大スズメバチの焼チュウと日本蜜蜂のハチミツ

大スズメバチの焼チュウと日本蜜蜂のハチミツ

信楽で立体造形をやってる友人から、写真の2品が送られて来た。
彼が趣味でミツバチを飼ってるのは、2〜3年前に展覧会に訪ねたときに聞いていたことだが、最近そのミツバチの巣がスズメバチに襲われたことを聞いた。で、スズメバチ退治のあとに捕まえたスズメバチで作った酒があるから送ってやると言うので、それならハチミツもくれと返事したら、本当に送って来た。

ハチミツは糖度が少し低いので発酵するかもしれません。通常のモノは常温でも3年とか5年とかいいます。はじめて日本蜜蜂のハチミツを食べたときは、ハチミツがこんなに美味い物かと思いました。

信楽で畑の土地にミツバチの箱が2つ有るのですが、しばらくほったらかしにしていたら、スズメバチが占拠していました!
それまではミツバチが出入りしていた風景が2日前にいくと一転!異様な感じでした。慌てて装備に着替えスズメバチ対決。20匹くらいの小型のスズメバチを捕獲しました。一群のミツバチは全滅。もう一群は強群だったので、かろうじて生き残り守りぬいていました。熱殺でスズメバチが数十匹ころがっており、当然ミツバチもその何倍も山盛りになって終わっていました。スズメバチ対決で網を使って捕 らえたスズメバチは焼酎に入れスズメバチ酒になります。ナカナカです。過去の4年物が強烈過ぎで、今回のものとブレンドすると飲み易いかも。
さて大スズメバチの焼チュウへの入れ方ですが、まず網で捕らえます。そして予め口の大きなビンに焼チュウを入れておきそれに網をかぶせます。ハチは上に飛びますから網の上に上がって来たところを指で弾いて下のビンに落とし込み焼チュウで溺れて鎮静します。時々網から逃げて怒って向かってきます。
だそうだから、どっちも貴重なこと間違いない。身を挺して作る酒だから、頂くしかあるまい。
送られた瓶を開けたらヨメさんが顔をしかめて遠くにやろうとしたものの、スズメバチをこんな間近に見る事もないから、ごっつうキレイな〜と、それはそれで感心していた。
今晩頂いてみることにする。

森のおはぎ

foto_IMGP5694

ディスプレイにまず参ってしまった。昨日、所用で出掛けた豊中市役所の側(阪急岡町駅)で、こじんまりしながらも目を引く和菓子屋さんを通りすがりに見つけた。若いお母さんらしき二人の女性客がなにやら覗き込んでいる。近づいてみると、写真のようにおはぎがかわいく並んでいるだけ。創作的なおはぎは色合いも地味な感じもなく、質素ながらセンスの良い感じ。

店の奥から出て来たお姉さんに、変わってますねと言うと。みんなオリジナルなんですと返って来た。季節ものと言うおはぎは、小振りながら2百円を超す。ちっと高いな〜と思いつつも、オーソドックスなおはぎを入れて4種類買って帰ってしまった。

晩に義姉さんのマンションでヨメさんと3人で試食。おいしいやん、コレ。

店のしつらえと同じように、甘過ぎないアンコの素朴な味わいのおはぎ。これでもかって感じは無く。でも口にするとツブツブした餅米に微妙に雑穀を混ぜてあったり少しずつの工夫があって、意外な感じが嫌み無く、とてもさじ加減の良いお味でした。一同満足。

次の機会はなかなか無さそうですが、機会があればぜひ寄ってみたいお店でした。

映画「天のしずく」

一週間ほど前になりますが、「天のしずく」という映画を観ました。ご存知の方も多いと思いますが、NHKの料理番組でお見かけする料理家・辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画です。と書きましたが、僕は正直どこかで見たことあるような。。。ぐらい。スミマセン。

しかし映画を観てなんと言うか、いろいろ考えさせられました。自然農法などの手を掛けられた食材で、ごく普通の料理をどこまでも丁寧に作る。農と食を通して思想を語る姿は、伝統を守る建築家や大工さんの様でもあります。
映画は、辰巳さんの主な料理と調理の様子を、食材にまつわるエピソードを含めつつ順に紹介して進みます。中でも「いのちのスープ」と呼ばれる辰巳さんの亡きご主人のために作られたスープは、その作法を習いに料理人、医療機関の方など全国から人が集まるのです。そして、そのスープに救われた方の物語が続きます。

そりゃその方がイイのは分かってるよ!と言ってしまいそうなひとつひとつの積み重ねに、ともかく安易さがなく、いい加減な簡単レシピ?で済ませようとする真逆な日々の食生活に釘を刺された。そんな感じです。(決してヨメさんの事を例えた訳ではありません!!!)いろんな意味で余裕がないと出来ないと思ってしまう。。。
自然素材〜伝統工法〜などなど。それらと程遠く、簡単レシピに流されている我が生業と重ねて観てしまうところが多数。チクチクした後味がします。ただそれも数ある味のひとつと言ってしまうとそれまでですが、決して忘れてもいけない味だとも思いました。
機会あれば是非、ご賞味ください。

 

唐崎神社〜近江のみたらし団子

今日は、滋賀に友人が設計した小さな住宅の内覧会に行ったのですが、その前に、湖岸は逆の唐崎神社まで足を運びました。ここは御手洗団子発祥の地。元祖みたらし団子のお店があります。滋賀の観光案内でその事を見つけ、餅・団子好きとしてはなんとしても見逃せなかった訳です。

お店で団子を頼み写真を撮っておこうと思っていたのに、出て来た瞬間食べてしまった。そんなコトで団子のグルメ写真はありませんが、素朴な味でとてもグッドです。店のおじいさんに団子の由来を聞きながら、大の大人が朝っぱらから御手洗団子を三串食べてしまいました。もちろん友人へのお土産にも買っていきました。

実は、少し前に閉店した後に来てトボトボ帰ったこともあるのです。

熊野古道麦酒

熊野古道麦酒
熊野古道麦酒

夕方に山好きの友達が事務所に立ち寄ってくれて、ヨメさんに酒粕のお年玉を頂いた。行って来たばかりの熊野古道の話が出たので、しばらく耳を傾けるのだけど、かなり本格的な彼の話は吉野から熊野に行って四日振りの温泉浸かって高野山まで向かうとか、奈良の県境を一周しようかな、なんて話に膨れてしまう。庄司さん行く?その度、いやいやそれはご勘弁と毎回なってしまうわけです。

旅行の帰りに買った地ビール。ラベルがなんか格好良いですね。

観覧車でタイムスリップ

Ferris wheel

ほとんどひと月振りの書き込みです。しばらくプレゼンも重なり目の回る状態で、廻りを見渡す余裕もスッカリ無く過ごしておりました。この後もしばらくバタバタは続きそうですが、昨日一昨日は帳簿の整理から確定申告まで一気に済ませてひと段落。ついでに建築士法の改正で年一度の報告義務やらも終わらせて、ようやくとは行かずともちょっと小休止の気分になっています。
そんな訳でブログに書いておきたい事も色々あったのですが、このままどんどん流れて行ってしまうの前にぼちぼちと書いておきたいと思っています。

先月末の土曜日に淡路島へ渡りました。久しぶりにキチキチハウススナッグに寄せてもらったのですが、変わらぬ様子に時間が戻りなにやら緩やかな感動がありました。共にベニヤ板の床はすっかり生活に馴染んで手触りも良く、使い込んだいい味になっていたのが時間の経過を教えてくれます。
行き道で立ち寄ったサービスエリアの観覧車が、時間を逆行する入口だったかもしれません。

今晩は、スタッフと久しぶりに焼き肉を食べに。香櫨園駅近く「焼肉のまめ牛」初めての来店ってことで、気さくにサービスしてくれたのはよいですが2人にしては結構なボリューム。腹一杯になり、満足度大でした。

下の画像は、我がマックの様子。我がおつむも只今まさしくこんな具合です。

grandperspectiveGrandPerspective:Mac OS X のディスク容量を視覚的に表示するユーティリティです。 | Bridge 1 Software

直球勝負

NIKUMESHI

このストレートさは憎めない。
現場に向かう途中で入った中華食堂のショーケースの陳列は、
どれもが直球勝負という感じだった。
はじめてのメシ屋を選ぶ時、大きく二つに分かれる。
ひとつは店構えは小奇麗で、値段はそこそこに高いが、うまいに違いないだろう〜店。
ひとつは店構えは無頓着で、値段はそこそこに安いが、うまいに違いないだろう〜店。
今日はその後者、といっては「まずい」か?
店は満員で、すぐに入れなかったからサンプル模型に見入っていた。
うまそうに見えるとはショージキ言えない。が、興味をそそられる陳列。
ブツブツとコメントしていた。
メイン料理(サンプル)の出来はナンだが、なぜかラップのしてあるライスとスープの出来が良かった。
ラップの裾に溜まったこぼれたスープの色具合は絶妙だ。
それは実物じゃないですか?スタッフの冷静な声。
いや、そんな事は無い、結構ホコリかぶってる。
後ろにお待ちのおばちゃんがクスクス笑ってる。
番が回って来た、直球勝負!にくめし、ぎょうざ。
先に出て来たギョウザを一口。や、うまいやん。
なんだかグルメブログになって来た。
王子飯店
ネット見ていたら、あと一年ぐらいで店を閉めるという情報を見つけた。
2005年11月のローカルグルメ掲示板と、2006年6月のB級グルメブログ。
今は2007年1月。まだやってたよ〜。なにを書いてるやら。。。f(^_^;)
ともにオススメ記事でした。

要領を得ない

EKI

プランを練ったり図面を描いているウチは良いのだが、
申請業務の時期になるといつまでたっても落ち着かない。
建築事務所たるもの手慣れて当たり前の業務の様な気もするが、
これがなかなか、いつまでたっても要領を得ない。
後は書き込むだけと思っていたら、ひとつ聞きそびれた内容を見つけてしまった。
提出時に確認して書き込む事も出来るだろうが、折角CADできれいに仕上がった図面に、
早々から手書きの追記があっては、いささかさい先が悪いから気になって仕方が無い。
ぐずぐずしてたら顔見知りの営業マンがやって来て、いきなり鼻先を折られる。
うずうずしながら話を終わらし、神戸市役所に向かって昼飯より先に電車に飛び乗った。
案の定、着けば確認するのに5分とかからず、用事が終わってしまった。は〜。
そのまますぐ事務所に引き返すのは、あまりに勿体ないから、
テレビで放送されていた三宮センタープラザ西館地下食堂街にある丼屋に向かう。
昼も少し過ぎていたから、すぐに座れた。
出て来たのは、すじ玉丼。並。前払いで600円也。
これは結構行ける。。。うまい。かも。
と言う事で、今日はお札を払って昼飯食った事にしておこ。
糀屋(KOUJI-YA)

チキンステーキ?

EBESSAN

今年の福男は、去年と同じ人がなったそうだ。
2年連続で福男になるなんて、余程クジ運がいいのか?それとも余程走りが速いのか?
そんな事はおかない無しで、恒例のチキンステーキを食べに、いやいやお参りに行った。
やはり今年は人出が少ない気がするけど、それでもそれなりの人だかり。
賽銭箱にたどり着くのも、例年よりスムーズ。けれど、なんとなく物足りない。
そんな事を言っていてはバチがあたる。気持ち新たに、2礼2拍1礼しながら、
商売繁昌、商売繁昌、、、ブツブツブツ。
お札と福笹をフクヨカそうな福娘めがけて購入するも例年通り。
お参りを済ませば、恒例のチキンステーキの店に和牛ステーキを食べに行った。
それなりにおいしかったのだけれど、他の焼き鳥屋の追随を許さないあのチキンステーキは逸品だった。
狂牛病騒ぎでチキンにしていただけ、本来は和牛。とマスターが説明するなり、
テントにチキンステーキって書いてあるよ。と手伝いの子が言う。
どちらがホントか定かでないが、来年はチキンも揃えるそう。
一年越しの楽しみがひとつ。ご利益か。