8月なる前に。。。

後数時間で8月に突入してしまいますが、その前に。

まずは、新事務所引越をなんとか無事に終えました。と言っても、まだホンやらガラクタやら山積みなまま。片付けようにもこの暑さに頭が回らず、引越のドタバタですっかりお仕事はキリキマイで手が回らずで、どうする事もできずまま、です。引越のご連絡も全く手つかず、焦るばかり。
それにしても今回の引越では、ホンマにようけゴミが出ました。事業仕分けならぬゴミ仕分けの毎日にテンヤワンヤでした。工務店さんのご厚意で、現場にゴミ捨て場に産業廃棄物(クロスのカタログやら、フローリングのサンプルやら)を幾度となく運んで、イッタイこれらは旧事務所のどこにあったのやら。出るわ出るわのサンプルの中には10年前の物件の物まで。ついつい思い出に浸ったり。。。そりゃ〜たまりますわ。

その上、明日から2日程お休み頂いて岡山の犬島まで「維新派」公演を観に行きます。帰ってからのスケジュールはしっかり詰まって、骨休みどころか落ち着かない旅行となりそうですが、ご報告は後ほど。

明日からまた暑さが増しそうです。夏休み旅行には申し分ないかもしれませんが、帰ってすぐに仕事モードに戻れるか不安になってきました。皆様、お身体にはお気をつけ下さい。

引越は、気が遠くなりそうです。

基本設計もやらないといけない、実施図面も描かないといけない、と分っていても引越が近づいてきました。一気にやろうと思っても、移った先で間違いないくエラい事になるに違いなく、場所も決まってようやく片付け&持ち運びを始めたところです。

今日も朝からゴミ焼却所に2回通い、330kgにもなったゴミを捨ててきました。いやいや、ゴミ屋敷だった訳でなく、少しでも身軽にするために後でも揃えられるカタログをどっさり捨てて来たところです。帰って来てから、こんどは書籍の整理を始めました。本棚とはエラいものです。なんとなく納まっていた本をビニール袋に入れながら、平積み始めるとあるわあるわ。どこにあったのでしょうか。写真に写っているのでも半分にも満たない感じです。やりはじめて恐ろしさに気づきました。あ〜本当に気が遠くなりそうです。

新事務所、ネット環境危うし。

おもわずつぶやいてしまったが、本日取り交わし中の新事務所の賃貸契約が無事終了してやれやれと思っているところに、この間ネットから申し込んだNTTから、次の場所に光ケーブルの敷設がまだされてないと連絡が来た。工事まで、ひと月半からふた月掛かると言われてしまって、目の前に暗雲が立ち込めた。ネットからの引越キャンペーンに申し込んだ矢先である。もちろん開通エリアであることは確かめていたから、思いも寄らない事態に今オロオロしている。
電話口の向こうでお姉さんがさも当たり前のように、お応え出来ません。と言われる中、ちょっとでも工事を早くしてよと懇願する。コッチは仕事で使ってるのだから頼んますよ〜と言っても、手慣れた具合に受け流され取り付く島もない。

という事で取り急ぎ、新事務所に移ったらしばらくメールが受け取れません。お急ぎの方は電話かFAXでご連絡ください。とお伝えしておきます。新事務所への移行は7月20日の予定。今の事務所は7月末までは使えるから、最悪その間はここでメールぐらいは受け取れる。しかし、その後に伸びると、現時点見通しがつかない。工事が少しでも早まることを祈るばかり。梅雨になって、きっとこうした工事も伸び気味なんだろうな〜。がっくし。

しかし、駅から離れてはいても幹線道路も近く数件隣りには銀行がある次の場所で、こんな事になるとは。ブロードバンド時代なんてのは、まだまだ先の事のように思えて来た。

期待と不安の事務所移転。あとひと月ほどとなりました。

事務所の移転先がほぼ決まりました。大家さんが遠方なので郵送での契約の取り交わし中です。次の場所も、今と同じ西宮。最寄り駅に同じ阪神電車西宮駅ですが、現事務所よりも1.5倍くらい離れているので、電車ではちょっと不便になってしまいました。現事務所は立地も良く、いろんな意味で使いやすかっただけに、それと比較するとなかなか思う様には見つかりません。

なんとか決まったは良いですが、今更ながら惜しくなっています。事務所そのものももちろんですが、自宅までの距離感やちょっと離れた駐車場の距離感さえも、自分にとって丁度よい気分転換スイッチと言った時間の流れを作ってくれた環境だと、今日も見慣れた風景の中を歩きながら考えていました。

次の場所は今よりもひと回りコンパクトですが、ちょっと懐かしささえ漂う場所です。ご紹介するのは奇麗に納まってからとして、今は、まずそのまま入り切らない荷物をどう片付けるのか?日々ため息をつくしかありません。整理を含めて、7月なかばに移転を完了予定にしています。

そうそう、今日は同じ駐車場をつかっているおじさんに、事務所移転で駐車場も引き払うことを伝えたところです。そんなコミュニケーションができることさえも、移転せざるを得ないことを惜しく思わせます。

無事?終了

HARU

今日は昼過ぎにようやく確定申告の提出を済ませて来た。
この行事で毎年、ため息をつきながら一年を振り返る。
なんとか税金を払う立場に位置するも、計算の結果に一憂はあっても一喜は無い。
カレコレ繰り返しているから書類の作成は慣れて来て、多少ズボら具合も分かってくる。
が、今日は気になるところもあったので相談会場で提出したが、これが失敗。
受付に座っている税務署のパートらしき女性は、どうやら不慣れで、
スタンプを押す手が、ズボらして提出している〆切過ぎの書類に戸惑ってしまった。
税務署の係なら慣れた手つきで、何事もなかったかの様に処理して行くところが、
コレはなに?ココに付けとくの?コチラに問われても困る。
チョッと待ってて、聞いてくるから。
ココに押してくれればコチラは済むことなんだけど。。。
すぐに済むハズのつもりが、待ちぼうけ。後ろに行列ができ始めた。
いらぬズボらはするものではない。
腑に落ちぬ顔でスタンプは押され、ともかく無事?終了。

少しでも

昨日のオランダの学生に、
送るトコまちがっとんで!とメールを返した。
もちろん大阪弁では無い。
翻訳サイト頼りに、短い英文で返した。情けなや。
それはともかく、失礼だか送りつけて来た手紙を読んでみた。
20歳の学生さんである。
建築哲学に対する考え、日本の建設状況に対する興味、
送り先は間違えたが宛先の建築家の作品に対する批評、
自身の生い立ち、あわせて日本の国際立場にも突っ込んでいる。
原文のまま読めない自分が本当に恥ずかしいぐらいである。

日本の学生からも(中には社会人からも)就職やオープンデスクの希望は
時たま送られてくる。
正直、こんなにしっかりした考えを述べてくる事はない。
中には書き直してこいと送りつけたくなることもある。
(実際、送ったこともあるが。。。)

ところで、スタッフにもこのBLOGにできるだけ参加するよに促した。
少しでも、自分なりの意見を述べてもらいたい。
と自分にも言い聞かせる。