XX-HOUSE

この住宅は、下町情緒ある大阪市街に位置しています。北側になる正面向かいには保育所と6M巾の道路があり、この付近の中ではまだ窮屈な感じがありません。ただし、敷地間口は丁度2間と決して広くはなく、解体前の既存建物はピッタリ隣地建物をくっついた大阪らしい?密集地でした。

 施主さんは大阪市内の居住を求め、いくつか候補の中からこの土地に決められました。
基本となる計画は、施主さんから提示された要件を元に、駐車スペースを確保しながら建物配置を出来るだけ北側に寄せ、南側には4帖分程の裏庭を残しています。さらに採光と通風を考慮し、平面で見ればほぼ中央付近に光の筒となる吹き抜けの中庭空間を設けました。

 建物構造は、駐車場と居住スペースの確保から鉄骨3階建てとなっています。狭小地建物でありがちな内部での柱型の露出を避けるため、100角H鋼によるセミオーダー構造システムを採用しています。上棟した際の骨組みは木造建築のようにも見えました。中庭吹き抜けに面して露出させたブレース(筋交い)がありますが、これが両脇の柱と一体の基本のユニットになっています。ダイニングの吹き抜けではXXと上下につらなり、建物の名前「ペケペケハウス」の名前の由来にもなっています。(まだ名前が決まっていない時、XX-Housu と書類に書いていたのが、施主さんの目に止まった。という余談もありますが。。。)

 ガレージ奥にある玄関から中に入ると、1階は中庭を見ながら奥のフリースペースや浴室などの水回りに続きます。また吹き抜け横には折り返しながら2階3階へと繋がる階段を設けました。
階段を上がればまず食堂に顔を出します。そのままキッチンに繋がり、折り返すと中庭の吹き抜けを挟みながらリビングへ続くようになっています。
東西の外壁面は隣地境界との間もわずかなのでいっさい開口を設けていません。小さいながらも裏庭に面する南側には出来るだけ大きな開口を設け、北側には外観からも特徴的な出窓?を設けることで基本の採光をまかなっています。中庭吹き抜けも決して十分な大きさのある空間ではありませんが、建物内部の壁天井はすべて白いため、補助的以上の効果が得られています。落ち着いた光に包まれる空間になりました。
陽の高い季節の正午頃なら、直射日光をダイニングテーブルに落とすこともあります。
さらに階段を上がれば、子供部屋、折り返して寝室へと続きます。
3階廊下からは喫煙スペース?となる小さなベランダに出る事も可能です。ここからはダイニングを窓越しに見下ろす事もできますが、吹き抜け上部が南側へセットバックした状態になるので、日中は吹き抜けへより光を注ぎ込んでくれます。
夜になると正面の出窓がより特徴的になります。さらに、そばに走る高速道路のナトリウム灯が建物壁面をオレンジ色の光に照らし、建物全体を幻想的な雰囲気にしてくれます。
施主さんの望んだ都市の中に埋もれる生活を、より強調するかのように浮かび上がらせました。

Photo:絹巻豊

建築概要

【 敷地概要 】 ・場所   :大阪府大阪市 ・敷地面積 :56.77 ㎡ ・用途地域 :市街化区域 第一種住居地域 建蔽率80%・容積率200% 準防火地域 ・前面道路幅員:(北)6.0 m 【 工事概要 】 ・工事種別  :新築(一戸建ての住宅) ・建築面積  :35.03 ㎡ ・延べ床面積 :100.24 ㎡(住宅の部分:同じ) ・構造/規模 :鉄骨造 地上3階 ・最高の高さ :0.00 m ・構造仕様  : ・基礎仕様  :鉄筋コンクリート造ベタ基礎 【 主な仕上 】 ・屋根: ガルバリウム鋼板タテハゼ葺き ・外壁: 金属サイディングヨコ貼り ・内装: 床 / 長尺塩ビシート 杉フローリングワックス 構造合板 壁 / ビニールクロス 天井/ ビニールクロス 【 設計/施工 】 ・設計:庄司洋建築設計事務所(担当:庄司洋・習田真吾) ・施工:伊藤嘉材木店 ・構造・鉄骨:株式会社テクノフレーム鋼構造研究所 ・家具:カリエラ

掲載等

「 新しい住まいの設計 vol.596 」2007年10月号掲載 娘さんが彩りを添えてくれました。