タタミとショウジは和のものか?

モダンなテキスタイルの畳

まだ家具の無い広いリビングダイニングの一画に畳が入った。畳と言うより、TATAMIな感じ。監督さんが探して来た一風変わった畳のサンプルを見た時、色とりどりで見た事のない柄の切れ端が面白いと思って採用してみたのだが、いざ敷き込まれた様子を見ると、なんとも不思議な感じがした。化繊で織り込まれた畳は、写真で見るよりもずっと艶っぽい。

さらに同時に入っていた障子。てっきり和紙をラミネート加工している強化障子紙を貼った障子だろうと思っていたら、なにやら随分と紙の張りがよく見える。強化障子紙だと本来の障子紙のように伸び縮みがないので、紙のようにはならず、どうしてもたわみが出てしまうのが普通。ところが一見してピンと貼れた感じに見えるので、上手に貼れているな〜と感心していたらなんのことは無い。つや消しの白い塩ビ板そのものだった。思わず自分の目の不確かさに笑ってしまった。これは、SHOJI。

この二つの「和」の2大アイテムが入ったにかかわらず、「和」な感じがまるでしない。部屋は大部屋に続いて白いクロスで巻かれているので、和な感じが少ないのは分かっていたけど、これまで紙障子と畳を添えると、どことなく和に切り替わる気がしていた。しかし、今回はことごとく感じない。不思議。

アクリルの障子

大河ドラマでしばらく前に、秀吉の金の茶室が披露された、割れた茶碗の利休もいらしゃる。その当時、建築をする時に和だとか洋だとかの感覚はあったのだろうか。海外との交易があったにせよ、今のように使い分ける感覚は果たしてどのくらいあったのだろう。
また、和室と言えばどことなく「利休」よりな侘び寂びイメージが、本来な気がついしてしまう。それでも、同時にあった金の茶室もまた和と捉えるように思う。考えれば、いい加減なものだ。

そんな事を思いめぐらせてみるが、目の前にある和室が何とも色っぽい。

窓からの風景が良ければ許される不思議

窓の向こうにも

建築の設計をしていれば、ここはビューウィンドウなどと窓からの景色はそれなり気にしているものです。計画前の敷地に立って、あちゃらの景色は抜群やな〜、こちゃらは隣に覗かれそうだけど捨てがたい。窓を工夫してなんとかならんかいな。。。ぶつぶつ。と唱えながら図面に向かっているものです。
この高台にある住まいでは敷地に立つまでもなく(ちゃんと立ちましたが)景色が抜群であったことは理解していたつもりでした。そのつもりで窓から離れて見たこの風景は、実は自分の想像には無くとても不思議に見えました。そう360度好きなように見ていた風景とはまるで違っていたのです。あまりに拡がっていた風景を目の前に、空や地面を窓に切り取られた風景まで想像が及んでいなかったことに気がついたところです。
ちゃんと立てていなかったと言う事ですね。設計者としては盲目かも。
それでも、窓からの風景が良ければ許される不思議です。

白いだけで許される不思議

白い壁と梁の見えた天井

特別な家でもなんでも無くても、無造作にも見えた石膏ボード下地の天井と壁が漆喰だろうが、クロスだろうが、白く包まれるとそれだけで、なんとな〜くそれらしくなって、なんとな〜くイイ感じがしてくる。さらに、窓の向こうにイイ景色が見えたりすると、それだけでOKを出してしまいそうになる。
ここは高台の1階、2階の眺望はベリーグッドであったりします。

屋根に上ればパノラマでした。

建前中

先週末に一軒棟上げ。今日は午前中から、屋根と外壁工事の現場打合せで一日終わり。事務所に帰って、思わず中元でもらったビールに手が伸びる。
施主さんは、屋根に上って天体観測をするのだそうです。昼間は堪りませんが、夜空は気持ちが良さそう。

パノラマな風景

断熱工事の検査を終了。

今日はようやく現場の断熱工事があらかた終わって、長期優良を兼ねたフラット35Sの中間検査を受けました。現場に着く前にすぐ近くにある工務店さんの事務所へ寄ったので、スタッフがひと足先に立合に向かいました。少し遅れて現場に着くとなぜか人影無く。しばらくしてスタッフが現れ、検査は1分で終わりました。あらそ、様子を見ればこりゃ十分と思うかもしれないが、ちょっと早すぎでは?

入荷の遅れたサッシがようやく入って、現場にも動きが出てきました。3ヶ月は完全に失った感があります。このところ急な暑さに気持ちがばてそうですが、ここでもうひとフンバリ。現場を去る直前には玄関ドアが搬入もされました。月が変わって、残りの工事をスマートに進め、停まった時間を取り戻したいところです。

現場の帰り、久しぶりに世話になった和菓子屋さんへ

このところ仕事の事をまるっきり記事にしていないから、なんだか設計事務所のサイトでないような気がしてくるのだけど、それなりに仕事はしています。

震災の影響で進みの遅い現場からの帰り、久しぶりに独立すぐ仕事をさせていただいた和菓子屋さんに立ち寄った。大型ストアが近隣にできて和菓子屋さんのあった商店街はすっかり人通りが減った。食い止めようが無い様子で、たまに思い出して顔を出す度にご主人はどうしても、そんな話しや商店街の内輪の話しが止まらない。
それでも帰りがけには必ず食べ切れないくらいにお土産を渡されてしまう。今日は払いますよと言っても受け取ってもらえない。そんな気前良くできる場合では無いはずなのに、人柄の良いご夫婦の言葉についつい甘えてしまう。
ご主人は以前パソコンに奮起し、分らないことがあるたびウチに電話がかかって来ていた。しばらく連絡無かったけど、きっとご自分で頑張ってるのだろうと思っていたら、もうやってもしゃ〜ないよ。と。5年持つかどうかみたいな話しが決して冗談ではなさそうで、人通りの少ない商店街には「人」がいない時代になっていくように感じてしまう。

翌日追記 >

大日 六甲生田堂そんな寂しい話で終わらんとってよ。とヨメさんに言われた機会なので、少しでも応援。グルメサイトに登録して、和菓子屋さんへのコメントを付けた。和菓子と言うと、どんどん高級菓子しか思い出せなくなってしまうが、身近に小さな和菓子屋さんは結構あるのだ。和菓子の世界は日本の素敵な文化でもある事をみんな知っているはずなのに、その存在を危うくしてはいけない。コンビニやスーパーで済まさず和菓子屋さんへ足を運ぼう!

 

大日六甲生田堂(兵庫 三宮・元町・神戸 / )|Alike.jp

充電式ラジオが恰好イイ

マキタ充電式ラジオMR100

現場の片隅にひっそりと、何やらがっしりした工具箱なもの。何の機械だろう?箱の横には makita とある。電動工具のメーカーである。発電機?と一瞬思ったら、ラジオであった。現場にはたいてい何時壊れても良さそうなラジオからAM放送が流れている印象があるのだけど、これは少々乱暴に扱っても壊れそうに無い。

現場の若い大工さんの持ち物であったのだけど、電動ドライバーのバッテリーで動くのだそうだ。ちょっとカッコイイので欲しくなった。アマゾンに似たラジオを見つけたけど、買うならやっぱりマキタブランドだ。白バージョンもあるので、iPod と繋げればイカしてるかも。

ALCが取り付きましたが。。。

屋根下地とALC

鉄骨物件のALC(オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリート – Wikipedia)取付け工事がほぼ終盤。写真は屋根/壁の取合い部分。排煙やら斜線やら法規に縛られ軒がほとんど出せないので、こうした形状になっています。

さてさて外枠はこうして出来上がり、ボリュームこそはしっかりと現れて来ましたが、地震の影響で工務店さんは資材の調達が困難な様子。なにから始めたらいいんでしょう。。。みたいな状態です。どこの工事もそうでしょうが、予算があって悠長に出来るものではないのですから、事態は本当に深刻だと思います。こちらからも良い知恵はなかなか出せるものでもありませんが、出来る事を見極め、しっかり仕事を続けてもらう為に意見を絞り出すことこそが唯一自分が出来る復興支援かもしれません。

垂木組の鉄骨屋根

タルキのC型鋼

鉄骨に印字された記号と寸法。棟上げの時、現場に運び込まれる材料の山をパズルを組む様にひとつずつ片付けて行くのは、木造も鉄骨造も同じ。材料の数だけ見れば通常は木造の方が断然多くて頭を悩ましそうですが、大きさと重さのある鋼材をクレーンで上手に組み上げる鉄骨造もまた違ったところで頭を悩まします。

今日は初めて屋根まで上がり、C型鋼の垂木で組まれた一部入母屋状の屋根をじっくり眺めました。思った以上に複雑だ〜と感じます。木造だと複雑であっても出来上がると四角い角材の組み合わせのためなのか意外にスッキリ見えるのですが、鉄骨は逆、鋼材自体が凸凹しているのでそんな難しくは無かろうと思っていいた所が、意外にこりゃ実際の製作となると図面も作業も頭がはち切れそうになるだろうな、と感じます。

これは難しいんですよ分って下さい。と言っていた鉄骨屋さんの顔を改めて思い浮かべました。ご苦労様です。