外構工事が進み始めています。

 正月も終わり、えべっさんも終わり、完成まであと少しのところ。外構工事が始まりました。あとは野となれ山となれの心境ですが、内覧会に先立ち、完成に近づいた住まいの様子を少しだけご紹介します。

リビングの様子です。窓の外は工事中。
キッチンからの見返し。
2階に上がったところ。今日は陽射しが暖かです。
2階の様子。オープンな間取りになっています。
今日は、心地よいお天気でした。

オープンハウスのご案内「NURIKABE/XX-PLUS」(終了)

無事終了しました。ご来場頂いた皆様に、この場を借りお礼申し上げます。

大阪市内にて設計監理を進める住宅が、近々完成となります。
この度、施主様のご厚意により内覧会を催す運びとなりましたので、ご案内いたします。お時間許せば、是非お立寄りください。

時間  ***
場所  ***
最寄駅 ***
地図  ***

時間等の制約はありませんが、予約申込制とさせていただきます。ご了解ください。
当事務所を直接ご存知の方は、メール等でひと声ご連絡いただければお知らせいたします。

仕事始めは、駐車場の掃除から。

駐車場の切り株

 今日から仕事はじめ。ですが、手始めは年末に手が出せなかった駐車場の掃除から。

 借りている駐車場のちょうど脇に生えている雑木が、特に春夏の間に日に日に大きくなります。一昨年に背丈を超え拡がった枝葉でスペースが圧迫され、なんともならず、大家さんにお願いして一度切ってもらったのが大きな方の切り株。と言っても6〜7センチ。ひと安心はつかの間、株の脇からニョキニョキと伸び出し腰高を超え始めたので、今回は早めの対策。大家さんの了解をもらって切らせて頂いた。

 事務所の玄関前でも、L型側溝の掃除を怠っていると積もった砂に雑草が生えてきます。コチラも併せて草抜き&掃除。併せて、お隣さんと年始のご挨拶。

 それにしても、植物のへこたれ無さには逞しささえ感じてしまいます。

謹賀新年2020

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

 にいまるにいまる。
 「令和」へ年号替わっての初めての年明けは、切りの良い始まりですね。

 この年末年始は、これまでにない落ち着いた時間を過ごすことができました。ですが、落ち着くにはまだまだ早い。にいまるさんまるの未来に向かって、改めてスタート地点に立った気がします。
 わたくしごと。にいまるにいまるにいにいまる。が、次の誕生日。ステップアップを目指し切りの良い年となるよう、この一年を過ごしたいと思います。

 本年もよろしくお付き合いください。

廣田神社の干支土鈴
西宮廣田神社の干支土鈴

あれこれスッキリ。ことしの片付けアレコレ。

 嫁さんの奮起で、今年は家のアレコレに駆り出されました。

 手始めは、阪神大震災のとき道路沿いのブロック塀が少し傾いてしまっていたのですが、気になりながらもそのままにしてしまい。古びたブロックがところどころ欠けだしてきたり、通りすがりの子供がサッカーボールをぶつけては嫁さんがビクビク。そのままにしてはご近所からの印象も悪そう、ブロック塀の修繕に市の助成金を利用できるのを知り、アルミの木目調フェンスに取り換えて随分スッキリしました。

 塀がキレイになると、併せて猫の額ほどの庭を少しはこましにしたくなり、お世話になった施主さんから不要になった蓄熱暖房機のレンガを引き取れたので、コレを庭の隅に敷き詰めダイカンドラという下草をばらまき、どことなくガーデニング気分。ようやく落ち着いたところで、一服できるようになりました。

 しかしそこで終わらず、うろつくのら猫対策。近辺には地域猫というのもいらっしゃいますが、うちの庭がお気に入りの通り道になっているのか、片づいた庭が気に入ったのか、ときおり室外機の上にねそべっているところに出くわします。トゲトゲの猫よけマットを敷いてみるも今ひとつ効果なし。折角キレイになった塀に足跡をつけられ嫁さんからナントカしてよ、猫は背丈に近いほどある塀を鼻息ひとつで飛び越えて行きます。さらには、猫除け超音波の前もなんのことなく通過する有り様。

 フェンス下の猫の通りそうなすき間を通れないようステンレスの細パイプで上下に分けたり、フェンスの上にも足が掛けにくいよう同じくパイプを這わせてみたりと、アレコレしてみました。回数こそは減っているような気もしますが、足跡は消えず。今なお猫と知恵比べ進行中です。

 話は家の中へ移り。ツギハギだった障子の張り替えから始まり。

 置き場所があることをイイことに、趣味と実益で溜まってしまったパソコンに白羽の矢が。古いMacが幾台も。使いもしないのに場所だけ占領しておりました。嫁さんから、コレは要るの? コレは要らないの? 部屋に並べ直されたパソコンを前に問いただされ、日に日に強まる圧力にとうとう屈しひとつひとつハードディスクを取り外し、処分業者に連絡。
 家の前に並べられたパソコンの列は、ご近所から見れば怪しげにしか見えませんが、業者のワンボックスに放り込まれる様子を感慨深げに見ておりました。そのうちにある種な解放感漂い。結局のところスッキリしました。

 最後はお風呂場。

 嫁さんが今年2回ほど一念発起で目地修理のうえに奇麗に掃除したお風呂場は、目地のカビもほとんどなくなりました。この状態を維持しようとほぼ毎日お風呂の後は、特に洗い場の回りにはシャワーで熱湯(給湯器で出せる50度~60度)掛けまわし、その後は吸込みの良いぞうきんで湿気や水気をできる限り取り払うことを続けています。
 スクレーパーまで持ち出す嫁さんのその様はなにやら修行僧のようですが、一念発起の掃除は別に、普段は特段の洗剤も使わず気持ちよさを保ち続けているのには、やや驚きさえあります。

 相変わらず、年賀状の取りかかりがキワキワになってきましたが、これで1年のアカはスッキリ落とせそう。今年も後数日。来年は干支も子(ね)に戻り、ようやく令和を迎えられる気分です。

それでは皆様、よい年をお過ごしください。

外壁の仕上げ左官工事

左官工事の様子

 ゴリゴリゴリ、ザッザッザッ。

 外壁の仕上左官の工事が昨日からはじまりました。ですが今週は天気の具合がいまひとつ、予報を睨みながらの工事進行です。乾き切らずの材料に雨が掛かると白濁する恐れがあるからです。白華現象と言い、セメント内のカルシウム分が浮き出てしまうのが原因。そうなると後が大変なので、左官屋さんの親方の一言で現場を進めるかどうかを決めるのだそう。

 今回は「掻き落とし」という技法を使った左官壁になります。仕上げに塗った材料の半乾きの良いタイミングを見計らい、ワイヤーブラシや下し金のような道具を使って表面を掻き落とします。表面が少しデコボコし、塗り材に混入させた石粒が顔をだす昔ながらの表情になります。ですが最近は見ることが少なくなりました。

 また今回はメーカーさんが調合した材料を使っています。風合い・色味はサンプルをいくつか作成してもらい、施主様と決めました。昔は現場でモルタルに好みの色粉や石をまぜ、掻き落とし具合も左官屋さんの腕次第という風情ある仕上げの方法です。今は樹脂製の材料など使いよい材料も増えてもいますが、今回はワラスサが入っていたり、なかなか純粋な左官材料です。

 ただ残念なことに、こうした仕上げを出来る左官屋さんが今はとても少なくなっています。監督さんが腕の良い左官屋さんを連れてきてくれたので、初日に現場指導に来られた材料メーカーさんも安心して帰られました。
 出来上がりがとにかく楽しみです。

左官工事の様子
ダイコン下ろしではありません。
左官工事の様子
左官工事の様子

「春画と日本人」という映画を観てきました。

 2015年秋に東京にある永青文庫という私立博物館で、同名の展覧会が催されました。前代未聞の動員数を打ち出したこの展覧会は、ロンドンの大英博物館で成功を収めた春画展の巡回展として日本での開催を試みるのですが、題材である春画を巡り関係者・スポンサーの理解・許可をなかなか得られず、ようやく開催にこぎ着けるまで奔走した方々の苦労や葛藤を映し出しています。

 今では美術品として認められている春画でありますが、本屋で無修正の春画本を拡げるのはなかなか勇気のいるものです。実際に見ると、滑稽とも思えるなんとも言えぬ露な姿が描き出されているのをご存知な方は多いはず。
 今やネットでは、春画どころでない露なお姿が有象無象に映し出されているに関わらず、公的に春画を美術・風俗の資料としても展示を許さない日本人・日本社会の不可思議な<忖度?>構造に疑問を投げ掛けるドキュメンタリー映画です。

 個人的には、見たことない春画の名作そのものや、まつわる変遷遍歴をかい摘みでももう少し紹介してもらいたかったのですが、どちらか言えば展覧会の奔走劇が中心でやや物足りない感じで映画は終わってしまいました。

 映画を観つつ。。。普段の生活・習慣のなかにも、目に見えない束縛や忖度が漂っているのだろうな。自分の中にもそうした何かがあり、思考や創作の邪魔になっていることもあるのでしょう。それに気付き打ち破るのはなかなか困難です。周りに影響されない感受性を身に付けるのは至難の業。と少しずれた事を考えておりました。

文化記録映画『春画と日本人』

家具やクロスも進みつつ

 現場も片づき始め? キッチンの取付けに家具屋さんが、お手製の道具を携え来てくれました。ぼやけた写真になっていますが、いい感じに仕上がっています。

 そしてクロス工事も始まりました。今回はクロス屋さん泣かせな薄め品番?です。ゆっくりやってもらって良いです。なんて、勝手な事を言い残して、今日は現場を立ち去りました。

 外部の左官工事も下地が随分進んできました。表から見ると、建物の雰囲気が変わってきた感じがします。通りから見るとなにやら物々しく、皆さん覗きながら通り過ぎて行きます。

クロス前のパテ塗を丁寧に進めてもらえています。
左側は下地終了、右側は粗塗りの状態

展覧会・講演会「木組」

竹中大工道具館「木組 分解してみました」

 竹中大工道具館での展覧会「木組 分解してみました」を観て、当日開催された講演会「木組とはなにか」を聴いてきました。

 会場にあった木組の展示は、今でも一般的な木造建築に使われる継手・仕口はもちろんですが、これまで見たことがない面白いものも展示されていました。また、ギタードと呼ばれるフランスに伝わる曲面3次元な木組みや、伝統工芸に見られる指物、組子などがあり、大きなもの小さなものが並列に展示されているのが印象的でした。
 神戸ではあと半月程ですが、お近くの人はぜひ足を運ばれてはいかがでしょう。個人的に、今回のカタログは小粋で内容も備わりお買い得な感じがしています。
 講演会の時間が迫り、観賞そこそこに会場を離れてしまったのは残念。

 お昼からの講演会は、大工の阿保昭則氏、指物の須田賢司氏、組子の横田栄一氏の三者と、大阪くらしの今昔館館長・谷直樹氏の司会進行で進められました。まずはそれぞれお仕事の話、その後はインタビュー的な構成です。
 木組みをテーマにどんな話しになるのか。それぞれのお話はとても興味深いものでしたが噛みあうような噛みあわないような不思議な印象、残念ながら木組みのようには行きませんでしが味わい深く、2時間を超える講演は足らないぐらいに思えました。

 講演最後の辺り、図面を重視されますか? 現代技術・伝統のどちらを重んじますか? 谷氏からの問いかけに対し、
 大工・阿保氏は、建築は全体の納まりがあるので図面があくまで基本、伝承には間違いも多いので経験上伝統はあまり重視しない。
 指物・須田氏は図面は当たりぐらいにしかなく、木工の歴史はまだ浅いのですが伝統を重視しています。
 組子・横田氏に至っては図面はほとんどありません。どちらか言えば伝統を大事にしたい。
 と言ったくだりは、それぞれにお仕事の内容にもよるのでしょうが、基本的な考え方の違いが見える面白いところでした。

 展覧会を思い返しそれぞれの展示品を図面化するなど、実のところ、とてつもなく途方もない事に思えてきます。これらの物・技が見よう見まねだけで伝わるものとも思えず、人はそこに一体なにを求めているのか、必ずしも必要だけで生まれた訳ではない不思議な世界がそこにはあります。

竹中大工道具館「木組 分解してみました」

開館35周年記念巡回展「木組 分解してみました」https://www.dougukan.jp/kigumi/
阿保昭則氏(耕木社)http://www.koubokusha.co.jp
須田賢司氏(木工藝)https://www.mokkougei.com
横田栄一氏(栄建具工芸)/NHK長野「わがまちの手仕事」https://www.nhk.or.jp/nagano/teshigoto/100311.html
 /しげの家から行く長野の旅 http://www.shigenoya.co.jp/stay/yokota/