熱を伝え部屋全体を暖める。なんとなく「ほんのり暖かく」寒くない環境にすることが一番の理想である。手をかざしながら正面を陣取る石油ストーブのような使い方は、基本的に向かない。というかフルパワーにしないと満足できなくなる。
 そういう暖房の考え方だから、断熱材のしっかり効いた省エネ住宅でないと床壁天井の熱がどんどん外に逃げてしまう。結果、季節共生型住宅だと電気代がいくらでも掛かるうえに満足できない事になり、お蔵入りは必然。

 鉄筋コンクリートマンションで、オイルヒーターを使ってみたが思うように暖かくならないのは、冷たさを蓄えたコンクリートの床壁を暖めるにはそれなりの熱量が必要になってくるから。外気にさらされたコンクリートから伝わる冷たさと、輻射熱で伝える暖かさの対決のようなものである。部屋の位置などいろいろ条件が絡んでくるので、マンションが必ず寒いわけではもちろんない。外気に面する部分が多いほど暖まりにくいのは、体感でもよく分かる。
 外断熱で外気の冷たさを遮蔽したコンクリート建物ならゆっくり蓄熱させながら使うことができる。きっと快適な環境にもなるに違いない。それでも日中を留守にして節電のためにヒーターを切ってしまう生活だとうまくいかないのである。

 冷暖房の機種選定というのは、建物の構成に断熱方法や性能、そして生活スタイルとのバランスが考えの要になってきます。うまく機能させるには、多少の試行錯誤が必要と思うほうがよい。

 さて、オイルヒーターに占領されたわが家のトイレ。実に快適。
 夜中や起床すぐ、トイレに入って身震いする必要がなくなったのは、正直嬉しい。オイルヒーター据付け前、嫁さんの後に追いかけトイレに駆け込んだら、アッチアチのフルパワー暖房便座にビックリしたことも度々でしたが、近頃はありません。一畳ほどのトイレ空間で最低温度の設定にしながら使っているので、電気代に目をむくことも無さそう。もちろん、つけっぱなし。トイレにオイルヒーター? もったいないと思うなかれ。

 わが家のトイレは、現在もっとも居心地よい空間になりました。

太陽光パネルの設置に少し思う事

IMG_1649

建って8年になる施主さんから、太陽光パネルの設置はウチの屋根でも大丈夫ですか?と問い合わせがあり、これを機会にしばらく振りの訪問をさせていただいた。
当初から物が少なくスッキリ過ごしていただいている様子は、お子さんが二人になった今も、謙遜はされるが充分に健在。捨てる技術の無い僕には有り難い施主様です。

ところで、太陽光パネルを載せられますか?と住み始めてから頂く施主さんからの問い合わせは、これまでにも幾度かありました。その度に、実は良い返事をした事がありません。どうぞどうぞ是非載せましょうと返事をした事がないのです。これは太陽光パネルを否定している訳ではなく、その取付けの仕方が設計者としてどうしても心配だから、つい正直に言ってしまう。
太陽光パネルの取付けは、屋根に架台をビスで固定するのが一般的です。瓦屋根だと簡単にもいきませんが、大抵の金属屋根・特に平坦な仕上がりの屋根だと、防水パッキンをはさみながら架台の脚を屋根の野地板めがけてビスで固定するしかない。これだと金属板のみならず下張りしている防水シート(ルーフィング)まで貫いてしまう。
頼りにするしかないパッキンにしても、雨風当り太陽ジリジリの劣悪環境でどこまで持ちこたえるのだろうか?孔を開けなければメンテナンスフリーに近い今時の屋根材料なのに、わざわざ心配の種を作ることになるだけ。それを考えるとどうも心地よい気がしないのです。

昨今の流れを汲むと、太陽光はますます拡がるのは間違いないでしょう。それを止めなければと思う訳でもありませんが、もう少しうまいように出来ないものだろうか?新築時になら孔を開けずに金属屋根に取付け金具を折り込む方法や、後付けでも磁石を使って取り付けると言うものまであります。ただ大抵の場合、選べるパネルメーカーや屋根メーカーに制約があったりと、施主さんの希望に必ず叶うものではない様子です。もっとオープンにしてほしい、と思うのですが。

お伺いした住まいは8年の年月を感じさせ始め、施主さんは今後のメンテナンスの事を色々とイメージされている。気になる事があれば、こうして時折ご連絡いただけるのが有り難いです。年数が経つほどに、伺うきっかけがどうしても少なく年賀状のやり取りだけになってしまう。前々から気に掛け始めて、去年ぐらいから伺う機会の少なくなっている施主さんに声掛けし始めたけど、正直思うほどには出来ていません。
今回また良いきっかけを頂いた感じで、僕には有り難い施主様です。

one-story house 

宮内建築「飯道山を望む家」を見学させて頂きました。

ブログのデザインを一新してしまう事にしました。細かいところは気になりつつも、ついつい手を入れたくなりいつまでも終わらず、肝心の記事がひとつも増えない。我ながら何しとる?と言う事になりそうなので、もうええわいっと気分転換です。

それはそれで、先日の日曜日。
滋賀で進めている住宅の計画は、宮内建築という滋賀の工務店さんにお願いすることで進めています。その宮内建築の宮内棟梁の計らいで、甲賀市にある小さな住まいを施主さんと共に案内していただきました。柱も梁も間伐の10センチ角の柱材だけで組まれた小気味良い構造の木造住宅です。青空の下に延々と広がる田んぼを取り込む素敵なロケーションにまずやられてしまいました。

今回は宮内さんが手掛けられた住まいを拝見するとともに本題としては、この住宅の真ん中に座るレンガで積まれた蓄熱式暖炉を見せて頂くことでした。メースンリー暖炉と言うのだそうですが。日本でもまだ数少ない暖炉です。お住まいの方に使い勝手など聞くと、結構手間いらずな様子。心配していた施主さんも、この迫力にやられた様子で是非やりましょう。となりました。

が、事前のイメージではとても無理だろうと思っていたものですから、電気式の蓄熱暖房の計画で進めていました。プランをすっかり一新せねばならなくなりそうです。こちらはブログのように気分転換と言う訳にはいきませんが、それはそれで楽しみになってきました。