今のスポーツってなんだか凄い。

 今月の初めごろラグビーワールドカップを花園ラグビー場まで観に行ってきました。ジョージア対フィジー戦。偶然にもチケットを頂く機会に恵まれ、何十年か振りのラグビー観戦を楽しむことが出来ました。

 駅前から続く会場までの行列には外人さんも混じり、駅前で入っためし屋ではラグビーの話題を持ちかけられ、試合観戦だけでないワールドカップならではの雰囲気にすっぽり包まれました。雨降りの中、ポンチョを被りながらの観戦でしたが、試合はテンポよく攻守入り乱れ、フィジー選手の華麗な球さばきはまるでハンドボールでもしているかのよう、思わずうなり見入ってしまいました。

 そして、日本がベスト8で敗退してしまい残念なところですが、今回の日本チームの躍進は驚きを超えて感動さえもらえました。

 ただ久しぶりにラグビーを続けて観はじめて、昔に比べ試合のスピード感がすごく増していると感じます。きっと選手の体力技量も上がり、試合が面白くなるようにルール改正も年々繰り返された結果です。

 それは他のスポーツでも同じく感じます。今ならバレーやら卓球やら、いろいろなスポーツがひと昔とは全く違う。スター選手をテレビで観ていると、必殺技を繰り出すゲームキャラクターのごとく、まるで異次元な感じがします。

 これらはやはりスポーツ科学があってからなのでしょうか。選ばれたエリートの科学的トレーニングに科学的ゲーム戦略モロモロ。今も努力と根性で成り上がる人はもちろんいるでしょうが、とてもそういう時代では無いのでは?とも感じてしまいます。科学が目を向けないスポーツはきっと生き残れないのでは?

 スポーツは得意でないので自分に置き換えられませんが、今のスポーツ選手を憧れにできる人は果たして一体どんな毎日を過ごしてるのだろう。。。とても気になります。呆気に取られる選手の一挙手一投足に、フィジカルもメンタルも足らないボクは漠然と不思議に思うのでした。

浸水被害に思う

 去年の台風21号、今年の台風19号と続けざま大型の台風が日本を襲ってきました。来年もまたこうした台風が来ないとも限りません。いやむしろ来るに違いありません。やはり地球温暖化の影響?でしょうか。
 去年の台風では、わが家も浸水被害寸前でした。ネットで過去の台風被害を見れば充分にあり得る事は分かっています。自分が生きている間? 正直そんな事になろうとは想像もしていませんでした。ところが、この年々の台風続きにヒトゴトでは無くなっている気がします。さらには震災・津波も控えている。

 街中の物件の設計をしていると施主さんから、昔この辺りはナニナニ川の氾濫があったから床を出来るだけ上げておきたい。と要望を受けたこともあります。それを聞いたというものの、どのくらい上げれば良いものかなかなか正確に判断できません。気持ち上げてみましたぐらいで本当に良いのか?
 わが家がもし水害に遭っていれば、玄関先で腰ぐらい浸かる可能性がありました。ちょっと上げたぐらいでは間違いなく床上浸水です。

 これまでなら庭のある住まいの設計を受けたとき、庭とリビングの一体化とか想像し床レベルを庭に近い高さへ下げたり、ほとんど高さの変わらない土間で過ごせるような計画を、気持ち良さそうでしょう。いいでしょ、さもうれしそうに提案していたとおもいます。
 しかし郊外それも川から2キロ3キロ離れたところで家屋が浸水している様子を、メディアで幾度も報道もされていることを知っています。自治体が開示するハザードマップの情報など含めしっかり周辺の地形を読み取り、敷地の安全な高さを確認できないと、安易にそうした計画をお薦めできないのだと改めて思うようになりました。

 このところムクムク防災意識高まるヨメさんから、西宮市がネットに上げている浸水履歴なるものを教えてくれました。海側のわが家はもちろんでしたが、ずっと丘にあがる陸側の事務所周辺も浸水履歴あり! え、そうなの? 少しはなれた賃借駐車場まで。おやおや、これでは買いかえたばかりのクルマが水没まではなくとも、オチオチしてられなくなりそう。調べてみれば、思った以上に分かるものです。

 浸水被害に遭われた方々が、少しでも早く再建できることを祈るばかりです。

材木も魚と同じ?なのだろうか。

 今日は材木屋さんの営業が来られた。これまでいくつかの物件でお世話になった方。ただいつもと違ったのは、頂いた名刺に書かれた会社名。
 あれ元にいらっしゃった会社は?
 実は倒産してしまいました。
 エ!本当に?
 驚きを隠せない。幾人かの営業さんがいた家族的で小規模な会社だが、こだわり商品を揃え、どの方が営業に来ても手作り感あふれるカタログやチラシでいつも紹介をされていたのが印象的。社長が全国を巡って見つけた良質な材をその土地の製材業者さんとタッグを組み、産地直送的に現場に届けてくれる良心的な会社でした。営業さんは時間を惜しまず納品した物件の後日談などもよくされたり、売りっぱなしの商社的な印象がありません。
 ですから、普段から出来れば使いたいと思う会社のひとつだったのです。

 近頃は材木の値段が逆転しています。以前は安いと思っていた外国産の木材が伐採の規制や運搬費用の嵩みで値上がり、対する国産の杉・桧の値段が下がってきています。以前のイメージと違い、桧材で建てる家が必ずしも贅沢とは言えなくなっているのです。
 今回は金額が厳しいからナニナニでいいよ。と現場で言っていたのが、それならスギヒノキにしてもらえませんか?と返されるのです。

 折角こだわりの家を建てるのだから、ちょっと高くてもドコソコのナニナニフローリングを使おう。と言っていたところが、今はヒノキのフローリングが手頃に使えるとなれば、そりゃあヒノキで充分だわ。と思うのがフツーな施主さんや設計者の心情ではないでしょうか?
 そうすると、こだわり地方材もその煽りを食らったに違いありません。

 例えは変ですが、アジ・イワシ・サンマ。庶民の味方とばかり思っていた魚(外国産の材木)が、気がつけば高級魚になっていた。漁獲量と魚の値段の関係にちょっと似ているような気がしました。

 今日来られた営業さんは、先の会社の材木の販売を引き継がれて、その案内に来られました。やはり手作り感あるカタログを携えてです。
 まだ倒産や引き継ぎのことを知らない設計者も多いようでした。
 一般の人が地方材に興味を持ってもらうにはこんな営業アイテムを揃えたらどうですか。とか。こんな案内を用意してもらったら、周辺の人には伝えやすいです。とか、お節介な事をついつい提案してしまうのでした。