朝来市旧生野鉱山職員宿舎

 朝来市に行く機会があれば、行ってみたいと思っていたのが此処。朝来市旧生野鉱山職員宿舎です。以前に生野銀山へ訪れた時は車で横を通り過ぎてしまい、そのままずっと気になっていました。
 ですが今回、昼ご飯を食べ損ねたまま辿り着き、施設近くで食事を先に済ませようと目論んでいたところ、閉館時間まで後一時間ほどと告げられ、そのままお腹を空かせ慌てて見て廻る事になってしまいました。

 朝来市旧生野鉱山職員宿舎は、生野銀山が繁栄した明治から昭和初期にまたがる官舎・社宅5棟が復元保存されている一画になります。行ってみたいと思っていながら、分かっていたのはその程度。
 見学の後からパンフレットを見直すと、一様に復元されている訳ではなく、明治期・大正期・昭和初期を想定した復元になっていると分かりました。しかも形状の近い3棟はそれぞれ違った建て物と思われていましたが、調査によって元々は同じ間取りの住まいであることが判明。時代につれ改修を施されていたのです。その過程を丁寧にくみ取り、それぞれの時代に相応しい修復を行ったとのこと。
 そんな裏話に気がつかず、見学の時は単にそれぞれ違った建物と思っていました。

 始めに分かっていればも少し頭を動かし、時代時代の変遷を感じ取りながら見て回れたと思うのですが、なんとも勿体ないことです。
 なにも分からずとも、もちろん充分に雰囲気を楽しめます。元々は上級技官などの住まい。素朴に見えながらも、とてもゆったりとした贅沢な時間を感じる住まいです。解説には、今見れば特別な建物ではないかもしれないが当時にすれば斬新な建物であっただろう、とありました。ですが、むしろ今の時代だからこそ、此処にはしつらえや空間の豊さがあるように感じます。

 地元ボランティアと思われるおじさんが掃除の合間に時折現れ、口達者にイロイロ説明をしていただきました。が、実は半分も聞き取れなかった。スミマセン!。頭にもう少し知識があれば、楽しめたと思われます。機会があればちゃ〜んと下準備してから、何度でも訪ねたいと思える施設でした。

 棟の一つは、朝来市出身の名優・志村喬記念館にもなっています。この甲社宅が生家なのだそう。

 見終った後、お腹を空かせて近所のお好み焼き屋さんに駆け込みました。これがまた美味しかったです。
 この地域、冬は寒いだろうと思いましたが、聞くところ零下が続く日もあるのだとか。お好み焼き屋のおばさんは、ここの冬は好きになれない。と断言。冬の訪問には、根性も要りそうです。

旭マーケットと寿市場

 「播州織」で有名な西脇市は古くより織物業が盛んな地域ですが、昭和の戦後にそのピークを迎えたことで独特な街の風景が今に残っています。以前より仕事で来ることが多く車で通り過ぎながら、昭和レトロな建物群についつい目が向いていたにも関わらず、ゆっくり散策をすることなくいました。
 私事18年間仕事を共にした車を乗り換えることになり、最後にどこかドライブに行こうよと嫁さんを誘い、思いつき、西脇市にある日本最古と言われる木造アーケードを見に行ってきたところです。

 素人目で見たとしても現在の建築法規では、ほぼ再現のあり得ないだろう建築群です。一部家屋が撤去された様子のところでは、アーケードを支えるためだけの撤去家屋の柱が残っていました。別なところでは、崩れかけそうな家屋もあります。それでもまだ住まわれていたり使われているところもある様子。売家の貼り紙もありました。レトロ好きなひとでも、さすがに躊躇しそうです。

 懐かしさだけで残すことは難しいともちろん思いますが、時代を伝える風景がひとつひとつなくなってしまうことは、やはり惜しい気がします。
 ネットで検索してみると、つい最近でも紹介している記事や写真が見受けられました。にぎわいを取り戻すことが出来なくとも、なにか保存の手立てがあることを望んでしまいます。

 こちらもレトロカーと呼ばれるに後わずかなところでしたが、存続の手立てが立てられず、ああ無念。

「水車大工」展

仕事の合間に覗いてきた竹中大工道具館での「水車大工」展
圧倒的な細工もさることながら、純粋に円いものに惹かれてしまうのは、私だけでしょうか。