町工場工事の経過・その2

 現場に来るたび様子が変わっています。職人さんがつぎつぎに入れ替わり立ち替わり、工事が進んでいる雰囲気をかい摘んでご紹介します。

階段手すりの取付けをしています。
踊り場の手すり部分。うまい具合に繋げてきますね。
倉庫内は鉄骨の塗装も終わり、クレーンが取付き工場らしくなってきました。
エレベーター工事の最中です。
あっと言う間にセットされるかと思いきや意外と細かい作業が続くようです。
電気屋さん、クロス屋さんが入り乱れて慌ただしい。
内装工事が落ち着いたところで、タイルカーペットの施工中。奥の床は配線用のOAフロアーがまだ見えています。
作業場の塗り床も終わっています。落ち着いた感じに仕上がってきました。
玄関廻りのタイルを施工始めたところです。
外部配管工事の様子。ここまで来ると工事の終わりが近い感じがします。
玄関のアルミ庇も既に取りついています。

 実は1週間ほど前に、若干の工事を残しましたが引渡しを終えました。中盤は懸念していたボルトの納期に工程の遅れがやや出ましたが、終盤の追い込みでなんとか当初の予定に沿って終わることができました。2週間ごとの定例会議には毎回施主さんも参加されながら、それぞれの協力のなか進めていくことができました。

 この場を借り、無事完成できたことを工事関係者の皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。
 しばらくすれば、完成写真をご紹介できると思います。お待ち頂ければ幸いです。

町工場工事の経過

棟上げ後、床コンクリート押えの様子です。

 上棟からしばらく経った町工場工事は随分進んできました。徐々に工事のスピード感が上がり、打合せ毎に仕上げをどんどん決めて行かなければいけません。設備の配線・配管工事も進んできました。

外壁のALCが取付きました。
倉庫の間仕切り壁もALCで区切られています。工場っぽくなってきました。
2階から吹抜けの倉庫を見た様子。天井からはクレーンが吊られます。
サッシも取付きました。3階の事務室ゾーンには吹付断熱を施しています。
倉庫正面のシャッター施工中。ますます工場らしくなってきます。
屋上の仕上げコンクリート打設前の様子。断熱材が敷き込まれています。キノコの様に見える立上りは、将来太陽光パネルを取り付けられるように準備をしています。

町工場の棟上げ

棟上げ

 鉄骨造の棟上工事が終わりました。建ち上がった後に現場へ伺ったので、クレーンが吊り上げる梁間を勇ましく鳶の皆さんが作業される様子を拝見できなかったのは少し残念。それにしても暑い最中での作業は本当にお疲れさまでした。
 去年から懸念されていたボルト不足がなにより心配でしたが、なんとか手配がつき、それでも予定から10日ほど遅れの工事となりました。

 ほぼ同時に進んでいる木造の住宅工事も、先週末に棟上げを済ませたところ。構造の違う工事を行ったり来たり見るのは、少し不思議な感じがします。