チームラボと姫路城

チームラボ
チームラボ

 以前から気になっていたデジタルアーチスト集団チームラボが、姫路市立美術館で展覧会を開催しています。6月はじめの日曜日、ヨメさんと観に行きました。

 もうじき会期終了、絶対ヒト一杯やでェ〜、と朝10時半頃に到着すれば、およそ30分待ちのプラカード。並び始めれば、瞬く間に行列が続いて行きます。ふわ〜〜〜っ!
 去年の丁度今ごろ、東京お台場に開館した「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」がテレビで紹介されるたび、ふわ〜〜〜っと見入っていいた。なんとも気持ちよさそう〜〜〜である。
 年代ものと笑われそうだが映画「トロン」のような、デジタル世界に自分の身がスッポリ転がり込むような錯覚を味わえそう、自然現象をモチーフにした作品が多いが、単なる疑似体験とは違う夢空間に身を置きたいと思わせる。そんなイメージで期待を膨らませ、いざ!。

 ア〜違う。きっとコレはゼンゼン違う。と言うのが、今回の感想。
 残念ながら展示室のスケール不足なのか、期待が肥大過ぎたのか。もちろんソレなりに楽しめたが、身を委ねたような気持ちよさは味わえなかった。出張展示は難しかったのか、インスタレーション的な体感空間ではなく、壁面の投射映像だけで終わってしまったので、ココロで感じるにはボクは歳を取りすぎた。かもしれない。
 動作に反応する文字や図形、散らばる花、揺らめく波に、子供らと一緒になって駆けまわるってことも出来ず、テレビで観たそれであっても幽体離脱するには圧倒感が足らず、ただただ自撮りを楽しむ中年カップルであった。
 こりゃ〜お台場に行ってみんと分からん、と思わせられて、終わってしまった。美術館を出れば、行列だけはさらに延びていたのだけど。

 折角姫路まで足を伸ばしたのだから、姫路城。単純な理由でいざ出陣。
 言わずもがな、圧倒感は明らかにこちらの方が上手でした!。どうやって積上げたのやらの石垣の足元を抜け、6階建て登城のはじまり。実質もっと高いだろうお城の急な階段をエッチラコッチラ登って、どでかい柱や梁を見上げ、いかにも厚そうな床板の足裏の触感を堪能し、姫路の街を一望し、饒舌なボランティアガイドのおじさんに耳を傾かせ、ヨロヨロ降りて。最後は、はしゃぐ外国人観光客を横目に、城をふわ〜〜〜っと見上げて終わり。
 うん、ヨカッタ。

 元号変わりの長かった今年のゴールデンウィークの間には、たいした行楽も出来ずにいたので、ようやく羽を伸ばせた感じがしました。やはりリアルな体験に勝るものは無しでしょうか。それとも、ただそんな歳になってしまっただけか。
 その答えを出すには、まだまだ若造のつもり。のはず。そんな幻覚を味わうのが目的の一日となりました。

久しぶりの慈光院

慈光院

久しぶりの投稿です。今年こそは、こまめにアップしようと年始に書いておきながら、前の投稿から2週間以上が経っています。気がついたら2月になってしまいました。どうにも落ち着きない日々を過ごしている感じがしています。仕事がと言うよりも、自分が。今日は、奈良の住まいでプチリフォームの相談を昨年末に受けていたのですが、その下見を午前中に済ませた後、都合いいいい訳で落ち着きを取り戻そうと、慈光院に行ってきました。

この慈光院がなんか好きで、もう5〜6度か来ています。どうでも良いのですが、久しぶりに来たら拝観料が上がっているような気がしました。石州ゆかりの慈光院は、お寺と言ってもほぼ茶室のようなところ。書院の座敷に庭を眺めながら座を陣取り、菓子を頂きながらお茶を啜って、ひと呼吸。土曜日と言ってもこの時期ですから人気は少なくて良いのです。低く抑えられた天井と鴨居。水平に拡がる借景が、なんと言うか落ち着きます。しばらくじっと。席を移して、違う空気を楽しみ、またじっと。

さらにどうでも良い個人的な印象ですが、同じ参拝でも、お寺は一度行くと「もう行った」気分になり、神社は時間を置くと「また行きたい」気分になります。慈光院はお寺ですが、何度も来ています。と言って神社ではありません。ここの空気が、なんか好きなだけです。
割引の回数チケットがあれば、きっと買うかもしれません。

慈光院2

唐崎神社〜近江のみたらし団子

今日は、滋賀に友人が設計した小さな住宅の内覧会に行ったのですが、その前に、湖岸は逆の唐崎神社まで足を運びました。ここは御手洗団子発祥の地。元祖みたらし団子のお店があります。滋賀の観光案内でその事を見つけ、餅・団子好きとしてはなんとしても見逃せなかった訳です。

お店で団子を頼み写真を撮っておこうと思っていたのに、出て来た瞬間食べてしまった。そんなコトで団子のグルメ写真はありませんが、素朴な味でとてもグッドです。店のおじいさんに団子の由来を聞きながら、大の大人が朝っぱらから御手洗団子を三串食べてしまいました。もちろん友人へのお土産にも買っていきました。

実は、少し前に閉店した後に来てトボトボ帰ったこともあるのです。