西宮神社・赤門と大練塀の修復見学

 しばらく前から、西宮神社の赤門や周囲の土壁の塀やらを何やらゴソゴソ工事してるな〜と思っていたところ。先日参列した夏越の大祓の際に「重要文化財保全事業・現地説明見学会」のチラシをいただいた。へ〜そうだったのか。コレは面白そう〜。すぐさま申込。本日、その見学に行ってきたところです。

 参加者は30〜40人くらい。見学の前に、正式参拝をさせていただきました。普段は本殿の閉まった門の外からの参拝ですが、本日は本殿の中、祝詞やお払いをして頂いての二礼二拍一礼。普通に参拝に来られてた方の賽銭の入る音を背中で聞けました。これも初めての経験です。


 始めに廻ったのは、大練塀の修復現場。西宮神社を取り巻く土壁の大練塀はご存知の方は多いでしょう。幾度の修復ありながらも、最初の建造は室町時代だそう。この土壁は版築工法と言うもので、石灰やニガリを土に練り合わせ型枠の中でただただ突き固めただけ、芯のような物はないのだとか。言ってみれば、でっかい土レンガ?です。その上に瓦の屋根が掛かっていますが、元来風雨に弱いので、時代と共に風化します。
 全長は247M。高さは2.5M。根元の厚みはなんと1.5Mもあるそうですが、大震災には耐えられず、南北に建っていた塀の一部が長い間崩れていたのを改めて思い出しました。

 今回の修復では土の配合を念入りに検討し、出来るだけ初期の姿に戻すように検討されたとのこと。突き固めた後、壁の側面に板目がはっきり確認できるよう、型枠板にも浮づくり(うづくり)を施してありました。修理をされていない塀の屋根直ぐ下のところは雨風に耐え、以前からの板目が確かに見られます。なるほど、遠目でしか見ていなかったので、それにはずっと気付かずおりました。
 実は以前、事務所が西宮神社のすぐ側にあり、毎日のようにこの壁を見ていたのです。なのに、、、私の目はとんだ節穴だったことが分かります。


 次に廻ったのは、赤門前。今年は中止されてしまいましたが、年始の福男で有名な表大門です。こちらの創建は、1604年豊臣秀頼の寄進と伝えられています。それから417年?の間に幾度の修理はもちろんあり、今回は全面の赤色塗り替えを中心に、破損の扉を修復。工事時の状況など解説いただきました。

 念入りに塗り直す方針から、これまで外さなかったところも外しながらの作業。そうすると、外した部材の裏側に以前の修復時の墨書が残っているのが新たに発見されました。そこに年代が記されていたことで、寛文4年(1664)には存在していたことが確実な記録として改めて分かったとのこと。

 さて、塗り替えられた赤色は少しばかりオレンジ気味。こうした神社の赤色はみんな「朱塗-しゅぬり-」としか覚えていませんでしたが、施されたのは「丹塗-にぬり-」という物だそうです。材料成分が違うのだとか。とは言え、創建当時は素木のままだったとの調査記録もあるようです。

 会の後にネット検索で確認すると、日本の「朱」は少なくとも材料違いの3種類が主にあるのだと知りました。

  • 辰砂(しんしゃ)銀系 ・・・本来の朱塗の材料で、希少で高価。
  • 鉛丹 (えん た ん)酸化鉛系 ・・・丹塗の材料。
  • 弁柄(べ んが ら)酸化鉄系・・・一般的に朱塗と呼ばれることも多い。さび止め塗料の材料。

 よくよく読むと他にもありそうで、調べ始めるとキリが無さそうです。今回は保護のためにもアクリル樹脂を混ぜ合わせたと聞きました。ただどれも、身体に悪そうな材料です。作業の方々は、取扱にも気を使われたことだと思います。


 参加費無料と言うのにシッカリした資料を頂き、各所で丁寧な解説でした。最後には冷たい甘酒のおもてなし付、福々しい親切な見学会にホッコリしました。
 修復作業に携われる皆様、ご苦労さまです。作業はまだしばらく続くでしょう。夏場の作業に気をつけてください。

展覧会「大工さん展」と「建築と社会の年代記」

建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―神戸市立博物館

 ようやく冬らしい寒さになり、ほんのチラっとですが、この冬はじめて雪を見ました。寒空の中、大工さんと竹中工務店にまつわる展覧会を観てきました。

 まずは、竹中大工道具館で開催中の「大工さん展」近世の職人文化とその伝統。

 解説の中に書かれていたことですが、特に関わりの無い方でも何気ない会話の中に「大工さん」とさん付けで呼ぶ習慣があります。なぜか親しみ深い。映画やドラマの時代劇には、必ずと言ってよいほど「大工さん」が現れます。登場人物としては外せない職業。展示に紹介もありましたが、落語には人情もろい大工さんが沢山出ているような気がします。
 昔々から建築工事は日常茶飯事な身近なもの。それだけ就労人口も多く、当たり前にある職業のひとつに感じていたのだと思います。しかし今は3Kやら言われて大工さんが減っているのが実情ですし、出来上がりのマイホームに移り住むだけで工事過程を覗くこともない施主さんも増えているでしょう。親しみを込めて呼んでいた「大工さん」は、だんだんと過去のものになりそうな気もします。

 その足で、神戸市博物館で開催中の「建築と社会の年代記」 竹中工務店400年の歩み  も観覧に。

 竹中工務店と聞くと、ゼネコンの一社ぐらいだけに思っている方も多いのではないでしょうか? 建築に携わらなければ、私もその一人。ですが建築士を目指す学生時分は、建築家を多数輩出している竹中工務店の設計部は憧れの一つ。才覚あるなら行きたいぐらいに思うのは当然でした。
 展覧会の見出しにもありますが、竹中工務店は400年の歴史になるそうです。明治の終わり頃に、工匠・竹中藤右衛門が神戸の地に創立、とあります。町の工務店の一つだった訳です。当初から施工技術だけでなく、建築意匠にも拘る社風があり、今では建築界のエリート集団なイメージさえもあります。
 展覧会は400年を一堂に会するとさすがエライ物量です。じっくり見たわけでもないのに3時間近く費やしました。厳選し展示された昔の青焼き図面が美しく、手書き図面の設計者の苦労が偲ばれます。これらは氷山の一角。このとんでもない資料群を保管するだけでエライ事になりそうです。とは言え何もかもがコンピュータになり、モニタに映されるCAD図面で展示が済まされるようになると、間違いなく寂しさを憶えてしまうだけでなく、そこに人が介在していることさえ気付かなくなりそうです。

 ふたつ展覧会を観ながら、「大工さん」に及ばずとも「設計屋さん」を知ってもらい、さらに過去のものにしない為には、今をもうちっと頑張らんとアカン気がしました。

竹中大工道具館 | 大工さん展近世の職人文化とその伝統
竹中大工道具館 | 大工さん展近世の職人文化とその伝統
竹中大工道具館 | 大工さん展近世の職人文化とその伝統

作家 木下昌輝 *「金剛組」木内繁男棟梁トークイベント

隆祥館書店トークイベント

大阪谷町にある本屋さん隆祥館書店のトークイベントを聴講してきました。

 初めて伺った隆祥館書店さんは、一見すると都会によく見かけるビル下の小さな本屋さんですが、下火な出版業界を危惧しこうしたトークイベントを4年ほど前から始めて、今ではその筋で人気の講座のようです。
 ビル横手にある小さなエレベーターで8階にある会場へ。
 小さな集会室にパイプ椅子がスシ詰めに並んでいるのがすぐ目に留まりました。下履きを入口で手渡されたビニール袋に詰込み、会場へ促されれば余裕無く並んだ椅子に座り込むしかありません。背中のリュックを身体を捻りながら前に持ち直し、手元の荷物を整理し終わった時には、もうそこから出られそうにない雰囲気。
 今回、小説家木下昌輝さんが「金剛の塔」を上梓された記念イベントとのことですが、実は木下さんの小説を読んだことがないどころか、お名前も知らずに会場に来ました。このイベントをヨメさんから伝え聞き、「金剛組」木内繁男棟梁の話を聞けそうなので足を運びました。お二人共に人気なのでしょうか、客席はスゴイ人口密度に熱気やなにやらムンムン、明らかに換気不足な感じ。今ここで何かが起ころうものなら一巻の終わりだな〜なんて思っている内、講座がスタートしました。

 トーク全体の構成は、木下昌輝さんの「金剛の塔」についてと言うよりも、そのモチーフとなった建設会社「金剛組」について、五重の塔の建設現場や職人についてのお話を木内繁男棟梁から伺うのが中心でした。
 「金剛組」は、聖徳太子の時代から継がれてきた1400年の伝統をもつ寺社物件中心の建設会社です。さらに8組ほどに分かれ、総勢100人ほどの宮大工が在職されているのだとか。普段接する建設現場とは、まったく違う世界がありそうです。

 渋めな声で気さくに話しをされる木内棟梁ですが、語り始めの話が個人的には面白かったかもしれません。
 職人世界で「技を見て盗め」とよく言いますが、具体的には「掃除に廻れ」と若い職人に言うのだそう。その心は、箒とちり取りを持って廻れば邪険にされず、近くに寄って熟練の仕事の様子を見ることが出来ると言うのです。なので、掃除が行き届きすぎる弟子を見ると、(仕事を盗めてないから) コイツぁ伸びないかな〜と思うのだそう。まじめすぎてもダメな訳で、要領良く立ち回れなければ技も盗めないということですね。掃除がまったく出来てないのも困りモンですが。。。
 技術が卓越していることも大事ですが、棟梁は多人数の大工を束ねる頭ですから、いかに人を配分するかも気を使うのだそうです。若い時分にはそんな事かまわずひとり技を磨くことだけに集中するものですが、現場全体を束ねるとなると折り合いの悪い大工集を組にすると仕事が進まなかったり、良い仕事ができない。人事なことにも悩むようにもなって、イロイロ気付かされたそうです。

 作家の木下さんが「金剛組」の取材をしたなかでも、記憶に残る家系図の話をされました。
 「金剛組」は、飛鳥時代初代金剛重光から始まり、数々苦難はありつつも金剛家一族で受け継がれながら現代までつづきます。その家系図を見て木下さんが驚いたのは、必ずしも長男が受け継ぐのではない組織であったこと。あくまで技術の継承を念頭に、技巧が足らなければ長男が跡を継ぐことはできなかった。親戚一同の中で長となる適任者を常に頭に据えながら、時代を超え寺社建築の技術を守り通して来たのだそうです。今で言えば能力主義なのでしょうが、それを聞くだけで波乱の多い歴史を持つだろうことは想像できそうです。

 その他、大工仕事の技術的な話をはじめ、法然寺(高松)に建設された五重塔の建築中写真のスライド紹介や、持参いただいた継手模型を説明いただいたり、短い時間にイロイロなお話を伺うことができました。
 建築工事は想像されるよりもシビアな世界です。木材が沢山積まれた様子を見ると、ひとつやふたつ余裕があるものと思われそうですが、高い材料になればなるほど、適正に拾い出し必要数しか現場に届きません。失敗すれば、やり直しの材料は工務店の持ち出しです。
 そんななかで後継を育てるためには、若い衆に高価な材料の墨付けや加工を任せることがあります。たかが木材と思い気や、ひと度間違えるとウン百万って材料が使い物にならなくなる時もあるのです。ヒヤヒヤしながら弟子の手元を見ていると、棟梁は夜も寝られなくなりそうです。木内棟梁の工場にも、実はそんな材料が眠っているのだけど、なかなか使い回しができないのですよ。と笑いながら頭を掻かれている様子に笑えるようで笑えません。

 さて、この続きに小説「金剛組」の感想など書ければ良いですが、それはまたの機会に。