100冊のダイアリー展

年末最後のイベントに、大学時代の友人が催す「100冊のダイアリー展」に行ってきました。去年もお邪魔したので、一年ぶりの再会。

独立してテキスタイルデザインを中心に活動している彼女が、作品作りのモチベーションを高めるために自ら企画し、毎年100冊分の手作りダイアリー表紙を作っての展示販売を昨年から始めました。彩色した紙を樹脂でコーティングし、結構しっかりしたつくりになっています。仕事の合間といえ2〜3ヶ月を費やして制作しているのだそうです。すべてが手作りだから結構時間がかかっているはず。

伺ったのは二日目のお昼ごろですが、年末に関わらず、途切れなく人がやってきます。毎年買うことに決めましたという方もいます。屈託無い明るい人柄が、なおのこと皆を引き寄せるのかもしれません。

負けてられないよな〜と思いながら、応援に1冊購入。

実はもう何年も手帳を使わないスタイルになってしまったので、スケッチブックの表紙にしておけば、これを見るたび来年は頑張れそうな気がします。

よいお年をお迎えください。

http://ayumi-shima.jp

このままモヤリンピックで良いのかな。。。

ポップコーンマシンの車輪

2020年東京五輪に向けてトップクリエーター2氏を巡る一連の騒動は、新国立競技場にしても、エンブレムにしても、個人的にいつまでもモヤモヤした思いが拭いきれないでいます。しばらく前から何か書いてみようと思いましたが、なかなか考えも思いもまとまらず、ただダラダラと傍観していました。頼んだ人、作った人、選んだ人、見守った人、誰も晴れた気分に到底なれそうにない、この事態がどう収拾着くのか一国民には検討もつきません。

曲がりなりにも作る側の立場から少しばかり気になることがあります。
今回は建築とグラフィックデザインの成り立ちが人目に晒され、多少なりとも関心の的になりました。そのこと自体は良いことだと思うのですが、この騒動においては、他者から見るとその過程がとても懐疑的に伝わっていたことです。経済や利権や盗作や疑惑と言ったフレーズにかき消され、さらには不勉強な方々にまで好き放題揶揄され、デザインの善し悪しさえどうでもよく創作側の意見や主張はどこまでも添え物にしか見えないようになっていることでした。
両氏に対する見解はともかく、創作の立場に関わる方ならなんとも歯がゆいものを感じた方は少なくはないと思います。違うのかな。。。

挙げ句の果て両騒動の成り行きは、有無も言わさず再コンペとなりました。これにも正直、肩の力が抜けてしかたありません。ひ弱な私だと、創作の意欲がスッカリ無くなりそうです。

この際、新国立競技場にしても、エンブレムにしても、一度決まった両氏にもう一度頑張ってもらえばいいジャンと正直思います。その制作の過程に審議の公開なり一般参加の投票なりを加えてクリアにすれば、十分ではないのでしょうか?

両氏とも国を超えて評価されるトップクリエーターなのです。改めて依頼するのは、気持ち悪いことでしょうか?その人たちを信じてよくはないのでしょうか?
このまま時間が経ち、この騒動が忘れ去られる事になんとも言えぬ寂しさと共に危機さえも感じています。

 

3Dのアレコレに驚いた

IMG_0465

つい最近、グラフィックデザイナーの施主さんと一緒にお昼をする機会があって、 世間話やら仕事の話やらアレコレと少し盛り上がった。そんな話の中で、最近の3D事情の話は職業柄もあってやはり興味が湧きました。具体的には、個人でも購入が可能になって来た3Dプリンターを使っての小物製作などを事業化出来ないだろうかとか。

正直なところ、建築という3Dを職業にしながら僕自身は3Dより2Dが好きな方で、特にひと昔前の3Dにありがちなどことなく蝋人形のうような質感がどうしても肌に合わない。なので、グラフィックであってもリアルな表現よりもラフなスケッチの方が興味に向いていました。しかし最近、テレビアニメでも見られるような3Dだか2Dだか分からない、ゴチャ混ぜな感覚や、動かなければ3Dでの製作と分からないクロスオーバーな状態は、なんとなく肌に合わないと言う表現では済まされなくなってきてしまった。正直にスゴイと思います。

施主さんとの話に戻って、3Dプリンターの次に教えてもらった3Dアプリが、またスゴイ。建築の世界でも主流のひとつである autodesk と言うCADソフトメーカーがあるのですが、ともかくこのメーカーさんは、次々とタブレットアプリなど発表していて、その中のお手軽3Dアプリ「 123D 」に驚きです。四方八方から撮影した写真データを元に3Dに変換してくれると言う優れものです。
火事にでもあったようなマグカップの写真はまさしくソレそのまま。事務所に戻って、早速インストールして、手近にあった自分のマグカップでコソコソとお試し。写真の枚数が足らなかったのか、エラい状態でも360度クルクル回せます。思わず笑ってしまいます。何しろマグカップの柄から畳の柄までめっちゃリアル〜〜。

普段の仕事で3Dを使わないのかと言うと、もちろんそんな事はありません。3Dでアイデアを練る事ももちろんあります。それでもやはり2D的な表現にしながらプレゼンテーションに使うことが多いです。そして実3Dの模型をチマチマ作ったり。
しかし、この「 123D 」を少し遊んでみると、もっと何かができるような気がしてきます。意味はまったくありませんが、作った模型を3Dにしてみたくなってきました。このお手軽さは本当にスゴいです。
遊んでばかりいないで、仕事しろって感じですね。