お茶会へのお誘い

先月のすまいをトークでは、裏千家教授・宮崎宗和先生にお茶会のお話を伺いました。日本の建築も好きですから、おのずと茶道という世界はどことなく気にはなっていたものの、実のところ全く分かっていません。高校時代にも大学時代にも茶道部がありましたが、一度も出入りした事は無く、興味はあっても敷居の高いものの様にずっと思っていました。(今も思っていますが。。。)

講義の前半は茶道の歴史をずっと語っていただいたのですが、日本建築史に出て来る茶室や庭の講義で聞き覚えのある人の名前がお話の中に続いて行きます。考えれば当たり前だったのですが、茶道の講義に昔の設計者?の名前がつらつらと並ぶ様子を聞くにつれ、昔の人はマルチなデザイナーだよな〜とおこがましく一人感心していました。どことなく今の時代、建築家は建築家、デザイナーはデザイナー、茶人は茶人?と分業化しているのが普通と思われがちですが、昔の方は一貫して美の世界に通じ、いろいろな世界で活躍するのがごく当たり前な様にも思えてなりません。それは日本に限らず西洋でも同じに思います。むろん今でも多彩なマルチデザイナーやら建築家やらタレントはいますが、多芸に通じた稀なスパースターのような扱いにさえなりかねません。関係やら状況が複雑で、別な世界に脚を踏み入れる事が昔よりもエラく骨が折れるからかもしてませんが。。。

そんな昔でなくとも身近に考えれば、以前に親父の卒業文集だったかを見せてもらった時、達筆で絵も達者で文才もある人がこんなにも多いのか、すごいなと感じたことも自分の中では繋がっています。いろんなものが手に入り、いろんな情報が好きな時に得られる今よりも、生活の中に文化がずっと普通に備わっていたようにも思えます。

そんな事を書いておきながら、茶道は敷居が高いと遠のけていては何の事はありませんね。宮崎先生のその後のお話は、想像よりも茶道がずっと身近に思える様にしていただけましたが、文化を身につけるのはまだまだ骨が折れそうな気がしてなりません。

左官体験:京都府左官技能専修学院にて

左官教室
左官教室

すまいをトーク京都府左官技能専修学院に伺い左官実習を体験してきました。

現場の隅でチョロチョロと、我が家の補修でチョロチョロとぐらいは、コテをもっての左官のマネごとはしても大概は床面。一畳大の壁面を、しかも土壁を塗るという体験は初めてでした。実習の前に、学院長の西村弘三さんに京都の左官についてのお話を伺い、実習室にて実演を拝見し、挑戦する壁に向き合いました。

まず水を含ませた大きな刷毛で壁の埃を払い落し、打ち水をします。さて、塗り良い硬さに調整していただいた筈の練り合わされた土ですが、パレット(そう言えば何と呼ぶのだろう。。。)に載せた土をコテに移せない。塗る前から立ち往生です。コレがまず出来ない、と学院長さんがさも手際よくコテに土を載せる仕草を実演されていましたが、全く出来ません。ヒョイと簡単に載せていたように見えたのに。これでは壁を塗るどころでなく日が暮れてしまう。。。

後半で多少は要領は得たものの、諦めて一塗りずつ土をコテに載せ、壁に塗り始めました。。。というか、ほとんど押し付けるような状態。再び、コレがまず出来ない、学院長さんの言葉がかすめて行きます。まったく思う様に行きません。何気に塗り伸ばしていたように見えていた実演では、厚み3ミリぐらいですかね〜。だった筈が1センチぐらいモッコリしてしまうやら、塗りのこって下地が見えたままやら。壁際に至っては、控えめにという話もそれどころでなく、土を押し付けてしまう始末。新築の家でこんな事をしたら間違いなくお払い箱です。予想以上に悪銭苦闘。窓際にいたものだから、背中の陽がだんだんと暑く。汗やら冷や汗やら。

どうにかこうにか塗り終えかけたところに、学院長さんが。まだマシやね。ガクッ。本来コテ先はほとんど使わずするものらしいが、塗り残し多い端なんかをコソコソ小手先で穴埋めしてなんとか終了しました。気がつけば一時間ぐらいかかっていたのでしょうか。へっぴり腰の姿勢で、腕と腰と小手先の手がクタクタでした。全く仕事になりませんね。

左官教室で塗った壁です
左官教室で塗った壁です

日本の土は他国の土に比べれば粘りがあり、混ぜ物無しに自身で固まる性質があり左官に一番向いているそうです。四季折々の風土がある日本だからこその産物かもしれません。(ちなみに流行りの珪藻土は自身では固まることが出来ず、左官材料として使うには何か補助材になるものが必要になります。)そして重要なのが「スサ」。今回は節を取り除いた特上のものだそうですが、フサフサしています。技術を支える材料にもまた、日本のものづくりの丁寧さが現れているように思いました。

以前から気になっていた左官が左官と呼ばれる由縁についても、実習前にプリントを頂き。少しだけ謎が解明。リサイクル可能な土壁は、エコロジーの代表に違いありません。土壁を使った建物をまだ設計した事はありませんが、もっと活用すべきものだと改めて感じます。

環境と住宅 自然にやさしい木の家

shadow of a roof

すまいをトークの座学で、国産材で作る木の家を設計施工される工務店(株)コアー建築工房・吉瀬融氏の講義を拝聴しました。自然と共に共生する住宅作りを推進されています。

日本の住まいのあり方を考えれば、ごく自然に思える内容ばかりです。室内環境を空調機器に頼るのでは無く、光や風・自然の恩恵を取り込まない手はありません。情報に振り回されて、本来思い描いていた家の姿を忘れないようにしましょう。国産材を使うことで日本の山、日本の環境を守りましょう。などなど。

捉え方は人それぞれと思いますが、建築に関われば大なり小なり気に掛かる事がほとんどです。吉瀬さんは当たり前に話をされているに過ぎません。ですが普段の業務の中で、頭では分かっていてもなかなか出来ていないことや、目をつぶってしまっていること、声を大にして施主さんに提案出来ずにいることは、勉強不足から来るものだと講義を聴きながら感じています。技術や材料の進歩は日々情報として耳に入り、いつの間にかそれらに翻弄され、本質的な家作りの「当たり前」が分からなくなっているのかもしれません。

技術や材料の進歩を否定する訳では無ありません。(むしろ否定する事ができない。)ただ、設計者、施工者だけでなく施主の方々も含め、家作りに何が大切なのかをよく考えなければ本末転倒な家づくりをすることになり、一体何に満足をしているのか分からなくなります。もちろん、3者が同じ技量や土俵で話をする事は無理があります。それよりも、それぞれの立場で最良と思える最小限の意見や理想をぶつけ合えるコミュニケーションの場が必要なのでしょう。

数字に表せないところに住まいの本当の良さがあると信じています。と吉瀬さんと話の中にありましたが、それは出来上がった家に求めている「ゆとり」に違いありません。くつろげる家、楽しい家、カッコイイ家。誰しも何かゆとりのある家を求めています。それをお手伝い出来る設計者としての「ゆとり」ある家づくり見つけたいと思います。

今回の講座は普段よりも大勢の方がいらっしゃいました。その中に、ピーカンの物件を手掛けられた工務店の社長さんまで。大きな事を言って、恥ずかしい事が出来なくなります。

枚方宿(ひらかたしゅく)

くらわんか船
くらわんか船

小学生の頃の一時期、「東海道中膝栗毛」が愛読書のひとつでした。毎週、読書の時間があったのですが、図書館に行く度この本しか手に取らなかったのです。その割にすっかりお話は忘れていますが、弥次さん北さんの繰り広げる顛末が気になって仕方がなかったのだと思います。

先日のすまいをトークで、はじめてその東海道が「五十三次」ではなく「五十七次」である事を知りました。太陽系の星がひとつ増えたような驚きですが、表題の「枚方宿」は五十六次。江戸から京都を目指すと五十三次になり、その先大阪まで目指すと間に四つの宿場町があり五十七次となるのだそうです。今回はこの枚方宿の町並みを見学。

宿場町であった街道沿い約1.5キロ程の地区が町並み保存として整備されています。また、この枚方宿を紹介する中心的施設として、当時の様子を残し文化財に指定されている旅館・鍵屋があります。
鍵屋は淀川沿いに位置し船待ちの宿として栄えました。枚方・高槻は淀川の往来を拠点に、名物「くらわんか船」が産まれました。京都と大阪を結ぶ三十石船に近づき「飯くらわんか、酒くらわんか、銭がないからようくらわんか」と口の悪さが風物詩となり、商魂逞しく乗客を引き止め繁昌していったそうです。地理的に見ても中継地点として抜群な立地であった訳です。鍵屋資料館ではそんな様子を、模型や映像を使って詳細に紹介されています。その他周辺にも当時をしのばせる建物や民家が多く見られます。

半日で見て回るには駆け足気味な見学会でしたが、もし当時に生きていたとすれば「くらわんか船」の様子は見てみたかったものです。帰りは京阪電車で本日開通の中之島線に乗り中之島駅を通って帰りました。この線の開通でまた大阪の町並みが変わるのでしょうね。今も昔も交通を拠点に街が形成される事は同じです。新しい名物がまた産まれるかもしれません。

 

すまいをトーク「木造住宅の構造入門・耐震診断」〜耐震診断に思うこと〜

構造金物
構造金物

昨晩は、すまいをトークで「木造住宅の構造入門・耐震診断」というテーマの座学を聴きに行きました。

講義の内容とは話がずれますが、他の設計事務所(もしくは施工業者)が設計または建設した住宅を診断するというのは、個人的には正直躊躇します。昔、一度だけ建売住宅の構造が適正かどうか診て欲しいと頼まれたことがあります。知人の話で断れずに行った訳ですが、一見すると正直怪しい。大阪の街中にはありがちですが、間口が狭く奥に深い住宅でした。耐力壁をしっかり取ろうとすれば、窓が小さくなり法的に必要な採光が取れなかったのでしょう。そんな住宅が並んでいました。見に行かせてもらった一軒でなく、その連なり並ぶ住宅の住民が皆不信感を抱いていたのです。事務所に帰って耐力壁の具合を念のため確認すれど、間違いなく確保できているる筈も無く。そのまま伝えるしかありませんでした。自分が設計した訳でもないですが、なんとなく気まずい。正すべき事は伝えるべきでしょうが、他の方の設計(施工)にケチをつけるようなもの。なので、そうした話は正直敬遠してしまいます。しかもまだ経験の浅い時期でしたから、自身の判断をどこまで伝えるべきかさえも悩んでしまいます。

講座はもちろんそんな話ではありません。一般的な木構造の話から、構造的な法規制前の住宅における耐震補強についての行政の取り組みや制度、耐震診断ソフトの実演など、短い時間の中でそれらの概要をお話されました。中でも耐震ソフトでのシュミレーションはヴァーチャルな感覚と言え説得力がありました。仕事柄、やはり興味を惹かれます。

経験の浅い私でも、木造は構造的に一番判断のしにくいものである事だけはよくよく感じています。シュミレーションは数値的にソフトが判断し崩落の様子を再現してくれるのですが、それが全てでないとも思えます。それを覆す必要はもちろんないのですが、自分の考えの中で構造の安全を判断するのはまだまだ遠い道のりがあるように思えてなりません。木構造は古来から継承され発展してきたものです。現代的な鉄骨構造やコンクリート構造と違い、今もって確立した構造理論はあるようでないと言えます。金物でがんじがらめにされる今の法規制はその過程にあるのかもしれませんが、それだけ木構造は複雑で奥の深いものです。これだけは、ただただ、経験を積み勉強するしか無いのでしょうね。精進です。

ところで、ブログで書いた「すまいをトーク」のいくつか記事が会のレジュメに挟まれて配布されました。後で読み返してみると乱筆乱文やら、語尾がおかしいやら、お恥ずかしい。推敲もそこそこに載せてしまっていますので、会に来られて真面目に読まれた方には申し訳ないばかり。お許し下さい。文章もまた、ただただ精進が必要です。

大和ハウス工業総合技術研究所

大和ハウス工業総合技術研究所

大和ハウス工業総合技術研究所
大和ハウス工業総合技術研究所

大和ハウス工業総合技術研究所を見学に行ってきました。弱小な設計事務所を営む身としては、敵陣視察。(相手にされてない、と言う話もありますが。。。)

敵陣に着いて、まず案内されたのはシアタールーム。大和ハウス創業者である石橋信夫氏の功績を紹介する20分ほどの映像を拝見。これまで全く知りませんでしたが、軽量鉄骨やプレハブの基礎を築いたのは大和ハウスだったのですね。1950年大型台風によって関東の家屋は甚大な被害を受けました。しかし竹林の竹が倒れていない事に着目し、鉄パイプによる工業化パイプハウス「大和式組立パイプハウス」を考案したのが始まりだそうです。

併設されているミュージアムにその「パイプハウス」が展示されていました。運動会で見る様なパイプ式テントのテントの替わりにトタン板を貼ったような雰囲気です。ギミックな感じで個人的にはかなりインパクトを受けました(結構カッチョよい)。展示室に奇麗に展示されているので貧相な印象は受けませんが、今となると野原に建っていれば物置小屋ぐらいにしか見えないかもしれませんね。展示のものは状態の良い現存品を移築したものと思われ、へこみや傷跡が生々しく感じます。しかしシルバーの金属板で囲まれた外観は、現代的な印象も無くはありません。子供の頃なら是が非でも基地にしたい感じです。

そしてパイプハウスの販売から4年後、勉強部屋の無い子供たちのためにと開発されたのが、3時間で建てられるという軽量鉄骨による「ミゼットハウス」。デパートで展開されるという販売戦略で瞬く間にブームとなったそうです。「ミゼット」と言えばダイハツの三輪自動車を思い出しますが、ちょうど同じころです。今だと仮設の現場小屋の印象ですが、庭先にこうした小さな小屋が建ててもらえるのは、当時の子供にとっては夢のような事かもしれません。僕自身からすれば、勉強せずにスム部屋かもしれませんが。。。

この後この軽量鉄骨造の技術で住宅建築へ発展していきます。その過程で映し出される映像に懐かしさを感じました。丁度小学校低学年のころ、3〜4年間だけ住んでいた父親の会社の社宅が庭付き平屋の団地だったのですが、映し出される住宅群の様子にとても似ていました。もしかして自分自身大和ハウスに住んでいたのだろうか?と気になっています。
そして映像は、大型建築物、リゾート開発などへも発展して行く様子を描き出し現代に至っていきました。

シアターを出た後は、世界の住宅を模型で展示したミュージアムや石橋信夫記念館など併設される施設を案内されました。

その中のテクニカルギャラリーというコーナーでは、大和ハウスが現代の住宅や建築に生かしている技術を紹介しています。敵陣視察としてはもっとも気になるコーナーです。
まず、耐震構造と免震構造の違い体験をしました。地震体感装置のようなものです。機械の上に設置されたステージが淡路神戸大震災の揺れを再現するようになっています。
まずは耐震構造(地震の力を受けても壊れない頑丈な構造)での揺れを再現。係りの方の指示に従って手すりを握っていましたが、思った以上に揺すられ手すり無しに立てる状態ではありませんでした。 淡路神戸大震災は西宮で実体験しているのですが、その時間は寝ているところを起こされた次第で揺れを立った状態で体験した訳ではありません。起きて体験していれば、このぐらいの揺れを直に感じたのだろうと確かに思えます。
その次に免震構造(地震の力を受け流す構造)での揺れの体験。ステージ下の機械は先と同じ様に動いているのが分かりますが、揺れの伝達はかなり軽減され普通に行動出来る程度になっていました。原理は単純で鉄のボールをお皿2枚で挟んでいるだけですが、急速な衝撃を感じる事はありませんでした。斜めの傾きがない水上のボートに立っているような感覚でした。お皿は微妙な窪みになっていて、揺れが収まると定位置に戻るのだそうです。

その他、断熱構造や遮音構造、交通振動の軽減体感コーナーなどを廻りました。

最後に、研究棟を拝見。実大の熱環境試験室や各種の試験装置の設置された格納庫のような大型の施設です。実際の実験の様子などを見る事ができると良かったのですが、設置されている様子を見学する事が出来ただけでした。実験棟の中の様子も写真に少し撮ってはいるのですが、撮影禁止のマークもあった事なのでここでは加工写真でご容赦のほど。大和ハウス工業総合技術研究所のサイトにいくらか紹介されているので、そちらをご覧下さい。

見学を終え、ひとつひとつの技術は敢えて目新しいと言うものがあった訳ではありません。(本当はあるかも。。。)それよりも、メーカーという巨大企業の強みで実験や検証を繰り返し可能な限り不備の無い安全な商品を世に送り出す。当たり前に思えるそれらを、これだけの施設を使ってきっちりやれる事がやはりスゴい事かも知れないと感じました。個人の設計事務所にはとても太刀打出来ない所です。反面一律的、標準的なものにならざるを得ないでしょうし、中には過剰とも思えなくも無い配慮(あくまで個人的に)になっている様にも思えてなりません。それが、社会の要請なのかもしれませんが。。。
とは言え、全く参考にならなかった訳ではむろんなく、小さな積み重ねで少しでもより良い住まいを作りたい願いはメーカーも個人設計事務所も同じです。ここで勉強になった事はこそこそっとこれからの設計に忍ばせて、巨大な敵に立ち向かいたいと思います。(相手にされない、と言う話ですが。。。)

荒川木工株式会社

荒川木工株式会社
荒川木工株式会社

先週の土曜日はすまいをトーク3回目の参加でした。(前回サボってしまったので、本来4回目)

京阪淀駅からバスで3つ目、天然木のオーダーメイド家具や建具等の製造と販売をされている「荒川木工株式会社」さんの工場を見学させていただきました。当日は職人さんの多くが現場の取付け等に出られていて、実際の作業の様子はあまり拝見できなかったのが少し残念ですが、社長の荒川さんから熱意のこもった説明を聞き、実演を拝見しながら工場を廻らせていただきました。

普段の仕事ではほぼ完成した建具や家具が搬入されるのを見慣れていますが、そうしたアイテムが実際どんなところで、どんな機械や工程で作られているかは意外に見る機会が少ないものです。広い工場は作業台を中心に廻りには、ほぞを掘る角ノミの機械や、建具の小口(横の面)にメラミン化粧板を貼る機械、家具の棚受けのダボ穴開け、フラッシュ(四周枠に両面から面材を貼った建具)のプレス機など、いろいろな機械や道具が並んでいました。若い工員の方が実演される様子を見て、良く出来たものだなと感心します。

また荒川木工所では一般の建具もですが、社長さんの思いもあって天然木の建具や家具の製作に力を入れられています。工場の2階には、銘木が鎮座し材料がたくさん積み上げられていました。

吉村家住宅/寺内町・杉山家住宅

富田林 寺内町
富田林 寺内町

日曜日は、すまいをトーク2回目でした。羽曳野と富田林まで、重要文化財になっている民家と江戸時代の住まいが残る街並を見学に行きました。


羽曳野 吉村家住宅

羽曳野 吉村家住宅(重要文化財) 提灯箱
羽曳野 吉村家住宅(重要文化財) 提灯箱

午前中は羽曳野の吉村家住宅。昭和12年に民家として始めて重要文化財に指定された住まいだそうです。当時は国宝住宅(旧国宝住宅とも呼ばれる)としての指定になります。現地に向かう街並にも古そうな住まいが多く点在していますが、吉村家の門をくぐって始めて見たその外観は、茅葺きの屋根が重く見えず、民家というよりも洗練されたモダンな数寄屋と思えるシャープな印象です。水平に伸びたプロポーションに、思わず恰好いいと呟いてしまいました。納屋・土間、住居、接客のスペースが3分の1ずつ並び、東西に伸びる直線状の間取りになっています。

中に入るとダイナミックな天井の土間に黒漆喰で固められたかまど、宙づりになった使用人部屋があったり、と現代建築にも通じそうな構成が見られます。機能的に使い勝手も考えられた細かな部分が、外観と同じく自分が思う民家と違ったモダンな印象を醸し出していました。


富田林 寺内町・杉山家住宅

富田林 杉山家住宅
富田林 杉山家住宅

午後は、富田林に移動。食事後、寺内町(じないまち)にある杉山家を見学。こちらも重要文化財で、現存する町家のなかで最古のものだそうです。

先に、江戸時代からの古い民家が建ち並ぶ富田林寺内町という街ですが、1560年頃に浄土真宗のお坊さん証秀上人(しょうしゅうしょうにん)が、庄屋さん8人とともに、戦乱の世で平和な街を作りたいと願い建設されたと言います。その後も幾度かの危機を乗り越え、今もその姿を多く残しています。もちろん、民家の改修は時代とともに行われ江戸・明治・大正・・・の建物が混在し全てが当時のままではありませんが、その様式を伝えようと今も街の方々が大切にされている、街全体が歴史博物館と言えるかもしれません。街の歴史を伝えるボランティアの方々の解説を伺いながら、杉山家住宅の見学の後に散策を楽しみました。

杉山家住宅はこの寺内町を創設した8人衆の内の庄屋さんのお宅になります。寺内町のなかでも一番立派な住まいの様です。こちらも玄関をくぐると太い大黒柱に囲まれた立派な土間になります。造り酒屋をされていた最盛期に70人ほどの使用人がここで当時は、カマヤ(台所)に9連ものかまどが並んでいたそうです。

また与謝野晶子と同人の詩人・石上露子(本名・杉山孝子)の生家でもあり、時代の変遷の中で増改築を繰り返す中、力強い民家風な表から奥へ進むと、洗練された数寄屋風な座敷も備わり、床の間には狩野派の壁画がありと盛りだくさんな住まいです。文化財に指定され改修に当たり石上露子が願って作られたと言う少し洋風な螺旋階段が残されているのも、また多様さを感じさせます。


 

話が戻りますが、初めの吉村家住宅の見学前に、現在の所有者である吉村さんから伺ったいくつかの話がとても印象的です。もちろんその当時もそこに住まわれていました。

文化財に指定された後に改修事業になった際、どのような姿に戻すか専門家方の意見が大きく分かれたそうです。昔の姿に復元するのか。継承されて来た今の姿を修復するのか。長年の生活の中で改修や修繕が進んで行くと建設時の棟梁の意図(設計趣旨)が失われて行く、仮定ではなく検証できる中で建物の原型・オリジナルのデザインに戻す復元こそが本来のあり方だ。という改修担当者の言葉に感銘を受け復元事業へと踏み切ったそうですが、いざ完成してみると、外観こそはスッキリとしたのですが、今まで使っていた住居部分はスッカリ変わってしまい、もうこれは住まいでは無い。ここにはもう住めない。と感じられたそうです。結果吉村さんは、長年住み親しんだこの家から住まいを別に移されたそう。

先日、友人の世界遺産についてのシンポジウムで聞いた話と、少し重なりました。文化財を残すと言う事はとても大切はことに違いありませんが、特にこうした民家など今もまだ実際に住まわれる環境を、昔の姿のまま維持を続けると言う事の難しさが、少し伝わって来た気がします。

最後に、寺内町にある富田林市道6号(城の門筋)は「国土交通省・日本の道100選」に選ばれています。

 

日本民家集落博物館

日本民家集落博物館
日本民家集落博物館

たまたま新聞で見つけ住まい関連の市民講座「すまいをトーク」なるものに、月一回参加することにしました。

今日はその第1回目。「日本民家集落博物館」見学会。
大阪は服部緑地公園内なのでその昔、学校の遠足かなにかできっと来ているはずな気がするのですが、全く思い出せませんでした。
ま、ともかく、大阪の街中に全国各地の12棟の民家が点在している野外博物館です。内、3棟は国の重要文化財。その他もなんらかの文化財指定を受けています。
好天に恵まれ2時間余りの見学会にちょっと疲れましたが、民家に詳しい方の解説を聞きながら順番に見て回り、なかなか勉強になりました。大勢で廻っているので落ち着いて写真は撮れませんでしたが、またゆっくり来てみたい感じです。平日なら、一人で廻れそうなほど空いていました。存分に楽しめそうです。

1950年代まで実際に使われていた民家ばかりだそうですが、たった50年ほど前までにそこで普通に人が暮らしていたと思うと、ちょっとビックリするものもあります。解説の方が言われていましたが、中には家のほとんどが土間の竪穴式住居と言える様な民家もあり、移築後、そこに住まわれていた方の廻りには突如として電化製品に囲まれ生活は一変しているはず。どんな風に感じて今は生活をされているのか、その変わり様に興味を抱かざるを得ません。

館を後にして、現代の大阪の普通の町並みを目にしながら、さてこの将来、ここに保存移築されるような現代の民家があるものだろうか?と感じます。
見学で廻った民家は、それぞれがその土地の風土や生活慣習のなかで時間をかけて技術や様式がゆっくりと発展し、かつ完成することなく改造や改修が繰り返されて根ざして来たものであり、さらにその時間軸のなかで過去のものではありません。その時点においてまさにスタンダードだったはず。ここに移築されているものは立派なものが多いので、どちらか言えばその集落の中で上の階層の家族の住まいかもしれませんが、それでもその周辺、集落においては基準になってくるものでありそうです。

今、自分自身が関わっている住まい。ハウスメーカーによる住まい。さまざまなスタイルの住まいがあるにしても、本質的に風土や環境、生活習慣をベースになったこれらの民家の延長にあるような気がしません。そうあるべきと考える訳でも、それを嘆くものでもありませんが、世界を見渡しても稀に見る四季折々の環境があるこの国に住んでいながら、今の住まい環境は何かを置き忘れたような勿体ない気がしました。
それが何か、答えが見いだせた訳ではありませんが、しばらくこの勉強会を続けて、ひとつぐらい真っ当な意見が言える様にしたいものです。