材木も魚と同じ?なのだろうか。

 今日は材木屋さんの営業が来られた。これまでいくつかの物件でお世話になった方。ただいつもと違ったのは、頂いた名刺に書かれた会社名。
 あれ元にいらっしゃった会社は?
 実は倒産してしまいました。
 エ!本当に?
 驚きを隠せない。幾人かの営業さんがいた家族的で小規模な会社だが、こだわり商品を揃え、どの方が営業に来ても手作り感あふれるカタログやチラシでいつも紹介をされていたのが印象的。社長が全国を巡って見つけた良質な材をその土地の製材業者さんとタッグを組み、産地直送的に現場に届けてくれる良心的な会社でした。営業さんは時間を惜しまず納品した物件の後日談などもよくされたり、売りっぱなしの商社的な印象がありません。
 ですから、普段から出来れば使いたいと思う会社のひとつだったのです。

 近頃は材木の値段が逆転しています。以前は安いと思っていた外国産の木材が伐採の規制や運搬費用の嵩みで値上がり、対する国産の杉・桧の値段が下がってきています。以前のイメージと違い、桧材で建てる家が必ずしも贅沢とは言えなくなっているのです。
 今回は金額が厳しいからナニナニでいいよ。と現場で言っていたのが、それならスギヒノキにしてもらえませんか?と返されるのです。

 折角こだわりの家を建てるのだから、ちょっと高くてもドコソコのナニナニフローリングを使おう。と言っていたところが、今はヒノキのフローリングが手頃に使えるとなれば、そりゃあヒノキで充分だわ。と思うのがフツーな施主さんや設計者の心情ではないでしょうか?
 そうすると、こだわり地方材もその煽りを食らったに違いありません。

 例えは変ですが、アジ・イワシ・サンマ。庶民の味方とばかり思っていた魚(外国産の材木)が、気がつけば高級魚になっていた。漁獲量と魚の値段の関係にちょっと似ているような気がしました。

 今日来られた営業さんは、先の会社の材木の販売を引き継がれて、その案内に来られました。やはり手作り感あるカタログを携えてです。
 まだ倒産や引き継ぎのことを知らない設計者も多いようでした。
 一般の人が地方材に興味を持ってもらうにはこんな営業アイテムを揃えたらどうですか。とか。こんな案内を用意してもらったら、周辺の人には伝えやすいです。とか、お節介な事をついつい提案してしまうのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中