雑誌 LiVES に「subako」が掲載されました。

八月の中頃にモシャモシャ屋上庭園の雑誌取材をしていただいた「LiVES(ライヴズ)」が発売されました。完成から3年半経ってからの掲載に、編集のSさんから載せたかったのですと頂いたお言葉に、ちょっと感慨深げです。しかし、その年月があってこそ、施主さんが設計当初からイメージしていたラピュタな様子がとてもよく分かります。

時間が経つ程に、味がでるような建物。設計者として、そうであって欲しいと願い試行錯誤し設計を進める訳ですが、実際にそうなるかならないかは、正直住まいされる施主さん頼りと言ってしまって過言ではないでしょう。責任放棄と怒られそうですね。subako に久しぶりに伺った際、アプローチ沿いの外壁にドラえもんがなんともアートな感じに落書きされ、それを消す事をためらう施主さんと語って、間違いなく味が出る確信ができた事がホントに嬉しいのひと言に尽きます。

「良い家ってなんだろう。」特集のテーマは、素朴な疑問ですが、やさしい言葉だから答えるのはムズカシイ。改めて責任放棄に怒られそうですが、それを設計者に求めるのは無理な注文です。

モシャモシャ屋上庭園の雑誌取材

引越からしばらく、暑さと仕事に正直バテバテ状態です。書こう書こうと思いながら、完全に停滞です。今もなお目はクルクル廻っていますが、このままではヤバいと思ってひと踏ん張り。事務所はだいぶ片付いて落ち着いてきましたが、まだ封を開けていない荷物も転がっています。何処に何があるのや、探しまわりながら、現場でもウロウロ、事務所でもウロウロ。

8月の始め、久しぶりに「 LiVES(ライヴズ)」さんの取材を受けました。完成してからもう随分経ちますが、編集のSさんから「subako 」取材希望の連絡がありこのたび実現しました。施主さんには急なお願いに関わらずご快諾いただけ、とても感謝です。久しぶりに訪れた夏っぽい屋上庭園に唖然としておりましたが、楽しそうな家族の風景に和んでしまいました。
暑い最中に無事終了しひと安心。みなさま本当にありがとうございます。

掲載誌は、9月15日頃に発売されるそうです。校正の原稿が先日にはメールで送られてきました。とっても素敵に紹介されています。楽しみ楽しみ。

家族をつなぐ女性家具職人〜potitek

subako」のダイニングチェアを作られた木工房の「potitek」さんが、テレビで紹介されると、施主さんから教えて頂きました。明日朝なのですが、このエントリーをご覧なられた方は是非に。

LIFE~夢のカタチ~

2010年7月12日追記

自分でお知らせしておきながらシッカリ見逃してしまった。恥ずかしながら「potitek」の戸田さんに録画したDVDを送って頂いて昨日ようやく拝見した。
観てビックリ。スバコの施主さんから依頼を受けたダイニングチャアとベビーチェアを納品するまでの、一部始終を事細かに紹介されていた。戸田さんの仕事の様子もさることながら、スバコもすっかりと施主さんの色に染まりながら家族の団らんまで映しだされていた。自分のことのようで嬉しくなってくる。
子供の成長に併せて使えるベビーチェア(小学低学年ぐらいまで使えるように工夫されている)、役目を終えても家族の歴史、次の世代まで使ってもらえるようにと願う戸田さんの姿勢もとても素晴らしい。
自分にとっても良い記念となる番組でした。

トマトとズッキーニ

tomato & zucchini

連休の最後、久しぶりに京都の subako に伺いました。これまで機会を逃して、住まわれてから夏の様子をまだ見た事がなかったので、実はようやく拝見。
夏本番はこれからだけど屋上庭園がどんな風になるのか、少しずつ拝見はしていたものの気になっていました。いや〜、すっかり農園です。本当に楽しそう。完成当初は芝だけでしたが今はいろいろ野菜が植えられたり、屋上にいる事をすっかり忘れそうな感じです。
野菜づくりを楽しまれる施主さんは他にもいらっしゃいますが、皆さんの様子を見ていると感化されそうです。自宅でなんか植えてみようかと真面目に目論んでみたくなってきます。実は先日、ヨメさんが買って来たペパーミントを庭先に植えてみたのですが、うまそうに葉を拡げたと思ったらチビこいバッタの集団に食い散らかされてしまいました。廻りに緑は他にも一杯あると言うのに。。。愕然。やっぱりうまいのか?
写真は帰りに頂いたトマトとズッキーニ。さっそく頂きました。どちらも甘くて美味しかった。ところでネットで調べてみたら、トマトはナスの仲間で、ズッキーニはカボチャの仲間なんですね。全然知らなんだ。めちゃくちゃ初心者みたいな事を書いていますが、そんな事を知っただけでもますます興味が湧いてきます。
それにしても自分の家の屋根の上で採れた野菜を食べられるって、すごく不思議でうらやましい限りです。

オクラの種

このところ寒さが更に厳しく、朝、布団から抜け出すのにひと苦労です。
毛布の奥からササッと手を伸ばし、
真横に鎮座するガスファンヒーターのスイッチを入れるのが日課になっています。
結露した窓を上目遣いで見上げ、おお〜寒。
そのままテレビのリモコンを布団の中に引込み、顔だけ出してスイッチオン。
元気そうなニュースキャスターの声が頭の頂点をかすめ。こちらは、フ〜〜〜〜。
団子虫の様になって気合いを充填。ア〜。とかなんとか言いながら起き上がる。

先週末は「平一さん」宅と「subako」宅へ。久しぶりの京都です。
「平一さん」宅へは、しばらく前に家具の手直しがあったのでその仕上がりを確認に。
と名目を付け、まだ小さな新しいご家族に会いに行きました。
とても凛々しい男の子。福々しい名前がピッタリな笑顔で迎えてくれました。
「subako」宅へは、いくつかの窓にカーテンやロールスクリーンを付けたいとのことで、
施工いただいた工務店の監督さんと共に、インテリア諸々のご相談を受けに。
久しぶりに伺ったお宅の様子は、施主さんの色がますます色濃くなっていました。
丁度一年が過ぎたぐらい。大きなトラブルは無く、過ごして頂けている様子にひと安心。
写真は、屋上庭園で栽培されたオクラの実をもらってきたもの。
施主さんの楽しそうな様子に、少し感化されそうな気配です。
ただし、もう少し暖かくなってから。

カキノイエ:引越し前日・KAKI no IE

息つく間もなく

GAGGENAU

この2、3日は慣れない早起きの連続で、未だ眠気が取れません。
完成前の現場のドタバタからオープンハウスに突入、息つく間もなく竣工写真の撮影。
ゼイゼイ言いながら3日間を過ごしました。
帰りの時間は日毎に遅くなるのに、行く時間が日毎に早くなると言うのは、さすがキツかった。。。
が、今回ほど事務所の名前が良かったのだ。と思える事はありません。
この所の曇り空が続いていた天気の心配をよそに、当日は予想以上の晴れ間が広がりました。
この幸運のおかげで、オープンハウスには大勢の方が来られました。
久しぶりの友人や建築仲間、はじめて会った仕事のパートナー、自転車を停めて見上げるご近所の方。
新たな施主さんかと思いきや2年前に建ててしまったと言う告知を見て来られた方。オイオイ(T_T)。
そして、これまでお付き合いさせて頂いた施主の皆様。〜 遠い所、アリガトウゴザイマス 〜
一体どなたの家だか分からなくなる様な勢いで、本当に賑わっていました。

次の日の撮影も朝9時スギから3時スギまでぶっ通しに進み。ラーメンをひと啜り。
夜景を撮り終えた時には正直ヘトヘト。最後に点検に廻りながらシミジミ。
が、事務所に帰りついてネットを開くと、施主さん方のブログが賑わっている。
飲み込まれそうな勢いに圧倒されフラフラです。

日を巻き戻し、オープンハウスの前夜。
ガゲナウのクッキングヒーターで缶コーヒーを暖めました。
初調理がコレではバチが当りはしまいか、思いつつもハロゲンヒータの赤い灯を眺め。
暖まったコーヒーにホッとしました。
ここまでお付き合い頂いた施主さん、工務店さん、監督さんに感謝です。

日が変わらぬ内に帰りませう。

無事に

KAIDAN

今日は間近に引渡となる住宅の完了検査でした。
ほぼ(ほぼです。)事なきを得、検査も終了しました。
最後に検査官曰く、エエ家やな〜。いやいやどうも、ありがとうございます。
まだ工事は終わりきっていない中、心の中ではほっと胸を撫で下ろしました。
計画中や確認申請前は、分厚い法令集をめくり間違いの無い様にアレコレ悩みます。
そんな事言っちゃイカンのでしょうが、
その昔、順法心が薄いと自動車教習所で指摘された身には、正直苦手。(苦笑)
やりたい事に先走ってアレコレ描いて、スタッフに確認してもらったりすると、
コレはどうも。とか、アレはどうも。とか指摘を受け、
コレならどうだ。とか、アレならどう?とか、禅問答のような繰り返しをして、
ようやく図面が仕上がります。
工事に入ると、コレまた自分勝手にエキサイトして、
ああしたい、こうしたい、が頭をもたげ、先に自分が何を描いていたのか、
うっかりすっかり忘れてしまいそうになります。
検査を受ける頃は終わりも近い訳ですから、現場とのやり取りも増えたり、
必要書類の作成に追われ、見直しもままならずドキドキしながら検査を迎えるハメになる。
その癖に検査時間ギリギリに現場に行くものだから、監督さんには余裕に見えた模様。
いえいえ、そう言う訳ではありません。あしからず。

一体どこに?

kaikou

完成が近づいて、現場が慌ただしくなってきた。
こういう段になってようやく、まだ決めていない細々とした事にいろいろ気がつく。
あ、あ、あ、と、それまであった時間は一体どこに?何をしていたのだろう。
終わりが近づくに連れ、施主さんへの連絡もついつい増える。
申し訳ないばかりだ。
後2〜3週間内の予定。せにゃ〜イカン事が頭を空回りする。
ひ〜。ふ〜。み〜。よ〜。