百と100 〜 北斎と安藤忠雄 〜

あべのハルカス美術館で開催中の「北斎展 – 富士を超えて -」と、大阪国際会議場で開催されたアイカ現代建築セミナー「安藤忠雄講演会 – 新たなる挑戦 -」に行って来ました。一日でこなす行事としては、ちょっとばかり濃い感じ。

「北斎展」

平日なのにスゴい人混みでした。昼すぎ会場に着いて当日券を買うのに3〜40分の行列。さらに入場10分。予期せず1時間ちかく行列に並ぶ羽目となりました。北斎人気にびっくり仰天です。

この北斎展に合わせて放送されていたNHKの特番やドラマをほぼ欠かさず見ていました。絵を描く人にとって、挑戦的な姿勢で画業を全うする北斎は憧れの一人でしょう。日本人画家?で一番知名度があるのは、やはり北斎の気がします。小学校の美術の教科書に載っていただろうと記憶を辿っても、いつの頃から北斎の名前を知っていたのかさえ分からない人も多いのではないでしょうか。そのくらい北斎という存在は日本人に浸透している気がします。

展示は北斎が70~80~90歳代に渡る後期のものがメインで、卓越した筆使いにいちいちため息がでてしまいます。ドラマの中で幾つになっても絵の上達を目指す北斎の貪欲な姿が描かれていましたが、展示の最後あたりになると片隅に「百」の印が押された画が並びます。当時なら既にヨボヨボ長寿の筈と想像するのですが、さらに百歳まで絵を描き続けようと88歳から全ての作品に使っている印章だとか。ただただ恐れ入ります。

「安藤忠雄講演会 」

現代において知名度の高さなら北斎に劣らずの建築家・安藤忠雄氏。北斎展に押されて開演ギリギリの到着。会場後ろの席で中心通路際に座っていたら、開演同時に安藤氏が横を颯爽と通り過ぎていきました。癌の手術を受けられていることはご存知の方も多いと思いますが、そんな気配を感じさせない凛とした歩き姿です。

ステージに上がってまず、ちょっと摘出手術したけどしっかり元気やで、いつものガラガラしゃべりでアピール。さらに正面スクリーンに映し出された「100」の文字。何かと思えば、百歳まで仕事しまっせと宣言したのです。なんと、北斎とおんなじことをしてるやん。。。御歳は76の筈。北斎の宣言まで後12年ありますが、十分にのけぞりました。北斎展に合わせた余興だったかどうかは定かでありませんが、ここから4半世紀はまだまだ譲らん!という勢い。講演会でそんな宣言をする建築家っていうだけで、ただただ恐れ入ります。

いつものように住吉の長屋から始まって、最近のプロジェクト紹介。地平水平を超えた仕事っぷりにため息ばかりでてしまいます。適度に笑いを織り交ぜ、聴衆をサービス精神旺盛な飽きさせない話しっぷりにも脱帽です。

百と100

二人の作家に思わぬ共通点。今の自分に満足することなく我武者羅に、いつまでもどこまでもやり続けたい一心こそ、作品以上に人々を惹きつける魅力なのだと知る一日となりました。

渋すぎなアニメの聖地?

アニメーション「傷物語」公式hp-制作陣

年末に飛び込んできたプレゼン仕事をようやく終わらせ、結果は天任せにするとしてホッと一息しているところです。今回プレゼンを手伝ってもらったH氏とお昼ご飯を食べて雑談中、正月息抜きに観たアニメ映画「傷物語」を思い出しました。すっかり書くタイミングを逸しましたが、ある事にインパクトがあったので、改めて。

何に驚いたかと言うのは、メイン舞台の一つとなった建物でした。映像全体に渡り、非常に丁寧に背景が描かれた作品ですが、どこかで見たような既視感に襲われます。心象的に描かれた演出に相まって、どのシーンの風景も舞台装置のように象徴的な扱いになっています。その一つが、丹下健三「山梨文化会館」でした。映画を見ている最中にアレっ?なんか似てない?。。。いやいやソックリソノママ。と言っても実物を見たことが無く、昔むかし雑誌でチラッと見た記憶なので自信も無く。ヨメさんに小声で、たぶん丹下健三。。。って呟いていたのですが、後でネットで確かめてみると、やっぱりソックリソノママ。(もちろん、後で自慢)
ネットで誰かそこについて書いてないかと探しましたが、観たアニメも結構オタクな分野?なので、思うほどに見つかりません。ようやく見つけたのは建築とアニメを研究されている明治大学の森川喜一郎氏のツイートでした。
氏のツイートによると「傷物語」に出てくる丹下建築は「山梨文化会館」だけでなく「丹下自邸」も使われている。。。と。なんと!? 残念、そこに気づかないただの建築音痴でした。

最近のアニメでは敢えてロケ地がわかるよう丁寧に描かれることが多くなりました。西宮にも超有名な”聖地”があります。そんな流れの中でも丹下健三は渋すぎです。
確認すると映画はまだやっているようです。日に一本程度ですが、まだやっている人気アニメなのですね。。。も一回、行ってしまいそうです。

何より、こうして描かれ”残され”る丹下建築はやはり偉大です。

セミナー:安藤忠雄「生き残りを賭けて」

安藤忠雄アイカセミナー

昨夜、ヨメさんが行きたいと言った事もあり、応募に当たった安藤忠雄氏のセミナーに行きました。建築関係のセミナーはボチボチと行っていますが、建築家の講演会はこの以前に行ったのがいつか思い出せないくらい久しぶり。それでも安藤氏の講演会は、過去3度くらい行っているはずで、最後は書籍「連戦連敗」出版の頃になる。

どことなく”あまのじゃく”になり、建築家の話に素直に耳を傾ける事ができなくなっているところも無いと言えない。に関わらず、気がつけば安藤忠雄講演会には都合4度目。建築の仲間うちでも、安藤忠雄氏の仕事を諸手を上げて評価するのをあまり聞く事がない。でも、「安藤さん」なのだ。コレは考えるもなくスゴい事。今回も適当に聞き流しておこうなんて未だに斜交いな態度であったはずが、話が始まって約2時間の講演に眠気も無く最後まで聞き入ってしまった。なんて話上手なのだろう。

大抵建築家の講演会と言うと、よく分からない単語が並んで話半分も理解出来ない。ことが多い。抽象的な比喩が並び、具体的なイメージをすぐに連想出来ないからだ。しかし、日本だけでなく世界でも一番有名な建築家・安藤忠雄の話は壮大なスケールでダイナミックだけど、具体的であり、身近な出来事も話に交え非常に分かりやすい。これがまた、「安藤さん」たる所以に思えなくもない。

日本の未来を想う話、政治に任せず各自が自立し挑戦せよと言う話。事務所設立頃の話、六甲の集合住宅一連にまつわる話。そして近作の話と続き。そして、そろそろ会場の人も聞くの疲れたかな〜と雰囲気漂い出した頃、「ありがとうございました!」と、スパッと切り上げる様に、帰り道のヨメさんは思わずカッコイイ!と絶賛しておりました。
確かに「生き残りを賭けて」とは、その話の中身よりも、この話しっぷり、見事なパフォーマンス、そして潔さ。安藤さん自身の「立ち姿」そのものなのだと想う一瞬でした。

ヨメさんはさらに馴れ馴れしく「あんちゃん、あんちゃん」と、まるでアイドルのようにように呼んでおりますが、建物をそんなに知っている訳ではありません。旦那の職業もあって、他の建築家さんの新聞記事やテレビの番組も見ていますが、「あんちゃん」に到底及びません。
会場が溢れて、ロビーのモニターで講演を聞いていた人もいたそうです。あらためて、建築家「あんちゃん」の人気ぶりと影響力に驚きます。