100冊のダイアリー展

年末最後のイベントに、大学時代の友人が催す「100冊のダイアリー展」に行ってきました。去年もお邪魔したので、一年ぶりの再会。

独立してテキスタイルデザインを中心に活動している彼女が、作品作りのモチベーションを高めるために自ら企画し、毎年100冊分の手作りダイアリー表紙を作っての展示販売を昨年から始めました。彩色した紙を樹脂でコーティングし、結構しっかりしたつくりになっています。仕事の合間といえ2〜3ヶ月を費やして制作しているのだそうです。すべてが手作りだから結構時間がかかっているはず。

伺ったのは二日目のお昼ごろですが、年末に関わらず、途切れなく人がやってきます。毎年買うことに決めましたという方もいます。屈託無い明るい人柄が、なおのこと皆を引き寄せるのかもしれません。

負けてられないよな〜と思いながら、応援に1冊購入。

実はもう何年も手帳を使わないスタイルになってしまったので、スケッチブックの表紙にしておけば、これを見るたび来年は頑張れそうな気がします。

よいお年をお迎えください。

http://ayumi-shima.jp

このままモヤリンピックで良いのかな。。。

ポップコーンマシンの車輪

2020年東京五輪に向けてトップクリエーター2氏を巡る一連の騒動は、新国立競技場にしても、エンブレムにしても、個人的にいつまでもモヤモヤした思いが拭いきれないでいます。しばらく前から何か書いてみようと思いましたが、なかなか考えも思いもまとまらず、ただダラダラと傍観していました。頼んだ人、作った人、選んだ人、見守った人、誰も晴れた気分に到底なれそうにない、この事態がどう収拾着くのか一国民には検討もつきません。

曲がりなりにも作る側の立場から少しばかり気になることがあります。
今回は建築とグラフィックデザインの成り立ちが人目に晒され、多少なりとも関心の的になりました。そのこと自体は良いことだと思うのですが、この騒動においては、他者から見るとその過程がとても懐疑的に伝わっていたことです。経済や利権や盗作や疑惑と言ったフレーズにかき消され、さらには不勉強な方々にまで好き放題揶揄され、デザインの善し悪しさえどうでもよく創作側の意見や主張はどこまでも添え物にしか見えないようになっていることでした。
両氏に対する見解はともかく、創作の立場に関わる方ならなんとも歯がゆいものを感じた方は少なくはないと思います。違うのかな。。。

挙げ句の果て両騒動の成り行きは、有無も言わさず再コンペとなりました。これにも正直、肩の力が抜けてしかたありません。ひ弱な私だと、創作の意欲がスッカリ無くなりそうです。

この際、新国立競技場にしても、エンブレムにしても、一度決まった両氏にもう一度頑張ってもらえばいいジャンと正直思います。その制作の過程に審議の公開なり一般参加の投票なりを加えてクリアにすれば、十分ではないのでしょうか?

両氏とも国を超えて評価されるトップクリエーターなのです。改めて依頼するのは、気持ち悪いことでしょうか?その人たちを信じてよくはないのでしょうか?
このまま時間が経ち、この騒動が忘れ去られる事になんとも言えぬ寂しさと共に危機さえも感じています。

 

3Dのアレコレに驚いた

IMG_0465

つい最近、グラフィックデザイナーの施主さんと一緒にお昼をする機会があって、 世間話やら仕事の話やらアレコレと少し盛り上がった。そんな話の中で、最近の3D事情の話は職業柄もあってやはり興味が湧きました。具体的には、個人でも購入が可能になって来た3Dプリンターを使っての小物製作などを事業化出来ないだろうかとか。

正直なところ、建築という3Dを職業にしながら僕自身は3Dより2Dが好きな方で、特にひと昔前の3Dにありがちなどことなく蝋人形のうような質感がどうしても肌に合わない。なので、グラフィックであってもリアルな表現よりもラフなスケッチの方が興味に向いていました。しかし最近、テレビアニメでも見られるような3Dだか2Dだか分からない、ゴチャ混ぜな感覚や、動かなければ3Dでの製作と分からないクロスオーバーな状態は、なんとなく肌に合わないと言う表現では済まされなくなってきてしまった。正直にスゴイと思います。

施主さんとの話に戻って、3Dプリンターの次に教えてもらった3Dアプリが、またスゴイ。建築の世界でも主流のひとつである autodesk と言うCADソフトメーカーがあるのですが、ともかくこのメーカーさんは、次々とタブレットアプリなど発表していて、その中のお手軽3Dアプリ「 123D 」に驚きです。四方八方から撮影した写真データを元に3Dに変換してくれると言う優れものです。
火事にでもあったようなマグカップの写真はまさしくソレそのまま。事務所に戻って、早速インストールして、手近にあった自分のマグカップでコソコソとお試し。写真の枚数が足らなかったのか、エラい状態でも360度クルクル回せます。思わず笑ってしまいます。何しろマグカップの柄から畳の柄までめっちゃリアル〜〜。

普段の仕事で3Dを使わないのかと言うと、もちろんそんな事はありません。3Dでアイデアを練る事ももちろんあります。それでもやはり2D的な表現にしながらプレゼンテーションに使うことが多いです。そして実3Dの模型をチマチマ作ったり。
しかし、この「 123D 」を少し遊んでみると、もっと何かができるような気がしてきます。意味はまったくありませんが、作った模型を3Dにしてみたくなってきました。このお手軽さは本当にスゴいです。
遊んでばかりいないで、仕事しろって感じですね。

はーどでぃすくの箱

IMG_1658

しばらく前に自宅テレビの録画用に、Logitec というメーカーのハードディスクをネット販売で購入しました。届いた箱の外身はずいぶん質素な感じでなんだか印象が良い。エコを意識した今時のパッケージデザインと言ってよいだろうか。
で、開けてみて中の梱包を引き出してみて、実は驚いた。外身と同じ段ボールで組まれた様子は特別な訳ではないけど、見た目がなんだかちょっと可愛い感じがする。さらに開き始めると、見慣れた梱包はちょっとバラケタ感じがするか、切り目に引っ掛けただけぐらいに見えるものだが、この梱包はずいぶんしっかりしているし、細かく分かれることもなくフタとハコの二つにしか分かれない。普段見慣れた感じとちょっと違うと思い始めた。
ハコは段ボールがさらに複雑に折り込まれており、オスメスの噛み合わせで一切ノリは使われていない。奇麗に開けると、ほぼ一枚の紙に拡がる。見事な折り紙細工だと感心してしまった。組んだ時には、衝撃を減らすように中身のハードディクスを中空に浮かすようになっている。なにしろ無駄が本当に少なくスバラシい。このパッケージを考えられたデザイナーさんかメーカーさんは、悩むぐらいによく考えたのではないだろうか。

続きを読む

TOYOTA Camatte 〜 未来の大人へのデザイン?

「東京おもちゃショー」でトヨタが発表した子供のが乗れる自動車が話題のようです。ネットで見つけて、こりゃかわいい。これ、乗りたいな。と素直に思った。で、併せて懐かしさを感じたのだけど、何故かと思えば、子供の頃にプラモで作ったドイツ軍の軍用車キューベルワーゲンとかにそっくりだからと納得した。そう考え始めるとなぜか不思議な感覚に捕われる。
子供の頃はなんにも考えずに軍事兵器に憧れをもって、プラモを買いあさった。全部作りきれる訳でなくでも、机上の棚につみ上がるプラモの箱を眺めて嬉々としていた。最近ならゲームにしかり、多くの男の子の軍事ものへの興味は今も変わらないだろうし、大人になった今の自分も実のところ嬉々としている。兵器ものの話に詳しい友人の話を、身をのりだして楽しんでしまう。これは、ウラ返せば平和って事なのだろうか。昔のことだと割り切れる自信は自分には無い。。。

もうひとつ思ったことは、なんとなく今の「デザイン」がみな懐古、回帰趣味に偏りすぎているように思えてしまうこと。デザインの流行が循環する事とも違うように思える。映画にしてもリメイク版が多いのとなんら変わらない。ネタ切れと言ってしまうと、同じようにものつくりをしている身としては辛いのだけど、自動車という一番未来を想起させるプロダクトには、次なるデザインを期待をしてしまっている。懐古趣味はマニアなところにとどめておいてほしい気がしてならない。単にあまのじゃくな自分は、右に習えが嫌なだけかもしれませんが。
言うは易しでも、未来の大人向けのデザインが、デザインのリサイクルでは寂しくはないだろうか。違う解答も併せ持っておいて欲しい気がする。

自分の事は棚に置いて書いておきながら、この「Camatte」が公道走れるなら、マジに考えてしまいそう。もはや意志薄弱。

 

デザインとユーザビリティ

つい最近、グーグルの検索画面とカレンダーがなんだかスッキリしたデザインに切り替わった。ぐっと見やすくなって、どちらか言うと機能に傾いたグーグルのイメージとちょっと違う。スケジュールの管理はほとんどグーグルのカレンダーを使っているから、なんとなく嬉しい。そう言えば、写真のサイト「picasa」もちょっとデザインが変わっていたな。それぞれ使い勝手も若干良くなった気がして、もう少し積極的に使おうかな。と言う気にさせてくれる。

まだベータ版だし試していないが、グーグルが今一番目玉にしているソーシャルネットワーク「Google+ プロジェクト」のデザインは本当に良さげな感じがする。Facebook よりも日本人の好みに向いた仕様になっていると記事を読んだけど、個人的にはそれよりもこのデザインに惹かれている。ちょっと使ってみたい気がします。Google+ の記事を探して読んでみると、どうやら元 Apple の方が関わっているそうだ。それでだけで、訳も分らず「ナルホド」と納得してしまう。

なかば趣味でブログやサイトのデザインも自分でやっているからよく分かるが、サイトのデザインは見た目だけでなくユーザビリティがとても重要。自分のサイトは、どんどん崩れて行くから正直目も当てられない。始めの内は良かったのに、アレコレしている内にプログラムはくちゃくちゃ、デザインもどこをどういじれば良かったのか訳が分らなくなってしまう。まさしく建築の設計も同じ。ものづくりには共通することだと思うけど、始めのコンセプトをしっかり見定めないと魅力は生まれない。

そんな訳で、Google+ に刺激を受けて、凝りもせずブログのリニューアルを目論んでいる。と言うか、チョロチョロ始めているところ。最終的には、物件の紹介サイトとブログを切り離して極力シンプルに読みやすく楽しんでもらえるサイトを目指そうと思っています。

横尾忠則はやっぱり違う

雨降りが続くとホントかないませんね。今日はそんな事を言う場合でなく、西脇方面のとある物件のプレゼン続きで概算見積持って打合せに。新境地に向かって?精一杯頑張ってみたので、さあ後は運任せです。

その後、西脇にある大きな保育所へ。その保育所さんとは10年近くのお付き合いをしています。こちらは10年前に新園舎のプレゼンをさせて頂く機会があったのですが、じつはあえなく落選。なのですが、変わった設計士と、どう言う訳だか園長さんには気に入って頂いており、その後送った年賀状がきっかけで、工事中から他社の設計内容の相談を受け。竣工後もチラシのデザインやら内装の変更、記念写真の額縁の選定など細かな事があると呼んで頂けるようになりました。面白い園長さんなので、こちらもへいへいと伺うようになりだらだらと時間の過ぎることもあります。面白いものです。

その保育所に行って時間のあるときはいつも、すぐ近く日本のヘソ公園にある岡之山美術館に立ち寄ります。ここは画家(元デザイナー)横尾忠則氏の小さな美術館で、磯崎新という大建築家の設計です。今日も同じ様に立ち寄ると「横尾忠則いまどうしてる?西脇展」なんとも気の抜けたタイトル。何が飾ってるとかそんな事は気にせず、いつもの様に受付の呼び鈴を鳴らします。よくこんなんでやれるよな。と思いつつ、いつものようにぶらぶら廻り始めると、今回はツイッターのつぶやきと絵が一緒に並べてありました。なるほど。その一言一言が結構面白い。やっぱ違うよな〜。別室で絵を描く横尾さんのビデオが流れていたので、ついついそのまま眺めていると。個展は2年後まで詰まっている。。。とテロップが!やっぱ違うかも。。。そのビデオの一場面で、昔の絵に絵筆を入れています。どこだったかの美術展の図録にこの作品は載ってるんだけど、もうその絵はこの世に存在しないの。。。と、ひと言。やっぱ違います。

ポスター1枚買って帰りました。

ひこねのよいにゃんこ

暖かそうな写真だけど、寒い話。

ヨメさんが義姉さんに買って来た「ひこにゃん」ではなく「ひこねのよいにゃんこ」。よめさんも「ひこにゃん」と思って買って来たらしいが、残念ながら「ひこねのよいにゃんこ」。

デザイン活動に携わっていながら、この事を知らなかったのが実は恥ずかしい。キャラクター管理にずさんな彦根市に、作者の「もへろん」さんが改善を求めたが聞き入られず、やむなく著作権侵害を理由に調停を申し入れた。「ひこねのよいにゃんこ」は、彦根市が著作権を持つパターン以外の創作を認められ、誕生したキャラクターなのだそうだ。「ひこにゃん」もホンモノだけど。「ひこねのよいにゃんこ」もホンモノ。と言う訳だ。

デザインという知的生産がなおざりにされるのは、文化意識に乏しい証拠。自治体がそう言う事をしては、国としての文化程度がしれている事を表してしまう。どこかの国の模造品を批判出来なくなるではないか。それに苦しんでいる自治体も多くあるというのに、身内でそんな事をしては悲しい事だと思います。

「よーし、ぼくはがんばるぞ」演劇のご案内

群青亜鉛のサイトへ

しばらく前に、ヨメさんの手伝いで演劇のチラシのデザインを手伝わせてもらいました。公演間近に迫って、今頃宣伝では遅いのですが、折角なのでご紹介。

数年前から年1回程の公演のチラシをやチケットの手伝いを続けています。社会派と言うべきなのでしょうか。昔の事件と現代の世相が混沌とから見合う様な、そんな印象のお芝居です。幾度か公演を拝見していますが、その度に何か考えさせられるものがあります。

今回の公演は11月7日から、ご興味ある方は是非ご覧になって見て下さい。

追記:20081110

先にチラシの制作をお手伝いさせていただいたお芝居 焚火の事務所  公演「よーし、ぼくはがんばるぞ」を先週末に観てきました。

小学校近くになるマンションの一室に住む、すこし複雑な家庭事情を背景に既に両親を亡くした成人姉弟たちの物語。家族の関係や兄妹の関係に微妙な軋みをそれぞれが感じながら、生きる事にもそれぞれが苦悩を背負っています。ちょっとした事でもイザコザ。少々暗い家族(姉弟)の様子を描きながら話は一体どうなるのかと思いきや、思い詰めた弟の取った行動が、近隣周辺を巻き込む思わぬ事件に展開していきます。やってしまったその事で、姉弟たちは自分たち家族の絆を見直さざるを得なくなって行くというお話でした。

暗い雰囲気に見始めてどうなって行くのだろうかと、正直不安になりそう感じでしたが、話が進むにつれ予想の出来ない事件が起こり、盛りあがりと言うよりもなだらかな緊張感に包まれて行きました。むずかしいテーマだと思うのですが、もしかすると自分の身にも起こるかもしれない、と感じさせ考えさせられました。

再演を見つけられたら、是非ご覧下さい。