shamrock 0306

02:南西からの外観

この住宅は、岡山県中北部に位置し自然に恵まれた環境の中に建っています。
敷地は田んぼの一部を造成して形成された平らな分譲地ですが、周囲はまだ他の建物が少なく、田畑や運動公園に囲まれています。そのため、離れたところからでも一望できる良いロケーションになっています。

施主さんからの要望は、数多く所有している趣味の自転車を飾れる保管場所を持つ事。自転車屋さんのように外からも見る事ができるように飾りたい。子供が走り回れる広い土間。夫婦ともに料理好きなので台所・食堂をメインと考え、リビングのあり方にはこだわらない。生け花を飾る和室。といったものでした。

完成した建物は、4棟の平屋を方形にならべ諸室を配置し、筒状の立体を架け渡したような空間構成となりました。平面的にはクローバーのようにも見えます。4棟の隙間は廊下と路地が十字に交差し、家の中心に立てば東西南北を見る事もできます。また廊下にあるタラップのような階段で2階の筒の中に入ることが出来る様になっています。

15:キッチンとリビング
11:リビング付近からの廊下
28:子供室の南の窓
04:南からの夜景

Photo:絹巻豊

建築概要

【 敷地概要 】 ・場所   :岡山県真庭市 ・敷地面積 :317.93 ㎡ ・用途地域 :市街化区域 準工業地域 建蔽率60%・容積率200% 第1種高度地域(5M+1.25/1<12M) ・高さの最高限度10M ・前面道路幅員:(北)4.2 m 【 工事概要 】 ・工事種別 :新築(一戸建ての住宅) ・建築面積 :143.88 ㎡ ・延べ床面積:182.07 ㎡(車庫含:住宅の部分 150.59 ㎡) ・構造/規模:木造 地上2階 ・最高の高さ:6.10 m ・構造仕様 :木造軸組工法 ・基礎仕様 :鉄筋コンクリート造ベタ基礎 【 主な仕上 】 ・屋根:塗装ガルバリウム鋼板瓦棒葺き 立ハゼ葺き ・外壁:塗装ガルバリウム鋼板角波・素地ガルバリウム鋼板波板 ・内装:床/耐火野地板ワックス・ヒノキフローリング・構造用合板ワックス     壁/ビニールクロス下張り漆喰塗装・構造用合板ワックス     天井/ビニールクロス下張り漆喰塗装・構造用合板ワックス ・暖房方式:土壌蓄熱式床暖房システム 【 設計/施工 】 ・設計:庄司洋建築設計事務所(担当:庄司洋・習田真吾) ・施工:TERAKEN(寺口充匡) 協力:空我アートリフォーム(牧田昌徳) ・家具:カリエラ

掲載等

[ 悠々自適的生活 ] 施主さんのブログ
「 LiVES vol.30 」2006年11月号掲載