今のスポーツってなんだか凄い。

 今月の初めごろラグビーワールドカップを花園ラグビー場まで観に行ってきました。ジョージア対フィジー戦。偶然にもチケットを頂く機会に恵まれ、何十年か振りのラグビー観戦を楽しむことが出来ました。

 駅前から続く会場までの行列には外人さんも混じり、駅前で入っためし屋ではラグビーの話題を持ちかけられ、試合観戦だけでないワールドカップならではの雰囲気にすっぽり包まれました。雨降りの中、ポンチョを被りながらの観戦でしたが、試合はテンポよく攻守入り乱れ、フィジー選手の華麗な球さばきはまるでハンドボールでもしているかのよう、思わずうなり見入ってしまいました。

 そして、日本がベスト8で敗退してしまい残念なところですが、今回の日本チームの躍進は驚きを超えて感動さえもらえました。

 ただ久しぶりにラグビーを続けて観はじめて、昔に比べ試合のスピード感がすごく増していると感じます。きっと選手の体力技量も上がり、試合が面白くなるようにルール改正も年々繰り返された結果です。

 それは他のスポーツでも同じく感じます。今ならバレーやら卓球やら、いろいろなスポーツがひと昔とは全く違う。スター選手をテレビで観ていると、必殺技を繰り出すゲームキャラクターのごとく、まるで異次元な感じがします。

 これらはやはりスポーツ科学があってからなのでしょうか。選ばれたエリートの科学的トレーニングに科学的ゲーム戦略モロモロ。今も努力と根性で成り上がる人はもちろんいるでしょうが、とてもそういう時代では無いのでは?とも感じてしまいます。科学が目を向けないスポーツはきっと生き残れないのでは?

 スポーツは得意でないので自分に置き換えられませんが、今のスポーツ選手を憧れにできる人は果たして一体どんな毎日を過ごしてるのだろう。。。とても気になります。呆気に取られる選手の一挙手一投足に、フィジカルもメンタルも足らないボクは漠然と不思議に思うのでした。

大雪とオリンピックに身震いしています。

西宮船坂201402

別にどこに行ってきましたと言う訳でなく、写真は先週金曜日に現場へ向かう車中から撮った西宮・船坂の風景です。東京でも記録的な大雪になりました。今も山梨や長野の山間部は大変なことになっています。

一方、ソチ・オリンピックでは、白銀の中を選手達が華麗な演技を見せてくれています。日本からも最年少、最年長のメダリストが生まれる様子に、ついついテレビで夜更かし気味です。
ですが、2月生まれのくせに寒さが苦手、思いっきり寒がりなので、エラい事や、どちらの映像を見ても肩がすくみひとりブルブル勝手に固まってしまいそうな気分です。

と言え、年々冬は温くなっていると思っています。西宮市街で積もった雪を見るのは久しぶりでしたが、以前は普通に積もっていました。去年の夏のとんでもない豪雨と今年の大寒波と大雪は、決して別物ではないような気がしてなりません。どこかおかしい。これらの気候の変わり様は、自然が人を試しているのでは?とさえ思えてきます。

冬のスポーツは、自然に挑む人間の行にも見えます。僕は決してやりません。

2005年12月、西宮の冬景色
2005年12月、西宮の冬景色

なでしこJAPAN

女子サッカーワールドカップで日本が宿敵アメリカを破り初優勝しました。夜中に放送された中継をご覧になられた方も多いのでは。コレまでは結果だけをニュースで観て、へ〜っスゴイスゴイと歓声を上げておりましたが、さすが今回は生で観てみたくなり、ピッチで死ぬまで走ると語る選手には申し訳ないですが、ゴロ寝のまま、たまに響く実況の声に揺り起こされ、(ほぼ)すべて見終え少々感激モードです。窓の明るくなった頃、PK戦の頃にはすでに起き上がっていました、でも今眠たい(笑)。

最後の最後まで諦めず前向きな戦いを挑んでいたなでしこの姿は、ホント良かったですね。今回の試合を通し観て、結果が全てなスポーツの世界でありながら、その経過の全てが彼女達の全てであったような気がします。もし優勝を逃していても、この感激感はほとんど変わらないでしょう。もちろん優勝に越した事ありません。

でなぜか、試合は施行中の現場で、アメリカチームが施工者、なでしこチームが設計者の姿に、どことなく重なる様に後から思えてきました。まったく例えが可笑しいのですが、様子を伺い仕掛けずにいると、先制し隙をついてどんどん攻めて来る大きな身体のアメリカ選手。これが、黙っていたらどんどん先に進めてしまう施工者と同じに見え。逆に、小さな身体でも諦めず相手のミスを取り込み自分のものとしたなでしこが設計者に思えて来た訳です。いや、もちろんコレはとてもご都合良い素晴らしいイメージの膨らみですが、一転して、ゴール前まで力を振り絞って走らなければ結果は出なかった訳ですから、むしろそれが設計者のまずい姿に思えた訳です。

むろん結果はどうであれ、余程の事がなければ建物は完成してしまうのが世の常。ですが設計・施工共、その経過にどれだけの諦めないストーリーを孕んでいたかで、建物が持つ良さも変わると思っています。経過が全てであり結果が伴う。その結果で人を感動に導けるかは、スポーツも建築も実は変わらないのだ。
そんな思いが、なでしこJAPANの優勝に重なりました。