セミナー「江戸時代の大工さん」- 大工頭中井家と大工組 –

江戸時代の作事願書
昔の確認申請書。墨の印鑑がなにやら恰好良い。

 大阪くらしの今昔館館長・谷直樹先生の講座を聴きに行きました。

 江戸時代に活躍する中井家という大工頭の系譜や実績を1時間半、憶える間がないほど次々と紹介された濃密な講義でした。スライドも盛り沢山、興味深い話もいっぱい聴けたのですが、情報量の多さにナニがナンだったか既に分からなくなってます。(笑)
 なんとか思い出せるところをいくつか。。。

 まず中井大和守(やまとのかみ)初代・正清という人物。徳川家康に抱えられ二条城・江戸城・名古屋城など名だたるお城を次々と建てた大工棟梁の親分です。そして、十万石大名と肩を並べる従四位下と言う役職を授かっていた事は、大工という職業人では前代未聞。
 時代も時代、城郭を建てるにはスピードと技術が必要、ひと声掛ければ全国のスゴ腕大工を集められる、今で言えば大工協会会長?です。話によれば、急を要した名古屋城の天守閣は、集めた大工で3ヶ月の突貫工事で建てたのだとか。現代ではそこまで技術ある大工さんが揃わないので、1年や2年間違いなく掛かるそうです。もし建てられなかったら打ち首になったのかもしれませんが、想像するだけでも驚愕な話です。

 その後も繁栄続く中井家は、お城だけでなく寺社仏閣・御殿も次々仕事をこなします。数もあるだけ技術も上がりゼネコンさながら、日本の文化遺産の多くは中井家無しにあり得ません。またそうした仕事の資料が今の中井家に数多く残され、それらを読み解くことで歴史も辿れます。いわゆる施工図が残っているので、それを頼りに史跡を探ることも度々。そこから新たな歴史の解釈もあり得る訳です。
 建築士に身近なところでは、江戸時代の作事願書(今で言う確認申請書)の実物を拝見しました。当時の贅沢禁止令から庶民は必要以上に大きな建物を建てさせない規制がありましたが、そうした規制から逃れたどうみてもサイズオーバーな違反建築も資料から推測できるとか。

 他に面白いところで、渡来した象を将軍さんが見物するときの設営図とか。(余談では、その後の像のエサ代が偉いことになっていたそうです。)。。。などなど、谷先生は話が尽きない様子でした。

 講義最後にオマケ話もいただきました。谷先生はNHKドラマなどの風俗考証などもされているそうです。今、放送中の「スカーレット」も。
 ドラマに現れる街の風景には、突き当りのT字路セットが多く観られる筈。普通の十字路交差点では、ずっと先までセットを作るのが大変だからです。江戸の風景には本来T字路は少ないはずなのだけど、もろもろ諸事情から。。。
 ほ~、なるほどなるほど。

展覧会・講演会「木組」

竹中大工道具館「木組 分解してみました」

 竹中大工道具館での展覧会「木組 分解してみました」を観て、当日開催された講演会「木組とはなにか」を聴いてきました。

 会場にあった木組の展示は、今でも一般的な木造建築に使われる継手・仕口はもちろんですが、これまで見たことがない面白いものも展示されていました。また、ギタードと呼ばれるフランスに伝わる曲面3次元な木組みや、伝統工芸に見られる指物、組子などがあり、大きなもの小さなものが並列に展示されているのが印象的でした。
 神戸ではあと半月程ですが、お近くの人はぜひ足を運ばれてはいかがでしょう。個人的に、今回のカタログは小粋で内容も備わりお買い得な感じがしています。
 講演会の時間が迫り、観賞そこそこに会場を離れてしまったのは残念。

 お昼からの講演会は、大工の阿保昭則氏、指物の須田賢司氏、組子の横田栄一氏の三者と、大阪くらしの今昔館館長・谷直樹氏の司会進行で進められました。まずはそれぞれお仕事の話、その後はインタビュー的な構成です。
 木組みをテーマにどんな話しになるのか。それぞれのお話はとても興味深いものでしたが噛みあうような噛みあわないような不思議な印象、残念ながら木組みのようには行きませんでしが味わい深く、2時間を超える講演は足らないぐらいに思えました。

 講演最後の辺り、図面を重視されますか? 現代技術・伝統のどちらを重んじますか? 谷氏からの問いかけに対し、
 大工・阿保氏は、建築は全体の納まりがあるので図面があくまで基本、伝承には間違いも多いので経験上伝統はあまり重視しない。
 指物・須田氏は図面は当たりぐらいにしかなく、木工の歴史はまだ浅いのですが伝統を重視しています。
 組子・横田氏に至っては図面はほとんどありません。どちらか言えば伝統を大事にしたい。
 と言ったくだりは、それぞれにお仕事の内容にもよるのでしょうが、基本的な考え方の違いが見える面白いところでした。

 展覧会を思い返しそれぞれの展示品を図面化するなど、実のところ、とてつもなく途方もない事に思えてきます。これらの物・技が見よう見まねだけで伝わるものとも思えず、人はそこに一体なにを求めているのか、必ずしも必要だけで生まれた訳ではない不思議な世界がそこにはあります。

竹中大工道具館「木組 分解してみました」

開館35周年記念巡回展「木組 分解してみました」https://www.dougukan.jp/kigumi/
阿保昭則氏(耕木社)http://www.koubokusha.co.jp
須田賢司氏(木工藝)https://www.mokkougei.com
横田栄一氏(栄建具工芸)/NHK長野「わがまちの手仕事」https://www.nhk.or.jp/nagano/teshigoto/100311.html
 /しげの家から行く長野の旅 http://www.shigenoya.co.jp/stay/yokota/

見学会:聴竹居|藤井厚二

聴竹居

猛威を振るった台風21号のあと、聴竹居へ2回目の訪問。7年前に一度来ています。今回は竹中大工道具館のイベントの抽選に当たり嫁さんと再訪しました。7年前のブログを読み返すと、今回来て感じた事とと同じような感想を綴っていました。今回もまた特に下調べもせずの訪問ですが、同行のイベント参加者が少なめであったこともあり、案内の方の解説をゆっくり聞けたことは良かったです。

改めての印象第一は、聴竹居は見かけ以上に贅をつくした建築ということです。設計者・藤井厚二の自邸としてなんと5つ目の建築。気に入った宮大工さんと建築工事を進めたとの話。甚だ羨ましいかぎり。

建物としては、空間的立体的な繋がりよりも一面的でグラフィカルな表現を強く感じます。歩きながら空間を楽しむと言うよりも、ポイントポイントから見るビジュアルを強く意識されているのでしょうか、敢えて言い換えると平面的な印象がします。
藤井氏は当時のイギリスの建築家マッキントッシュに強く影響を受けたのでは無いかと解説を頂きました。時代は違いますが、絵画で言えばモンドリアンなど幾何的な構成表現に趣向があったのだと感じます。
氏の設計図に加え、やや神経質にも見える緻密に描き込んだスケッチブックを拝見すると、建物に受けた印象をさらに納得する気がしました。

藤井氏は環境工学が専門であったことで、聴竹居は光や風を上手に取り込んだ設計により画期的なパッシブ住宅として紹介されることも多いのですが、一方で贅沢な設備設計が為されています。当時としては珍しい電気冷蔵庫を海外から輸入して調理室に設置したり、照明器具も自身の意匠によりふんだんに製作されています。子供部屋の造り付け勉強机には、子供一人一人の場所にコンセントも用意してありました。調理室の一画に、随分な大きさの分電盤が設置されていました。
当時は電気を使いすぎると近隣に呆れられていたこともあったよう。そんなわけで省エネ住宅では無いですね。と解説いだだき、見学者一行の笑いも漏れました。

現代に見ると違った側面はありますが、和洋を問わず良いと思ったことを取り入れる藤井厚二氏の思想に支えられ完成した聴竹居は、今も保存を望まれる現代住宅の原形のひとつに違いありません。今なお学ぶべきことも多くあります。
今年6月に起きた大阪府北部地震によって、外壁に亀裂が入り、当時の窓ガラス一部が割れるなど被害を受けました。保存会の方々の手によって、修復の計画も進められているそうです。

セミナー「刃痕から大工道具の歴史を探る」

先日、昔の木造建造物の部材に殘る刃物の痕跡から当時使われた道具や年代を調査されている学芸員さんの話を、竹中大工道具館で開催のセミナーで拝聴しました。

斧 オノ、鑿 ノミ、鋸 ノコ、鉋 カンナ。木を切ったり削ったりする刃痕(ジンコン、ハアト)は、それぞれの発達具合や過程で殘る形が違うのは頷ける話。絵巻物などの古文書に殘る建築現場の様子も参考に、どんな姿勢でどんな風に使われたのかを想像するのは、ちょっと楽しそうです。
簡単に想像できるものもあれば、併用されて複合的に考えないと謎解けないものもあるでしょう。いくら考えても分からないものもあるようです。

学芸員さんは、お堂の屋根修復現場で携わった野地板の調査の際、時代を経て幾度か修理されている経緯を野地板に残る刃痕から読み取ることができたのが面白く、研究を始めたきっかけになったそうです。そうした刃痕を追いかけて修復現場、発掘現場に出向き、写真や摺本(乾式拓本)を整理し、まつわる文献を読み解いた最近の調査事例をいくつか紹介していただきました。お話は、建築道具を通しながら昔の人々の営みを夢想されているかのようでした。

一方、今の建築ではどんな痕が残るのだろうか?と考えてしまいます。

調査の話は、どうしても寺社仏閣のどちらか言えば立派な木造建物が主ですが、多少の差こそあれ当時の一般建築に使われていたものと大差ないように思われます。
しかし、現代の一般建物はとなると、機械化されたプレカットの痕?、電動工具の痕?、でしょうか。そもそも簡略化されていく工事に人の手の痕さえ残りません。そうして考え始めるとちょっと寂しいものがあります。

刃痕の話から逸れますが、熊本地震によって崩れた熊本城の石積み修復の話をテレビで観ました。修復前の調査によって、築城当初の古い石積み「武者返し」には被害が少なく、戦争などその後の修復工事を施した石積みの箇所がむしろ脆いことが分かったそうです。熊本城の「武者返し」は当時の地震対策を加藤清正が経験を積んで完成させた技術であったということが、とても興味深いものに思えます。

刃痕をさらに掘り下げれば、先人の知恵が思わぬところに隠されているようにさえ思えます。脈々と培われて来た技術が、経済性に追いやられず、現代の建築現場の道具や工法にしっかり取り入れられていくことを望みたいと思います。

また、熊本城の修復をする建設会社の技術はスゴイものと同時に感じます。現代建築の技術にはとてつもなくスゴイものも数多くあります。こうした技術がいずれ、先人の知恵のひとつとして残っていくのかもしれません。ただこうした技術は人肌から遠く離れた感覚があります。もっと身近に感じられる知恵の伝承も増えれば、住まいや暮らしを豊かに感じるようになれると思えます。

セミナー「墨壺のかたち」

「墨壺のかたち」
「墨壺のかたち」

墨壺〜スミツボ〜と言えば、大工さんが材木に線を引くための道具ですが、墨の入ったもっこり太っちょおたまの様な独特な形に、柄の所には糸車のついたもの。中には、精巧な彫り物が施されて黒々とした鈍い光沢の質感を主張しながら、倒かさないように注意を払われ大工さんの手元に鎮座している。そんな様子をどことなく想像します。
ところが実際、現場で黒い墨壺が置かれた様子を見たのはいつ頃までだったろうか?
今頃見る墨壺は形に名残こそあるが、赤や青色のプラスチック製ケースになったコンパクトなもの。さらにはホルダー付きになって腰のベルトにぶら下げている。

そんな「墨壺のかたち」の変遷について、竹中大工道具館のセミナーを拝聴してきました。

「墨壺のかたち」
「墨壺のかたち」

まず最初に、前文の間違い。墨壺に添えられる墨糸を使う時、墨を「打つ」と言います。墨を含ませた糸をピンと張り、糸の行方と長い材木を睨みながらパシッと墨を打つと、スッとした線が材木の表面に転写されます。なにやら神聖な儀式にも見える大工さんの基本作業です。
こうした基本作業自体は記録に残されるずっと前からもちろんあり、当初は糸でなく「墨縄」であったようです。細かな大工仕事に使われ始める前に、製材の際に丸太を角材に加工する工程に使われはじめたのが道具としてのスタートのよう。今の様な形の墨壺として、遺跡の出土品や記録に残るようになるのは7~8世紀ごろから。発祥はおそらく中国と思われますが、全く記録が無いそうで定かでありません。

世界各国それぞれに墨壺はあるのですが、セミナーでの話の様子では、中国を中心としたアジア圏の方がヨーロッパ圏やアメリカ圏よりも道具としての発展は進んだようです。欧米やアジア奥地などでは墨壺と糸巻が別々の分離型が多く、墨壺と糸巻がひとつになった一体型の分布状況を調べると大工技術の流れも見えてくるようです。
話が古く遡りますが、ピラミッドにも墨出しの跡が見られるそう。このころは、縄とオーカー(酸化鉄に粘土を混ぜた着色剤)が用いられていました。中国ではベンガラ(レッドオーカー)が着色剤として使われ始めました。ヨーロッパでは、チョーク。

そんな世界の墨壺の中でも、日本は独特の発展があったようです。装飾を施された墨壺や洗練された形の墨壺が他の地域で無いわけではありませんが、こだわりの墨壺は他に類を見ない発展がありました。墨壺を専門に作る職人が発生したのは、意外と新しい時代。明治中頃に東京からスタートしたようです(東京墨壺職)。その墨壺職人が新潟三条に移り住んだ明治後期から、雪に埋もれる冬季の屋内作業として新潟の一大産業に発展(三条墨壺職)。
壺豊、成孝、一文字正兼と言った名人と呼ばれる人も現れます。各名人の作風は、精緻な彫刻であったり、端正な姿であったり、それぞれの特徴がありました。ついには実用を超えた巨大墨壺まで作られました。また東京・新潟以外の地域でのそれぞれの発展や、左官業や造船業など職種に合わせたバリエーションも生まれました。コレクターも現れます。
戦後復興の木造建築の大量生産に伴って大きく発展をした墨壺産業でしたが、昭和40年代から、プラスチック製品(特にポリエチレン製)の登場により一気に衰退へと転じます。そして、現代に至っては、腰にもぶら下げられるコンパクト且つ高機能な工業製品へと発展しました。

セミナー会場には高齢の大工さんらしい受講者も多く見られますが、おそらくオマケ映像で流された現在売られている墨壺製品の紹介ビデオに、一番会場が湧いたことが何より印象的でした。コレクションとしてはともかく、道具と見れば利便性が追求された進化に違いありません。
一方発展の時代、道具としては高度な技術が要求されませんが、大工仕事の基本にもなる墨付けの道具に凝ってしまうのは、華やかしき時代では大工さんの粋の現れのひとつであったに違いなく、大工仕事に対する誇りの現れだったのでは?とも思えるのです。

会場に用意された幾つかの墨壺は格好良く、個人的にもコレクションしたくなります。粋な墨壺を抱えながら現場に入る大工さんの姿を見ることはもう恐らく無いのだと思うと、少しばかり寂しい気もしました。

 

セミナー「奥会津地方の建築儀礼と番匠巻物」

祈りのかたち – 知られざる建築儀式の世界 –(竹中大工道具館企画展2017.4.15~5.28)

近頃は、建築儀礼(地鎮祭や上棟式)が執り行われる様子に出くわすことが少なくなりました。まったく無い訳ではありませんが、自分が関わる物件でも必ず行われるものでなくなってしまったことはやはり寂しい気がします。

今日は久しぶりに「技と心セミナー」へ行きました。お茶の水女子大学教授・宮内貴久先生による「奥会津地方の建築儀礼と番匠巻物」。全国でも珍しい伝承的に行われる福島県奥会津地方での上棟式の様子と、そこにまつわる大工(この地方では「番匠」と呼ばれる)の師弟間に伝わる巻物伝授のお話でした。

この地方では、大工修行が終わり一人前にになると親方から弟子へ巻物が伝授されるのだそうです。巻物は一人前になった証のようなもので、例えが悪いですが、もし親方が事故でなくなり巻物伝授が受けられないとなると弟子たちは大騒ぎになるのだとか。是が非でも手に入れないと、自分たちの価値を失うかもしれない。そんな勢いのようです。
では、その大事な巻物に一体何が書かれているのか? 簡単に言ってしまうと大工の心得や技術書のようです。その中には儀礼のマニュアルもあります。なるほど大工さんにとってはバイブルなのかと思いきや、実はほとんど読まれることはなく、むしろ普段何もない時に決して開いてはならないものだとか。まるで呪物のような扱いで、不思議な伝承です。
また巻物が唯一使われる儀礼は上棟式だそうですが、ここでもようやく巻物を開きはするものの一文一句詠む訳でもないのだとか。。。ますます不思議。それでも普段、巻物は袱紗に包まれ桐箱に入れられ神棚に祀られているそう。上棟式となれば、どんなに現場が離れていようと棟梁自らが巻物を取りに帰るのだそうです。

宮内先生は、そうした巻物を大工さんのお宅へ一軒一軒廻り見せていただき、そのルーツを解き明かそうとされています。また他の地方に同じような伝承はないのか史料調査されています。

祈りのかたち – 知られざる建築儀式の世界 –(竹中大工道具館企画展2017.4.15~5.28)

そんな巻物の話の最後、驚きになったのは「まじないうた」のお話。
いくつかある歌の中でも、安寧な生活がいつまでも続くことを望む歌として「君が代」が普段から口ずさまれていた?そうです。スライドに映る巻物の写真にきっちり歌詞が書かれているのが読み取れます。「君が代」は平安時代の和歌。お祝いの歌、建物に思い馳せる歌として謳い継がれてきたという事は思いもよりませんでした。

講演の始めにありましたが、建築とは野生の空間に人が住めるように秩序立てること。家を建てるという事は子孫繁栄の基礎となること。そこに儀礼が生まれてきたのだそうです。なので、地鎮祭の後に板囲をし夫婦がそこで一夜を過ごし、自分たちの住む土地を獣に汚されないように守るということもされていたそうです。

施主さんの思いが宿る。そんな地鎮祭や上棟式をずっと続けて欲しいものです。

 


祈りのかたち – 知られざる建築儀式の世界 –(竹中大工道具館企画展2017.4.15~5.28)

対談「日本の伝統建築の 真|行|草 」

大工館への道すがら

昨日、竹中大工道具館の講演会に行ってきまた。「日本の伝統建築の 真|行|草」数奇屋建築の研究と設計で有名な中村昌生先生と数奇屋建築の施工で有名な中村外二工務店・棟梁の升田志郎氏の対談です。
いつもと違って沢山の方が来られるだろうなと思いつつ、会場に15分前に着きましたが時遅し。すでに溢れんばかりの人だかりで、三時間の講演をずっと立ち見で拝見するはめになってしまいました。

普段、数奇屋建築を見学に行っても、なんとまあ手間の掛かった仕事だろうか。一体いかほどの時間が掛かるのだろうか。はては、こりゃ〜いくらあっても出来んとまで考え及ぶのですが、実物を目の前に大胆かつ細部に至り精緻な仕舞を見ても、その仕事の実際や過程、大工を始めとする職人さんの知恵や技術を自分の中に置き換えるには想像しがたいものがあります。「日本の建築は?」と聞かれたら、多くの人は数奇屋もイメージすると思うのですが、同じ建築の中にあっても自分が普段関わる仕事とは大きくかけ離れた次元のものに見えてしまいます。できあがった建物だけでなく、そのできるまでの過程を含めて、全てが創作の世界にあるよう思えるのです。
そんな創作の世界の一端をお二人の対談の中から、少し身近になったように感じるのは甚だ勘違いかもしれませんが、お許しください。

日本の伝統建築の 真|行|草

和建築や数奇屋の世界は建築に関わる人なら多かれ少なかれ気になるものです。これまで竹中大工館のセミナーに幾度も来て、初めて建築関連の友人数人に会いました。また、200人定員だったところ300人になっているのでは?と思える盛況ぶりです。それだけ関心の高さに圧倒されます。踏み入れることのなかった世界に、思い憧れる人も多いのでしょう。僕自身もその一人です。
20年振りでないかと思う会場で再会した友人の一人は、四十を過ぎて踏み入れ始めたと少し話をしてくれました。儲からんけど楽しいよと笑いながら話をしていましたが、なかなかできることでない気がします。陰ながら応援したいと思います。

たゆまなく流れる何かを感じる。 そんな講演会でした。

見学会「三木の鍛治場を巡る」

刻印(常三郎)

先日、竹中大工道具館主催の見学会「三木の鍛冶場を巡る」に参加してきました。限定20名とあって、まず無理だろうと思ってスッカリ忘れていたところ、なんと当選。意気揚々と貴重な社会見学に行ってきたところです。
訪問先は三件。鉋(かんな)常三郎、鋸(のこ)カネジュン、鑿(のみ)錦清水。基本の大工道具・三品の刃物の製作風景を見学させていただきました。

まず、鉋(かんな)常三郎。
こちらでは、大きな工場で製造をされています。土曜日だったこともあって職人さんはお休み、残念ながら製作風景を直に見る事は出来ませんでしたが、社長の魚住昭男さんと入社7年目の若い職人さんに、時折実演を交えながら工場内を丁寧に案内して頂きました。いちいち機械が格好良いのですが、技術だけでなく材料研究の熱心さも品質を支えている様子が社長さんの話から聞き取れます。道具の事は素人ですが、ひとつ「鉄」と言ってもイロイロあるわけです。刃物に向く良質な鉄は少なくなっているのだとか、向かないと思われた新しい鉄鋼材料をどうすれば使えるようにできるのだとか。。。
実はこの後もそうですが、マニア過ぎて実は全然ついて行けてません。(泣)

次に、鋸(のこ)カネジュン。
日本で最初の工業団地と言う三木金属工業センターの一角に、カネジュンさんはあります。伝統工芸士(ほぼ同年の若い方です)であり社長の光川順太郎さんに駆け足で実演を見せて頂きました。使いやすいノコギリ、切れ味の良いノコギリとは?よくよく見てみれば、鋸は他の大工道具に比べると非常に複雑な形をしています。素人目にはギザギザな薄板なだけですが、まず驚いたのは、単に薄っぺらい板ではなかったことです。引きのよい感触にするには実は中程に薄くなっているのだそう。これだけではありませんが、そうする事で切るにつれ木に挟まれていく刃が動き良いようにしてあります。また、ギザギザの刃は右左に振れている事は知っている方も多いと思いますが、実は出来るだけ振れないようにした方が鋭利な切れ味になって行くことです。考えてみればナルホドですが、実は単純な話ではありません。コンマ零点何ミリが使い勝手を左右する世界なのでした。
鋸は複雑な工程の為に、道具製造のなかでは機械化が早く進んでいるのだそうですが、日本全国にある鋸生産工程の機械の原点は実は此処にあるのです。

最後に、鑿(のみ)錦清水。
先の二つの訪問先とは打って変わって、まさしく鍛冶工房です。主の錦清水(にしききよみ)さんは、御歳70半ば過ぎ。奥さんと二人三脚で工房を支えられている夫婦鍛冶としても知られているそうです。釜に風を送るふいご・鉄を叩くハンマーや刃物を研ぐサンダーはさすがに機械ですが、格子の窓から冬風も入ってくる土壁の工房を含めて想像する昔ながらの鍛冶屋さんそのままのイメージです。
こちらでも、奥さんと息のあった様子で鑿の刃を作るひと通りの工程を拝見しました。それなりに機械化の進む道具生産の現場で、今なお昔ながらの技法や工法にこだわる強い眼差しがありました。
全国各地の大工さんが、錦さんの鑿を求めてこの工房へ脚を運びます。すぐ側の住居の一室は入れ替わり来る大工さんの為に、製作された鑿が片付ける暇も無く無造作に散らかっていたのが、また格好良いのです。

人の手にせよ機械にせよ、頼る姿勢なく一筋に良い道具を目指す姿勢は、どの方も同じです。カネジュンの光川さんの言葉が印象的でした。「自分の手で出来ることを機械にさせているだけ、自分の手で出来ない者は機械を使っても出来ない」
機械頼りの僕には、まるで戒めのようなお言葉です。この日に参加された方の中には、遠くから来られた熱心な大工さんもいらっしゃいました。良い仕事は、良い腕と良い道具があってこそ、身が引き締まる思いがします。

鉋(かんな)・常三郎

鋸(のこ)・カネジュン

鑿(のみ)・錦清水

セミナー「江戸時代の木造建築リサイクル」

土曜日の午後、竹中大工道具館の「技と心セミナー」に行ってきました。講師は研究員の方で「江戸時代の木造建築リサイクル」というテーマでした。
以前に、尺貫法でシステマティックに構成された日本の家屋は、建具や畳をはじめとしていろんな部材が再利用出来ると言う話を伺ったことがあります。今回は、そうしたリサイクル事情の背景を少し伺い知る事ができたと思います。

日本の昔の衣食住のスタイルは、素材を生かし、資源を大切に使う、共通した考えがあります。例えば着物にしても、羽織が古くなれば前掛けや袋物にし、さらに古くなれば雑巾にする。そうした感じで、モッタイナイを上手に活用しています。きっと誰でも当たり前のように思っているでしょう。さらに、侘び寂びを代表とする古いものも新しくしてしまう斬新な美意識など、アンティーク趣味では無い独特の美意識を日本人は持ち得ています。物事を時空を超えて包み込むような思想が根底にあるのでしょうか。

講座の中で特に興味を惹かれた部分は、ある村での工事記録では居宅が村に82件あり、10年間での新築は1件しかなく、それ以外は修繕や増築で対応しているという話。解体された空き家の部材を土台や鴨居、下地の野材まで村の人たちが、買い付けにきていたと言う帳簿の話。大きなお屋敷では周期的に屋根の修繕が行われ、日常的に大工さんの出入りがあった記録の話。さらに、家一軒の部材を家の奥に貯蔵しているのは珍しくないと言う話。など、当時の生活を伺い知るようなところです。
養父が亡くなり幼い子供では管理できなくなった家屋を一端解体、整理保管し、何年か後に子供が成人したところでまた建て直すと言った話もあるようです。一般の家屋に限らず、お城から寺社仏閣にいたるまで、リサイクルの精神は行き渡っていた様子です。

当時の木材は伐採、製材、加工までの工程は今とは比べられないほどに手間が掛かり、端材であれ貴重だった訳です。だからこそ、材料を長い年月に耐えるようにする加工の技術は高度に成長し、伴い大工道具の発展も凄まじかったのでしょう。ひとつひとつに手間を掛けていたのは、決して一部の話では無かったに違いありません。

話は現代にもどり、ホームセンターに解体した家の部材があったら買う人がどのくらいいるでしょう?釘をきれいに抜いて陳列台にきっちり並べても、材料が新品のものよりずっと良いとしても、梁の穴が残ったりする材料を気持ち悪いなどと素通りし、思ったほどに買う人はいない。そんな気がします。なのに、古材と名打っただけで実はそれほどでもないものを高く買う人もいるでしょう。
江戸時代のリサイクル精神を今に再現するのは、なかなか難しい気がします。
私事では、現場の端材できれいに残ったものがあると、監督さんや大工さんに断り持ち帰る事があります。日曜大工を趣味にしているとは言えませんが、棚板やらなにやら結構使わせてもらっています。反面、使わずままの端材も結構転がっています。

そんな端材を眺めながら、モッタイナイ建築が考えられないものか。それを考える時間がモッタイナイ、なんて思い始めたらますます遠くなるのです。