ホントに引っ越しが始まってしまいました。

あと残すは全体工事の4分の1ぐらいでしょうか。

少しでも早く子供たちに落ち着いた生活をさせたい園の希望に押され、保育所増築の工事はあれよあれよという間に進み、本日は建設会社の社内検査。すべてが完成できた状態でありませんので、まだしばらくご不便掛ける有り様ですが、なんとか間に合ってきました。
細々手直しはもちろんありますが検査のあと、保育士さんたちの引っ越し準備は待ったなしでスタートしました。

増築保育室の様子既存部から増築保育室を見た様子

今回の増築では元々の部屋が4割増しほど奥深くなったので、部屋の明るさをずいぶん心配されました。今は冬の日差しと言え、以前よりサッシ面が広くなったことで中まで明るい様子に喜んでいただけたところです。写真のカウンターは、以前の腰窓部を敢えてそのままカウンターにして利用しています。

こどもトイレの入口0〜1歳児トイレの様子

こどもトイレは3か所あり、2か所は改修。写真は増築部に作った新設トイレになります。こども便器が並ぶと、それだけで楽しい感じになります。腰のタイルの帯は、3か所でそれぞれ色味を変えています。

夕暮れに増築部側から中を様子

秋口からの工事中、子供たちには既存の遊戯室を分割した仮の保育室などで我慢してもらいました。新年からは、ようやく広くなった保育室で子供たちの生活が始まります。
養生のシートがめくれた本日は、子供たちや保育士さんへのお披露目のような感じになりました。わ〜きれい!の声に応えるまでには、あともう少しです。

毎日が引っ越し中です。

引っ越し中

ただいま引っ越し中です。と書きたいところですが、少し前の現場の様子。
去年小さな倉庫棟をさせていただいた保育所の、今は増築工事の現場監理をさせていただいています。倉庫棟が終わった去年の暮れ頃から動き始め、年を明けて春頃から本格始動。詰まるところ夏休み返上で設計を進めた計画が、ようやくスタートしたとホッとするも束の間。大きな計画では決してありませんが、園の中に散らばった工事部分が一斉に動き始めると、アレモコレモと、毎日がこんな感じで日々変化の激しい現場に泡食っています。

地鎮祭の供物

秋晴れの地鎮祭が過ぎ。。。

掘削工事

気がつくとこんな感じで。

鉄骨工事

しばらくするとこんなことになり、一方で、

トイレ内装工事

こんなまで進んでいるところもあったりなので、目が回ります。
今はすでにサッシもついています。間仕切り枠の取り付けも進み、建具も家具も同時に打ち合わせ進行中だったり。徐々に出来上がる様を悠長に楽しむ余裕がありません。本日(祝日)でも、現場からの電話あり。。。
もう少し進めば、楽しそうに報告できるでしょうか。。。

レモンティー小屋の完成です。

パノラマな青空でした
最初の訪問客は、どうやら近所のアマガエルでした。
昨日に完了検査を終了し、無事に完成しました。なにしろ倉庫なので厳しい予算でしたが、地元の工務店さんのがんばりで何とも愛らしい小屋になりました。感謝です。

正面の芝生の園庭は、ほぼ南向きで日陰になるところがあまりありません。今の時期には、子供達のちょうど良い逃げ場になりそうです。
コチラはと言うと、鮮やかな緑にちょっとしたリゾート気分?な現場を体験させて頂きました。もう少し続いてくれると良かったのに、、、残念。