太陽光パネルの設置に少し思う事

IMG_1649

建って8年になる施主さんから、太陽光パネルの設置はウチの屋根でも大丈夫ですか?と問い合わせがあり、これを機会にしばらく振りの訪問をさせていただいた。
当初から物が少なくスッキリ過ごしていただいている様子は、お子さんが二人になった今も、謙遜はされるが充分に健在。捨てる技術の無い僕には有り難い施主様です。

ところで、太陽光パネルを載せられますか?と住み始めてから頂く施主さんからの問い合わせは、これまでにも幾度かありました。その度に、実は良い返事をした事がありません。どうぞどうぞ是非載せましょうと返事をした事がないのです。これは太陽光パネルを否定している訳ではなく、その取付けの仕方が設計者としてどうしても心配だから、つい正直に言ってしまう。
太陽光パネルの取付けは、屋根に架台をビスで固定するのが一般的です。瓦屋根だと簡単にもいきませんが、大抵の金属屋根・特に平坦な仕上がりの屋根だと、防水パッキンをはさみながら架台の脚を屋根の野地板めがけてビスで固定するしかない。これだと金属板のみならず下張りしている防水シート(ルーフィング)まで貫いてしまう。
頼りにするしかないパッキンにしても、雨風当り太陽ジリジリの劣悪環境でどこまで持ちこたえるのだろうか?孔を開けなければメンテナンスフリーに近い今時の屋根材料なのに、わざわざ心配の種を作ることになるだけ。それを考えるとどうも心地よい気がしないのです。

昨今の流れを汲むと、太陽光はますます拡がるのは間違いないでしょう。それを止めなければと思う訳でもありませんが、もう少しうまいように出来ないものだろうか?新築時になら孔を開けずに金属屋根に取付け金具を折り込む方法や、後付けでも磁石を使って取り付けると言うものまであります。ただ大抵の場合、選べるパネルメーカーや屋根メーカーに制約があったりと、施主さんの希望に必ず叶うものではない様子です。もっとオープンにしてほしい、と思うのですが。

お伺いした住まいは8年の年月を感じさせ始め、施主さんは今後のメンテナンスの事を色々とイメージされている。気になる事があれば、こうして時折ご連絡いただけるのが有り難いです。年数が経つほどに、伺うきっかけがどうしても少なく年賀状のやり取りだけになってしまう。前々から気に掛け始めて、去年ぐらいから伺う機会の少なくなっている施主さんに声掛けし始めたけど、正直思うほどには出来ていません。
今回また良いきっかけを頂いた感じで、僕には有り難い施主様です。

one-story house 

宮内建築「飯道山を望む家」を見学させて頂きました。

ブログのデザインを一新してしまう事にしました。細かいところは気になりつつも、ついつい手を入れたくなりいつまでも終わらず、肝心の記事がひとつも増えない。我ながら何しとる?と言う事になりそうなので、もうええわいっと気分転換です。

それはそれで、先日の日曜日。
滋賀で進めている住宅の計画は、宮内建築という滋賀の工務店さんにお願いすることで進めています。その宮内建築の宮内棟梁の計らいで、甲賀市にある小さな住まいを施主さんと共に案内していただきました。柱も梁も間伐の10センチ角の柱材だけで組まれた小気味良い構造の木造住宅です。青空の下に延々と広がる田んぼを取り込む素敵なロケーションにまずやられてしまいました。

今回は宮内さんが手掛けられた住まいを拝見するとともに本題としては、この住宅の真ん中に座るレンガで積まれた蓄熱式暖炉を見せて頂くことでした。メースンリー暖炉と言うのだそうですが。日本でもまだ数少ない暖炉です。お住まいの方に使い勝手など聞くと、結構手間いらずな様子。心配していた施主さんも、この迫力にやられた様子で是非やりましょう。となりました。

が、事前のイメージではとても無理だろうと思っていたものですから、電気式の蓄熱暖房の計画で進めていました。プランをすっかり一新せねばならなくなりそうです。こちらはブログのように気分転換と言う訳にはいきませんが、それはそれで楽しみになってきました。

「とこなめ」便器のロゴマークを求めて。


なんだか映画のセットのようにも思えそうな写真ですが、そうでなく、先日型ガラスの事を書いた解体前の古い住まいにある下家になった厠です。すでに少しずつ解体が始まっており、正面にあった引き違いの板戸が撤去されたのでしょう、野ざらしに便器がまる見えの状態になっていました。

で、なぜこんな場面に出会わせているかと言えば、実は便器好き?なヨメさんの要請です。週明けから本格解体されるというので、施主さんに無理をお願いして再度やって来ました。前の回にもヨメさんも来ていたのですが、興味を持った便器のロゴをこそこそと描き写し、帰ってからネットで調べると、どうやらレアなグッズ?だったらしいのです。たぶんレアな、その筋の方達だけにとってでしょうが。。。
とにもかくにも改めて確認したい。写真を撮りたい。と切望され、誰もいない古屋に怪しく夫婦二人で忍び込んで、トイレの写真を撮っていたのでした。

「Tokoname」は陶器の街である愛知県常滑市にあったメーカーのブランドの様ですが詳細は分りません。有名所ではINAXなどの衛生機器メーカーがここ常滑に本社を置いていたようです。招き猫なんかも有名なようで「常滑系」とかあるみたいです。これまた、その筋の方しか理解出来なさそうですが。。。

常滑市 – Wikipedia

五右衛門の風呂

これから計画を始めさせて頂く施主さんが、結婚するまでずっと過ごしたという住まいにお邪魔した。築40年を少し越える。土間あり、おくどさんあり、畳の続き間があり、祖母の家を思い出す様なとても懐かしい感じがする。そして家の奥、離れになった浴室の中を覗かせてもらったら五右衛門風呂だった。見る事はもう無かろうと思っていた純和風浴槽にしばし感激です。壁面のタイルも見た事のない柄のモザイクタイル。とても暖かい感じがします。

普段から椅子の上でもアグラをかく姿勢の悪い生活が日常になっているからなのか、実は脚を伸ばせる大きな浴槽にあまり憧れがありません。施主樣方にエ!?と言われそうですが、決して風呂嫌いで無く、むしろ、ノボせるまで入らないと気が済まない長風呂派の風呂好きだと自覚しています。

学生時代に五右衛門風呂で2〜3年過ごした事もあります。適度に暖かい縁に背中を押し付けたり。底板の上に縮まって座るのがちょっと楽しかったり。今の自宅も昔ながらの四角い小さなステンレスの浴槽。やはり脚は伸ばせないその中で、あぐらかいて座っています。 と言っても、銭湯や温泉で脚を伸ばすのはもちろん好きです。

でもなぜか、自分の住まいにはきっと四角い小さなステンレス浴槽を選んでしまうと思っています。

表札屋ドットコムさんに紹介していただきました。

表札屋ドットコムさんと共同製作した表札のいくつかが、表札屋ドットコムさんのページで紹介されています。
表札屋ドットコム:インターホンカバー+表札

表札屋ドットコム

20080527:追記

表札屋ドットコムさんから、このページを載せてからいくつか問い合わせ、製作が進んでいます。と報告を頂きました。なんとか貢献出来ているみたいです。

あわせて、KAKInoIEの表札(画像一番上)の照明や配線がどんな風になっているのかお客さんから問い合わせがあったそうですので、簡単にですが返信した内容を載せておきます。

表札裏は4〜5センチの深さの箱状になっています。
器具は陶器製のソケットにLEDのランプを付けているだけです。ホームセンターで売っているところもあります。
例えば、陶器製ソケットメーカー:青山電陶株式会社
    LEDランプメーカー :朝日電器株式会社・LED電球
LED電球なら長寿命で熱をあまり持たないので心配が少なくて済みますが、木造等の壁面なら、裏のボックスは不燃材や薄鉄板で内張りしておいた方が無難。
ほんのり光ればいいので、W数は小さいもので充分。
配線は目的にも依りますが、ウチでは通常、デイライトスイッチとタイマーを噛ませてもらいます。
 デイライトスイッチ:外部に設置し廻りの明るさで入り切りします。
 タイマー:24時間で好きな時間に入り切りセット出来るものを選びます。
2つが備わった配線器具もあります。一般的には、松下電工電設資材の配線器具を用いることが多いと思います。
これで、暗くなったらデイライトスイッチで自然に着いて、夜遅く適当な時間にタイマーで切ることが出来ます。明るい時間の内にタイマーが入る様にすれば、そのタイミングではデイライトスイッチは切れている事になります。さらに普通のスイッチを何処かに噛ませば、強制的に切って置く事はできます。
電気屋さんに言えばやってくれる筈ですが、自作だとやれない事はありませんがちょっと面倒かもしれません。配線が要るので、後工事だとちょっと大変かもしれません。
後、照明部は一般のソケットなので雨かかりには注意してください。

20080829:追記

表札屋ドットコムさんから、「ハウリングの対策」についてご相談ありました。返信したピーカンでデザイン・設置するときに注意している事項を転載しておきます。当たりまえのことぐらいしか無いのですが。。。

ハウリングはどの状態で起こるかは、状況次第なのですが、スピーカーの音をマイクが拾ってしまうことがともかく原因です。ですから、音が反響せず抜けるようにしておく事が基本です。

  • カバーとドアホンを密着させるように設置する。(まず基本)
  • スピーカーの前を塞ぎすぎないようにする。
    (カバー内に反響せず、音が正面に抜けるように)
  • できるだけボックス内などにインターホンを密封しない。
    (音が周り込まないように)

と、当たり前の事ぐらいしかありません。

意匠的にスピーカー部の開口が小さい意匠は、特に注意したほうが良いかもしれません。マイク部の孔が無かったりすれは起こる率は高くなると思います。

カバーとドアホンを密着出来ない意匠とすれば、マイクとスピーカーが干渉しないようにゴム板等で仕切りを設けてあげれば解消されるのでは、と思います。(これはまだやった事がありませんが。。。)

ウチでやった中では、初めての物件でありました。(カバーは表札屋ドットコムさんではありません。)
その際は上の三点がどれも守れていませんでした。(笑)カバー周囲をコーキングでシールしていたのを切って、密封状態を和らげたところ、多少残響が残りますが、使用に差し支える程ではなくなりました。

その後、特にクレームになるような事はありませんでした。(表札屋ドットコムさん以外でも少しありますが、それらもありません。)

とまあ、参考になるようなならない様な具合ですが、良ければご参考に。