しまりすエコバッグ

 キャラクターデザインをお手伝いさせて頂いたケーキ屋さんから、10周年記念のノベルティグッズが届きました。突然のなんだか嬉しいお知らせです。

 しまりす「ピカソ」は一年遅れの生まれで9歳かしら。とても大事にされて、生みの親?としては感慨無量。お客様にも愛されているとのお話伺い、涙が出そうです。

 10周年記念の「しまりすごろく」は、ケーキ屋さん人生ゲーム?のよう。ご主人さまとピカソの歩みを勝手に想像しながら、コマに書かれた一言一言を楽しく読ませていただきました。しかも、すごろくのイラストを描かれた谷口りりこさんは、私と同じ精華大学出身なのだとか。ゆるやか〜なご縁を感じてしまいます。

ランマ付の掃き出し窓

 わが家の間取りはすこし昔風なところがあります。内縁(うちえん)とも言える1間の廊下を挟んで、食事も就寝もしている主室のタタミ8畳間があります。8畳間と廊下とは障子で区切られ、廊下には掃き出し窓がついています。そして、障子と掃き出し窓にはそれぞれ小窓の「欄間(ランマ)」が付いています。

 朝起きると最初の仕事は、掃き出し窓の雨戸を開けて、ランマの小窓を開けること。廊下の奥は台所とつながっているので、朝食の用意や、弁当の支度を始めて換気扇を廻し始めれば、小窓を開けないと排気がうまくいきません。小窓を閉めたまま魚を焼き始めようものなら、たちまち家中に焼き魚の匂いが立ちこめてしまいます。

 なぜそんな事になるかと言えば、今ごろの住宅では必ず付ける24時間換気などの給気のための開口がないからです。ですが、ブロロロロッと廻る換気扇の風量を思うと、直径10センチの換気穴が一つ二つで給気は足らないのでは?と正直思うところ。朝夕の食事準備の前、小窓必ず開けて新鮮な空気を入れる行動が、わが家では当たり前の日常になっています。

 掃き出し窓の向こうには、小さな庭を挟んですぐ公道です。しかしランマは目線の上にあるので、全開しても道行く人の視線は気になりません。向かいのお宅の2階からだとどことなく覗けなくもありませんが、ほとんど気にならないぐらいです。ランマのお陰で、心地よい季節なら気持ちよく窓を開けて過ごすこともできるのです。
 エアコンを掛け始める前の初夏なら、掃き出し窓と8畳間障子の両方のランマを開ければ、主室にも適度な風が入ってきます。こうした季節なりの使い方ができるのは、どことなく家と共に暮らしている感じがします。

 そんなこんなで、わが家の「ランマ付引違い掃き出し窓」をとても気に入っているわけですが、なぜだか、人様の住まい設計に取り入れたことがない! 昔風のすこし野暮ったいイメージが無くはありませんが、窓のカタログでは何度も目にしていたはず。なのに、これまで図面に落とし込んだことが無いことに、今更気がつきました。
 しかし、最近の窓カタログでは見た記憶が乏しい。改めて確かめてみると、昔からある窓シリーズにこそあれ、最近のシリーズ(特に断熱性を謳う窓)には記載が見当たりません。

 気になって某メーカーのHPから問合せてみると、「誠に恐縮ですが、ランマ付引違い窓はご用意が無いのが現状です。販売量が減少した為、廃番となってしまいました。」との回答。別メーカーで問い合わせても、「(××シリーズであれば)装飾引違い窓を段窓して頂く事にてランマとしてご使用頂けます。採用して頂く予定の窓サイズによって制作可否が変わってまいります。」との回答。
 んんん、ともかくほぼ標準では無いということだ。回答の通り需要がないのか。はたまたメーカーサイドの製品絞り込みなのか。それとも断熱性能が確保しづらい形状だからなのか。採用においては不用意に描けず、確認と注意が必要にならざるを得ない。

 これまで自分の設計にセレクトしなかったとは言え、定番商品な気がしていました。それが、無くなるとは思いもしなかったことです。設計上で替わりの工夫はあるでしょうが、自分が実際、便利に思っているので寂しいばかりです。
 わが家のランマ付引違い窓はいずれ遺物となるのでしょうか? 換気の事がコロナ関連のニュースで毎日取り沙汰されるこの時勢に、復活はないのか? 密かに期待するばかりです。

砥峰高原

砥峰高原

 先日の日曜日、思いつきで久しぶりの自然散策に行ってきました。ススキで有名な砥峰高原です。

 昼前に出発。コロナ禍だから人出は少ないだろうと勝手に思っていましたが、有料道路を降りて下道を走り出すと少しずつ車が増えてきました。少しずつ車間がつまり、高原の駐車場手前2キロあたりからは1本道の車列に並ぶ羽目に。高原に着いたら食堂で昼ご飯と思っていたのに、腹を空かせたままトボトボと、うねった山道だからもう引き返す訳にも行きません。

砥峰高原

 一時間弱ほど行列に並び、ようやく高原の気配が。誘導員に促されるままようやく駐車場に到着。車を降りて立ち上がると、目の前にススキの野原が拡がっておりました。

 砥峰高原はもともと茅葺屋根材の茅の伐採地だったそうです。その環境を維持する為に山焼きが行われていました。茅が使われない今はススキの大草原に替わりましたが、山焼きは現在も続いているそうです。ということは、自然に生まれた風景ではなく人の手に支えながら続いている風景なのだと、後で知りました。
 遊歩道もきっちり整備され湿地には板敷きの通路が設置されているで、砥峰高原は観光地として地元の方に大事にされているのだと感じます。アクセスもしやすいほうなので高原と言うよりも、カップルや家族連れが楽しみやすい大きなススキ公園でした。ススキだけでなく春や夏の風景も楽しめそうです。

 併設されている自然交流館の食堂は蕎麦が人気だったようですが、残念ながら売り切れ。山かけ丼を頂きました。美味しかったです。

 ドラマや映画のロケ地にもよく使われているようです。この日もテレビの撮影隊がいましたが、ちょっとお天気具合が残念でした。

 7年前に同じくススキで有名な曽爾高原へ行きました。その時の記事はコチラから。