「春画と日本人」という映画を観てきました。

 2015年秋に東京にある永青文庫という私立博物館で、同名の展覧会が催されました。前代未聞の動員数を打ち出したこの展覧会は、ロンドンの大英博物館で成功を収めた春画展の巡回展として日本での開催を試みるのですが、題材である春画を巡り関係者・スポンサーの理解・許可をなかなか得られず、ようやく開催にこぎ着けるまで奔走した方々の苦労や葛藤を映し出しています。

 今では美術品として認められている春画でありますが、本屋で無修正の春画本を拡げるのはなかなか勇気のいるものです。実際に見ると、滑稽とも思えるなんとも言えぬ露な姿が描き出されているのをご存知な方は多いはず。
 今やネットでは、春画どころでない露なお姿が有象無象に映し出されているに関わらず、公的に春画を美術・風俗の資料としても展示を許さない日本人・日本社会の不可思議な<忖度?>構造に疑問を投げ掛けるドキュメンタリー映画です。

 個人的には、見たことない春画の名作そのものや、まつわる変遷遍歴をかい摘みでももう少し紹介してもらいたかったのですが、どちらか言えば展覧会の奔走劇が中心でやや物足りない感じで映画は終わってしまいました。

 映画を観つつ。。。普段の生活・習慣のなかにも、目に見えない束縛や忖度が漂っているのだろうな。自分の中にもそうした何かがあり、思考や創作の邪魔になっていることもあるのでしょう。それに気付き打ち破るのはなかなか困難です。周りに影響されない感受性を身に付けるのは至難の業。と少しずれた事を考えておりました。

文化記録映画『春画と日本人』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中