和音のひととき。

スッカリ工事途中から更新が途絶えてしまい、年始には唐突にオープンハウスの報告だけしていた西宮の小さな住宅は、今はシッカリ施主さんの住まいに変貌?しています。
頑張ったのは奥さんで、楽しんでいるのは旦那さん。と笑って言ってもらえて何より。奥さんによると、家が完成してスッカリ変わったのは旦那さんだとか。突然お風呂好きになったそうです。

本日は住み始めて分った若干の不具合の手直しに寄せてもらいました。作業途中でコーヒーを出して頂き、ソファに座って、ちょっとだけお客様気分を味わってきました。トップライトからの日差しが心地よく。とても快適な感じです。竣工写真もお渡しすることが出来て、一段落。はっきり言って、ウラヤマしい限りです。

まずは、自前写真で紹介ページを作成しました。>「 WAON

スッカリ前後してしまいますが、これから時折、工事進行の記事も再開したいと思います。

オープンハウスと写真撮影が終わりました。

先日ひとつ物件が完成し、建築関連の友人を誘ってオープンハウス(見学会)を行いました。今回は一般の方にはご周知していませんので、一般の方でこれを読まれた方には申し訳ありませんです。(写真は完成直前のものです。)
見学会は物件を見てもらって意見をもらい勉強するのが主旨ですが、久しぶりに会う友人も多いので、いつしか同窓会的な感じになってきます。ついつい世間話で終わってしまったり。
当日は施主さんの生活が始まる前ですから、家具もなにもない素の状態でいろいろ想像してもらうしかありません。と言え、来て頂いたのはほとんどが同業者。それぞれに違った意見や考えの中で設計をしているので、あそこはどうして、ここはなぜ、その必要はあるのか、色々な感想を聞かせてもらえました。
それらを聞きながら、そうか〜そう思うものなんだ。なるほど、そういう手もあったのか。やっている時にはどうしても盲目的になってしまいがち。話を聞いて、初めて気がつく事も沢山あります。 次回にはそれを生かそうと思いながら、また盲目的になっていくのですが。。。
見学会に来られた皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

2日間の見学会の次の日。建築写真家の絹巻豊氏に完成写真の撮影をしていただきました。ほぼ快晴で、撮影は順調にできたと思います。撮影は、それぞれの場所で一番陽のよい感じになる時間を追いかけながら順々に撮影していきます。光はどんな風に入るか、影はどんな風に伸びるのか、絹巻さんに質問されるのが分っているので、現場終盤は撮影の事も頭において現場にいるつもりなのですが、憶えているようで憶えていない。撮影当日に一日立ち会いながら、ようやく、へ〜こんな風に見えてたんだ〜。なんて事もあります。朝から日が暮れるまで。じっくり出来上がった建物の様子を掴めるのは、実はこの写真撮影の時ぐらいかもしれないです。

工事終盤はブログでの進行状況の記事が、ほとんど書けずじまいになってしまいましたので、完成写真が仕上りご紹介できるまでの間。順は逆になりますが紹介していければと思っています。

LOOP〜金属加工〜に訪問

metal working

以前から度々扉の取手や手摺や物干掛けなどのスチール加工をお願いしているLOOPさんの工房を訪問しました。LOOPさんは細かな細工が得意な上、奇麗な仕上りなのでいつも助かります。
訪問の目的は、まだ工房を拝見したことが無かった事と、製作してもらっているハシゴの手摺の高さや持ち具合を実地に確認しておこうと思ったからです。壁に立てかけてあるハシゴに一段載って予定に近いパイプを手にしながら、図面に描いたあたりにパイプを添えると後ろに重心が行き過ぎ動きつらい感じでした。思った以上にハシゴに寄せる方が昇り降りしやすそう。実際にやってみないと分からないものです。

大きな鉄の扉の工房正面は、いかにも金属加工をしている様子を醸し出しています。少し開いた扉に向かって扇風機が廻って、その向こうで何が出来上がってくるのか。寸法切りした材料が組み上がって現場に到着するのは、来週末の予定。

metal working
metal working
metal working
metal working
metal working

トップライトのガラスがはまりました。

glazing work

今朝少し早めに現場に着くと、正面のハメ殺し窓とトップライトのガラスをはめにガラス屋さんが来ていました。おもむろに横たわるトップライトのガラスは想像以上にかなり大きいです。

正面の三角窓は二つに割ったガラスが既にはまって、サッシとの間にバックアップを詰めシーリングの準備をしていたところでした。しばらくして、トップライトの設置に取りかかり始めました。その様子を写真に撮ろうとしていたのですが、三人の力持ちそうな職人さん達でも重さによろけつつ。。。おもわず手伝いに廻ってしまいました。ガラスが屋根に上がったところで、屋根に上ってにじりよるのですが、45度勾配はかなり怖い。。。職人さんが滑り落ちないかハラハラしながらカメラを向けました。

明日、光触媒のコーティングをすることになっています。

glazing workglazing workglazing workglazing workglazing workglazing work
glazing workglazing workglazing workglazing workglazing workglazing work

アイシネン吹付け断熱工事

heat insulation work

外壁が貼られた数日後、吹付けタイプの断熱工事が進められました。アイシネンという製品を使っています。この断熱材は以前から使ってみたい材料のひとつでした。断熱材マニアとも思えるような熱心な営業さんが10年ぐらい前から事務所に通っていらっしゃったのですが、ちょっと割高なこともあって、なかなか採用に踏み切れずにいました。今回はいろいろ縁あっての採用です。

類似製品が多くある中でこの材料がどれだけ違うのかを説明するのは、正直難しいのですが、生涯保証を謳うメーカーの自信の程を期待するばかりです。あれこれ取り寄せて勉強はしたものの、結局は営業さんの説明を鵜呑みにしてしまう調子良い設計者なだけかもしれません。ただ、吹き終わった製品を手で触ると他製品よりも柔らかい感触があります。

見えないところに何処までこだわるか。またこだわれるか。金額があっての建築設計ですからアレもコレもとはいきませんが、生涯住んでもらいたい住まいに、ひとつ何か良い物を使えるだけでも安心感につながって行きます。

heat insulation workheat insulation workheat insulation workheat insulation workheat insulation workheat insulation work
heat insulation workheat insulation workheat insulation workheat insulation workheat insulation workheat insulation work

続きに吹き込み風景の動画を載せてみました。
ひと吹きするだけでみるみる膨らむ様子は、初めて見るとちょっと驚きます。 続きを読む

フレキシブルボードの外壁

external wall

先週の始め、外壁の仕上になっているフレキシブルボードが貼られました。鎧張り風に45センチ巾の短冊にしてもらって、下から順々に重ねながら貼っています。

窓の位置はを短冊の割付に併せて設定していましたが、貼られてみるまでピッタリ揃っているかが心配でした。現場で貼り上がった壁を見上げると、ほぼ図面通りの位置に納まりひと安心。普段こうした材料を貼り慣れない大工さんが3人掛かりで、数ミリ単位の誤差も気にしながら丁寧に進めてくれました。

真新しいセメント質のボードは、今は晴れた日には薄グレーの均質な感じとても奇麗ですが、経年変化で適度に味が出て来る事も期待しています。倉庫っぽいイメージを期待された施主さんの意向に、将来も裏切らずにいてくれるとよいのですが。

external wallexternal wallexternal wallexternal wallexternal wallexternal wall

外壁の下地

inside of the outer wall

外壁の下地が一気に重なりました。防水シートにはタイベックシルバーを使っています。以前、別件の大工さんからこれを貼った夏の現場は全然違うと聞いていただけに、遮熱効果に期待しています。メーカーの解説では冬も効くそうだが。。。
一般的に使われる他メーカーのシートより割高なのですが、そんな訳で、大工さんはオレたちが貼っていいのか? と言いながらバシバシ貼り上がると、心無しか上等に見えたり。気分だけかもしれませんが、少しばかり厚みがあるこのシートはどことなく安心感が漂います。
さらに外壁の仕様を踏まえて、通気層を挟みながら2重にシートが貼られています。

トップライト廻りやバルコニー廻りも同時に進みだしました。建物の外形が随分と分かる様になって来はじめています。今月の内には外回りの大筋はほぼ完成の予定。

inside of the outer wallbalconytoplighttoplightcanopy supportwaterproof sheet
inside of the outer wallinside of the outer wallinside of the outer wallinside of the outer wallbalconyinside of the outer wall

中間検査が終了

ステンレスサッシ枠

台風が近づく最中、午後からの中間検査が無事終了。
このところ天候が悪くて打合せだけはいろいろとするのだけど、外壁の防水シートを貼るタイミングを逃している。そんな時に台風情報。。。養生には気を配ってはいてもらうものの、組み上がった躯体の中に雨がはいってくる様子を見るとイヤなものです。

LOOPさんに製作をお願いしたハメ殺し窓用のステンレス枠が取付けられ、検査の後ガラス屋さんが採寸に来ました。雨が降ってシートが被せられているものだから、職人さんもやりにくそうです。(写真は仮付の状態です。)計りにくそうな様子に図面見ますか?と問うのだけど、実測しないと心配で。と言われる。と言う物の変則的な形なものだから、職人さんに納め方を話しつつの計測となりました。
トップライトはガラスがはまれば窓ふきにはちょっと行けそうにありません。今回は、光触媒の汚れ防止コーティングをお願いしてみました。効果の程は、未体験なのでなんとも言えないのですが、やらないよりはやっておけ。。。後で思い付いて、むりやりやってもらう事に。。。(監督さんスミマセン。)

事務所に帰ってきたら電気屋さんから、心配だから明日来てもらえませんか?と電話。台風が近づいているのに、明日も現場を覗きに行く事になりそうです。

sashpiping erectionsashsash
bracketsashsashloft

屋根下地から進んでいます。

cradling for toplight

棟上げが終わった次の日からは「晴れ」続きで、順調に工事が進んでいます。

今日は屋根に貼る板金工事やトップライトの枠など金物工事の打合せで、午前中から現場でした。打合せの前後、まだきっちり囲まれていない揺れる足場を怖々と登りながら、野地板が随分貼られた屋根の様子を確認。10勾配・45度傾斜の屋根が、どことなく民家風に見えなくもありません。
しかしこの傾斜、大工さんがホンマ怖いで。。。と言うのが、ホンマ実感できます。屋根足場が無いと、さすがに登る気は起こりません。

この計画途中、屋根足場の要らない勾配は4.2勾配です。とある工務店さんが言っていました。10行って4.2上がる勾配になります。別な計画で、その4.2勾配を実践中。如何に違うかが近い内に実感できるかもしれません。

building framebuilding framebuilding framebuilding framebuilding framecradling for windows
roofboardroofboardcradling for toplightroofboardcradlingroofboard