ランマ付の掃き出し窓

 わが家の間取りはすこし昔風なところがあります。内縁(うちえん)とも言える1間の廊下を挟んで、食事も就寝もしている主室のタタミ8畳間があります。8畳間と廊下とは障子で区切られ、廊下には掃き出し窓がついています。そして、障子と掃き出し窓にはそれぞれ小窓の「欄間(ランマ)」が付いています。

 朝起きると最初の仕事は、掃き出し窓の雨戸を開けて、ランマの小窓を開けること。廊下の奥は台所とつながっているので、朝食の用意や、弁当の支度を始めて換気扇を廻し始めれば、小窓を開けないと排気がうまくいきません。小窓を閉めたまま魚を焼き始めようものなら、たちまち家中に焼き魚の匂いが立ちこめてしまいます。

 なぜそんな事になるかと言えば、今ごろの住宅では必ず付ける24時間換気などの給気のための開口がないからです。ですが、ブロロロロッと廻る換気扇の風量を思うと、直径10センチの換気穴が一つ二つで給気は足らないのでは?と正直思うところ。朝夕の食事準備の前、小窓必ず開けて新鮮な空気を入れる行動が、わが家では当たり前の日常になっています。

 掃き出し窓の向こうには、小さな庭を挟んですぐ公道です。しかしランマは目線の上にあるので、全開しても道行く人の視線は気になりません。向かいのお宅の2階からだとどことなく覗けなくもありませんが、ほとんど気にならないぐらいです。ランマのお陰で、心地よい季節なら気持ちよく窓を開けて過ごすこともできるのです。
 エアコンを掛け始める前の初夏なら、掃き出し窓と8畳間障子の両方のランマを開ければ、主室にも適度な風が入ってきます。こうした季節なりの使い方ができるのは、どことなく家と共に暮らしている感じがします。

 そんなこんなで、わが家の「ランマ付の掃き出し窓」をとても気に入っているわけですが、なぜだか、人様の住まい設計に取り入れたことがない! 昔風のすこし野暮ったいイメージが無くはありませんが、窓のカタログでは何度も目にしていたはず。なのに、これまで図面に落とし込んだことが無いことに、今更気がつきました。
 しかし、最近の窓カタログでは見た記憶が乏しい。改めて確かめてみると、昔からある窓シリーズにこそあれ、最近のシリーズ(特に断熱性を謳う窓)には記載が見当たりません。

 気になって某メーカーのHPから問合せてみると、「誠に恐縮ですが、ランマ付引違い窓はご用意が無いのが現状です。販売量が減少した為、廃番となってしまいました。」との回答。別メーカーで問い合わせても、「(××シリーズであれば)装飾引違い窓を段窓して頂く事にてランマとしてご使用頂けます。採用して頂く予定の窓サイズによって制作可否が変わってまいります。」との回答。
 んんん、ともかくほぼ標準では無いということだ。回答の通り需要がないのか。はたまたメーカーサイドの製品絞り込みなのか。それとも断熱性能が確保しづらい形状だからなのか。採用においては不用意に描けず、確認と注意が必要にならざるを得ない。

 これまで自分の設計にセレクトしなかったとは言え、定番商品な気がしていました。それが、無くなるとは思いもしなかったことです。設計上で替わりの工夫はあるでしょうが、自分が実際、便利に思っているので寂しいばかりです。
 わが家のランマ付引違い窓はいずれ遺物となるのでしょうか? 換気の事がコロナ関連のニュースで毎日取り沙汰されるこの時勢に、復活はないのか? 密かに期待するばかりです。

人と木 〜 坂口製材所「吉野サロン」を訪ねて

IMG_1702

昨日は、桜ではなく杉?を見に行きました。とても活動的な製材所があるから見に来てください。設計仲間からのお誘いを受けて、日帰りハイキング気分で奈良県吉野まで。お天気も良く久しぶりに行楽気分を味わってきました。

伺った先は、吉野で天然乾燥の杉材を中心に取り扱かう坂口製材所さんが、敷地内で地域にも開放している「吉野サロン」と、隣接するモデルハウス「吉野STYLE」です。それぞれに違った印象を持ちながらも、木の家の良さをとても心地よく表現された住まいになっています。坂口さんは、此処を基点に大阪方面や名古屋方面の建築家さんや工務店さんとネットワークを活発に組み、少しでも広く吉野の材の良さを知ってもらい、もっと身近に使ってもらいたい、と地元製材業にとどまらず、販促事業にも率先した活動をされています。3時間近く話にお付き合い頂きましたが、「木は余すところなくすべてを使い切る事ができる。でなければ木に申し訳ない」その熱い思いが視線からヒシヒシ伝わるといった印象でした。

自分自身は、木造の物件が増えて来たこともあって、徐々に「木」そのものに興味を持ち出したところぐらいです。特に始めの頃はデザインアイテムとしての「木」でしかありあません。色味のイメージだけで選んでいたと言っても過言でありません。正直なところ、今でさえ製材され仕上がった木を見て材種を答えられるのはわずかでしょう。(ヘタすれば0点かも。。。)それでも、現場に塗装の予定で据えられた材が時には美しく、時には迫力があり、色を塗る事に躊躇する事はしばしばありました。たまたまな機会で少し木の事を勉強しはじめ、もっと思慮深くなければ、坂口さん風に「木に失礼」になると、ようやく分からないなり悩むようになったところです。

吉野の清々し空気に触れ、ちょっとした癒しのひととき(人と木)を過ごし、近頃は出不精になっていた自分への良い活性剤にもなりました。

阪口製材所 | 吉野サロン・吉野STYLE

* * *

話は逸れますが、先日の地震には驚かされました。18年経った阪神大震災を思い起こす揺れに、布団の中で暗闇に眼を見開き、さすが身が縮まった思いがしました。その日の夜と翌日の夜、震源に近い洲本市でお世話になった施主さんや工務店さんに、安否の連絡を取り、みなさんが怪我無く無事でまずはひと安心ししたところです。
そして、今回の地震は知られていなかった断層が原因とのニュース。地震に対する備えは設計のなかでも、ますます必然になってきたと感じてしまいます。

間取り図もこうすると面白い。Fantasy Floorplans

建築に興味を持つか持たない頃に、地図をモチーフにイラストを描いていた事があります。白い画面に道路やら鉄道やらどこにもない空想地図です。そこに繰り広げられるストーリーを想像するのがどことなく楽しかった記憶があります。ですが、それまで建築や住いに特別興味があった憶えがありません。小学生の頃は仮面ライダーやウルトラマンの怪人怪獣図鑑の解剖図を必死で眺め模写したり、中学生になれば宇宙戦艦ヤマトやらガンダムやらにもろ影響され、友達と空想の宇宙戦艦やらモビルスーツを考えてはその解剖図を、授業も聴かずに描いていた記憶は鮮明です。
住宅や建築に興味を持ち出した頃でも、間取りと言うものに興味があったかと問われるとかなり怪しい。いつになって人の住いに興味を持ち、毎日間取りを考え始めることになってしまったのか。そんな事を考えると、設計事務所をやっている事さえも不思議になってきます。

上の写真は僕が描いたものではありません。ブランディさんというアメリカの女性アーチストの作品です。彼女は小さなころからテレビに映るドラマセットの住いの間取り図を想像して描くのが、どうやら趣味だったようです。その甲斐あって、今は空想の間取り図をプリントしてネット販売しています。しかも青焼き。マニアな感じです。例えば、セックス・アンド・ザ・シティのミランダやキャリーのアパートとか。。。
建築を介してそんな生業があったのかと感心。彼女が日本に生まれていたら、サザエさんの家やムーミンの家や、寺内貫太郎一家の家の間取りを描いて売っていたとしたら僕は買ってしまうかもしれません。

http://www.fantasyfloorplans.com/