完成写真が届きました。

 完成写真の届いた「NURIKABE/XX-PLUS」をようやくアップしました。

 もちろん施主さんは既に引越して新居に住まわれています。今月初旬に手直しなところもあって訪問。気持ちよく住んでいます、の声を伺いようやく安堵しているところです。

 計画紹介ページにも書きましたが、今回の住まいでは敷地の条件もあり将来的な採光に気をつかいました。街中の住宅にはありがちですが、数年後に目の前に背の高い建物が建ってしまい、光も入ってそれまで気持ちよく過ごせていたリビングが台無し。そんな事態にならないよう設計では3Dも使いながらの検討もしています。便利な時代です。
 計画場所をGoogleマップと連動してプロットできるので、太陽の光が四季を通じてどんなふうに当たるのか?(おそらく)いい具合に検討ができます。頼りに作ったモデルにできた明暗の様子は、現場にいる間もほぼ同じように陽が当たっていました。将来想定外の事が無い限り、気持ちよさが確保できるはず。

 そのほか計画で考えた工夫など都度ご紹介できればと思います。まずは、写真家さんに撮っていただいた素敵な完成写真をご覧下さい。

検討中の3Dモデル内観(2階の窓から吹抜けの壁に光の当たる様子・秋分の正午ごろ)
検討中の3Dモデル外観(実際はここまで建物に囲まれていません。)
検討中の3Dモデル内観(朝のリビング。11月下旬の10時ごろ)

引渡しまであと少し。

ガレージ引き戸

 昨日オープンハウスが無事終了しました。
 お越し頂いた皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。大学時代の友人にも声掛けしていたので、久しぶりに会った懐かしい面々。気持ちはやや同窓会気分になりました。

 ただ、外構工事が終わるにはもうしばらく掛かりそうです。クリーニングも済んで奇麗になったところで気付く手違いもあり、お引き渡しまで少しばかり手直しが必要になりました。

 完成写真の撮影も控え、今週になって天気の崩れにヤキモキしているところです。

1階リビング。オープンハウス終了後。
2階居室。オープンハウス終了後。
夜景。庭側からの外観。

現代版スダレを取り付けました。

外付けシェードの取付

 サッシメーカーの外付けシェードを取り付けているところ。この住まいの計画中に見つけた商品で、取り付けたのは初めてです。あんがい外観にも馴染んで、思った以上によい雰囲気になりました。

 街なかを歩けば、スダレやヨシズを引掛けている住まいは今も案外多く見られます。実は、わが家もぶら下げています。
 省エネが今ほど叫ばれることの無かった、ちょっと古めな住まいならなおさらです。断熱材が薄かったり、遮熱性能が低い窓ガラスだと、昨今の暑さにはそうそう耐えられません。エアコンをガンガン掛けても能力が追いつかず、電気代ばかり食って損した気分にさえなります。しびれを切らしホームセンターに走り、アルミ箔のついた遮熱シートをぶら下げてみる。外から見るとなんだか怪しげな住まいになってガッカリ。

 日本の四季を楽しむ暮らし方うんぬん以前に、今は一人一人が出来るだけエネルギーを使わずに済む暮らしを求められる時代になりました。しかしそれも暗中模索。世界中で頻繁に環境問題が取り沙汰されていますが、今のこの環境を改善するには途方もない努力と時間が必要です。

 今は現代版スダレ・ヨシズも必要に迫られた対策という意識がありますが、本来は日本の風情ある暮らしを求める新アイテムとして、好きなものをチョイスできる時代にしなければなりません。

外付けシェード外観
外付けシェード内観

 現場は自動車車庫の土間コンクリートも打ち終わり、完成に近づいてきました。

外構工事が進み始めています。

 正月も終わり、えべっさんも終わり、完成まであと少しのところ。外構工事が始まりました。あとは野となれ山となれの心境ですが、内覧会に先立ち、完成に近づいた住まいの様子を少しだけご紹介します。

リビングの様子です。窓の外は工事中。
キッチンからの見返し。
2階に上がったところ。今日は陽射しが暖かです。
2階の様子。オープンな間取りになっています。
今日は、心地よいお天気でした。

オープンハウスのご案内「NURIKABE/XX-PLUS」(終了)

無事終了しました。ご来場頂いた皆様に、この場を借りお礼申し上げます。

大阪市内にて設計監理を進める住宅が、近々完成となります。
この度、施主様のご厚意により内覧会を催す運びとなりましたので、ご案内いたします。お時間許せば、是非お立寄りください。

時間  ***
場所  ***
最寄駅 ***
地図  ***

時間等の制約はありませんが、予約申込制とさせていただきます。ご了解ください。
当事務所を直接ご存知の方は、メール等でひと声ご連絡いただければお知らせいたします。

外壁の仕上げ左官工事

左官工事の様子

 ゴリゴリゴリ、ザッザッザッ。

 外壁の仕上左官の工事が昨日からはじまりました。ですが今週は天気の具合がいまひとつ、予報を睨みながらの工事進行です。乾き切らずの材料に雨が掛かると白濁する恐れがあるからです。白華現象と言い、セメント内のカルシウム分が浮き出てしまうのが原因。そうなると後が大変なので、左官屋さんの親方の一言で現場を進めるかどうかを決めるのだそう。

 今回は「掻き落とし」という技法を使った左官壁になります。仕上げに塗った材料の半乾きの良いタイミングを見計らい、ワイヤーブラシや下し金のような道具を使って表面を掻き落とします。表面が少しデコボコし、塗り材に混入させた石粒が顔をだす昔ながらの表情になります。ですが最近は見ることが少なくなりました。

 また今回はメーカーさんが調合した材料を使っています。風合い・色味はサンプルをいくつか作成してもらい、施主様と決めました。昔は現場でモルタルに好みの色粉や石をまぜ、掻き落とし具合も左官屋さんの腕次第という風情ある仕上げの方法です。今は樹脂製の材料など使いよい材料も増えてもいますが、今回はワラスサが入っていたり、なかなか純粋な左官材料です。

 ただ残念なことに、こうした仕上げを出来る左官屋さんが今はとても少なくなっています。監督さんが腕の良い左官屋さんを連れてきてくれたので、初日に現場指導に来られた材料メーカーさんも安心して帰られました。
 出来上がりがとにかく楽しみです。

左官工事の様子
ダイコン下ろしではありません。
左官工事の様子
左官工事の様子

家具やクロスも進みつつ

 現場も片づき始め? キッチンの取付けに家具屋さんが、お手製の道具を携え来てくれました。ぼやけた写真になっていますが、いい感じに仕上がっています。

 そしてクロス工事も始まりました。今回はクロス屋さん泣かせな薄め品番?です。ゆっくりやってもらって良いです。なんて、勝手な事を言い残して、今日は現場を立ち去りました。

 外部の左官工事も下地が随分進んできました。表から見ると、建物の雰囲気が変わってきた感じがします。通りから見るとなにやら物々しく、皆さん覗きながら通り過ぎて行きます。

クロス前のパテ塗を丁寧に進めてもらえています。
左側は下地終了、右側は粗塗りの状態

大工工事が終わりに近づいてきました。

 住宅の工事も大工工事終盤となってきました。前回から、しばらく間が空いてしまったので、今は中の様子がだいぶ分かるようになってきたところです。狙いのところも予想をクリアしそう。何が狙いかはまた後ほどに。

 それにしてもイメージとは難しいものです。現場で見上げながら思わず、なんかいい感じやん。なんてつぶやいてしまうと、監督から、分かって設計されているんじゃないのですか?と問われる。それもそうだけど、そうでもない。
 設計中は図面をじっと睨み無想し、3Dを作ってクルクル見渡し、時にはスケッチを描きながら、もう少しああかなこうかななんてやって居りましたが、まだまだ実のイメージに辿り着けておりません。きっとたぶん、こう見えるハズ。こう感じるハズ。
 スケール感はある種反復練習みたいなところがあると感じています。自分の思う距離感が現場で違っていると、もう少し広かった方が良かったかな〜。もう少し高かった方が良かったかな〜。んむむ、もう少し小さいほうが良かったよな〜。。。所詮は当てずっぽうなのです。

 とは言え、出来上がった時に施主さんや工事の皆さんから、なんだか気持ちよいと思ってもらいたいのですが、一体それはどんなスケール感なのか?
 これは普段から思う課題なのです。人の気配や動線、空間のボリュームを幾度も想像します。全体に細部に使い勝手もよい計画を目指しつつ、出来上がりは気が抜ける空間になることが望みです。ところが、設計の最中に施主さんの要望を満たすことばかりに集中しすぎ、出来上がったときにどこか寸止まりな窮屈に感じる空間になってしまったとき、あ〜しくじったと感じます。
 いや、ほんとムズカシイ。

「土足厳禁」やスリッパ入れは大工さんのお手製です。
リビングの様子。すっかりボードで囲われました。
階段を見下げた様子。
2階の床は、OSBと言われる構造パネルを平滑に削っている商品を使っています。微妙なサイズ違いがあるので、少しずつ調整しながら貼っていただけています。
1階の食堂付近から、カウンターの裏側はキッチンを据えるスペースになっています。
左官外壁のラス下地。ほぼ全面がモルタル下地の左官仕上げとなります。
床が貼り終わった2階の様子。右手のOSB壁の向こうは納戸です。
1階リビングから階段を見た様子。階段横には吹抜けがあり、明かりが漏れる様子が分かります。

町工場工事の経過・その2

 現場に来るたび様子が変わっています。職人さんがつぎつぎに入れ替わり立ち替わり、工事が進んでいる雰囲気をかい摘んでご紹介します。

階段手すりの取付けをしています。
踊り場の手すり部分。うまい具合に繋げてきますね。
倉庫内は鉄骨の塗装も終わり、クレーンが取付き工場らしくなってきました。
エレベーター工事の最中です。
あっと言う間にセットされるかと思いきや意外と細かい作業が続くようです。
電気屋さん、クロス屋さんが入り乱れて慌ただしい。
内装工事が落ち着いたところで、タイルカーペットの施工中。奥の床は配線用のOAフロアーがまだ見えています。
作業場の塗り床も終わっています。落ち着いた感じに仕上がってきました。
玄関廻りのタイルを施工始めたところです。
外部配管工事の様子。ここまで来ると工事の終わりが近い感じがします。
玄関のアルミ庇も既に取りついています。

 実は1週間ほど前に、若干の工事を残しましたが引渡しを終えました。中盤は懸念していたボルトの納期に工程の遅れがやや出ましたが、終盤の追い込みでなんとか当初の予定に沿って終わることができました。2週間ごとの定例会議には毎回施主さんも参加されながら、それぞれの協力のなか進めていくことができました。

 この場を借り、無事完成できたことを工事関係者の皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。
 しばらくすれば、完成写真をご紹介できると思います。お待ち頂ければ幸いです。