Observations on Japanese Architects

Observations on Japanese Architects

去年の事ですが、アルゼンチンの美術館の学芸員さん(たぶん)から「NU 」を日本の建築を紹介する展覧会に出品して欲しいと一通のメールが来ました。その後、翻訳サイトを駆使しながら数度のメールのやり取りをしてデータを送るところまでしたのですが、その後のやり取りがないまま、気がついたら終わっていました。しばらくしてもう一度、アトランタで巡回展をやるからOKしてくれるか?のメール。もちろんOKしていたのですが、これもまた気がついたら終わっていました(笑)。

ほんまに展示してもらえてたんやろか?と半信半疑のままに、ほったらかしにしていた自分も悪い訳ですが。たまたまネットで確認してみたら、おやおやちゃんとビデオにもしてもらえてる。ではありませんか。海外の方に、なんだかそれなりに評価してもらえたようで、素直に喜んでいます。

埋もれてしまう前に、ココで改めてご案内です。そう言えば今年の始めはこれがあってのコトなのか、何度か海外からの電話がありました。まったく英語がダメなものだからただオロオロするばかり、国際的になる機会をすっかり失ったかも。まずは駅前留学の必要がありそうです。

送った画像データを編集していただいた動画はコチラで見ることができます。スタートして五分後ぐらいでしょうか。

Observations on Japanese Architecture on Vimeo

元々のアルゼンチンのサイトとアトランタのサイトははコチラ。

SDA MARQ - Antípodas - arquitectura japonesa desde miradas argentinasAntípodas: arquitectura japonesa desde miradas argentinas : Sociedad Central de Arquitectos

screenshot - MODA Past ExhibitionsMuseum Of Design Atlanta(過去の展覧会)

NU


NU
Originally uploaded by hifumiyo.

家の名前は「NU」と命名されました。
9月8日にオープンハウスを終え、引渡も済みました。ひと安心です。
見学に来られた方々はほぼ一様に、施主さんの割り切りや理解に驚かれました。
その言葉の中に否定的な言葉はありません。
それだけ、この建物から施主さんの思いが伝わったのだと思っています。
近々施主さんは引越されます。これからの住まわれ方が、本当に楽しみです。
多々無理をお願いした工務店の社長さん、監督さん、現場で工事に携われた関係者の皆さん、多くの方の協力に感謝します。
遅れましたが、まずは完成のご報告まで。

NUNUNU
NUNUNU

無事終了

一昨日、昨日とオープンハウスは無事終了。
まだチョコチョコと手直しは残るが、ひとまず引き渡しができた。
今回の工事は、最後の最後まで完成の様子が今ひとつ感じられず、
前日まで正直ヒヤヒヤしていた。
工事がギリギリまで掛かっていたのが理由ではなく、
自分自身に完成の姿が想像できていない感覚があった。
今までの物件に無い不思議な感じが、どことなくする。
それが何なのか、自分自身に回答が無いのだけど、そんな感じ。
それでも、オープンハウスに来て頂いた方には楽しんでもらえたのか、
小さな建物なのに、ゆっくり見てもらえた感じがする。
多くの好評な感想を頂けて、正直安堵した。
2日目の最後は、建築家の友人と昔のスタッフが来てくれて、
終了時間は過ぎても、日暮れと共に移り行く様子を一緒に楽しんだ。
近所の女子高生か女子中学生が2人乗りの自転車で「かわいい〜」と通り過ぎ、
表現に「?」は浮かんでも、ちょっと嬉しい気がした。
この場を借り、オープンハウスに来て頂いた方々にお礼申し上げます。
そして、工務店、業者さん、工事に関わった方々にお礼申し上げます。