晴天恵まれ、地鎮祭は無事終了。

地鎮祭

 施主さんのご家族が集まっての地鎮祭は、久しぶりな気がします。1週間ほど前まで敷地は雑草が生い茂っていましたが、今日の地鎮祭を控え、工務店の監督さんに手伝ってもらいながら草刈りを済ませ、今はスッキリしています。
 上棟式もやりたいな〜。上から餅を蒔くんですかね〜。
 今日の晴れやかな空に、無事の完成を祈りました。

地鎮祭

作家 木下昌輝 *「金剛組」の木内繁男棟梁トークイベント

隆祥館書店トークイベント

大阪谷町にある本屋さん隆祥館書店のトークイベントを聴講してきました。

 初めて伺った隆祥館書店さんは、一見すると都会によく見かけるビル下の小さな本屋さんですが、下火な出版業界を危惧しこうしたトークイベントを4年ほど前から始めて、今ではその筋で人気の講座のようです。
 ビル横手にある小さなエレベーターで8階にある会場へ。
 小さな集会室にパイプ椅子がスシ詰めに並んでいるのがすぐ目に留まりました。下履きを入口で手渡されたビニール袋に詰込み、会場へ促されれば余裕無く並んだ椅子に座り込むしかありません。背中のリュックを身体を捻りながら前に持ち直し、手元の荷物を整理し終わった時には、もうそこから出られそうにない雰囲気。
 今回、小説家木下昌輝さんが「金剛の塔」を上梓された記念イベントとのことですが、実は木下さんの小説を読んだことがないどころか、お名前も知らずに会場に来ました。このイベントをヨメさんから伝え聞き、「金剛組」木内繁男棟梁の話を聞けそうなので足を運びました。お二人共に人気なのでしょうか、客席はスゴイ人口密度に熱気やなにやらムンムン、明らかに換気不足な感じ。今ここで何かが起ころうものなら一巻の終わりだな〜なんて思っている内、講座がスタートしました。

 トーク全体の構成は、木下昌輝さんの「金剛の塔」についてと言うよりも、そのモチーフとなった建設会社「金剛組」について、五重の塔の建設現場や職人についてのお話を木内繁男棟梁から伺うのが中心でした。
 「金剛組」は、聖徳太子の時代から継がれてきた1400年の伝統をもつ寺社物件中心の建設会社です。さらに8組ほどに分かれ、総勢100人ほどの宮大工が在職されているのだとか。普段接する建設現場とは、まったく違う世界がありそうです。

 渋めな声で気さくに話しをされる木内棟梁ですが、語り始めの話が個人的には面白かったかもしれません。
 職人世界で「技を見て盗め」とよく言いますが、具体的には「掃除に廻れ」と若い職人に言うのだそう。その心は、箒とちり取りを持って廻れば邪険にされず、近くに寄って熟練の仕事の様子を見ることが出来ると言うのです。なので、掃除が行き届きすぎる弟子を見ると、(仕事を盗めてないから) コイツぁ伸びないかな〜と思うのだそう。まじめすぎてもダメな訳で、要領良く立ち回れなければ技も盗めないということですね。掃除がまったく出来てないのも困りモンですが。。。
 技術が卓越していることも大事ですが、棟梁は多人数の大工を束ねる頭ですから、いかに人を配分するかも気を使うのだそうです。若い時分にはそんな事かまわずひとり技を磨くことだけに集中するものですが、現場全体を束ねるとなると折り合いの悪い大工集を組にすると仕事が進まなかったり、良い仕事ができない。人事なことにも悩むようにもなって、イロイロ気付かされたそうです。

 作家の木下さんが「金剛組」の取材をしたなかでも、記憶に残る家系図の話をされました。
 「金剛組」は、飛鳥時代初代金剛重光から始まり、数々苦難はありつつも金剛家一族で受け継がれながら現代までつづきます。その家系図を見て木下さんが驚いたのは、必ずしも長男が受け継ぐのではない組織であったこと。あくまで技術の継承を念頭に、技巧が足らなければ長男が跡を継ぐことはできなかった。親戚一同の中で長となる適任者を常に頭に据えながら、時代を超え寺社建築の技術を守り通して来たのだそうです。今で言えば能力主義なのでしょうが、それを聞くだけで波乱の多い歴史を持つだろうことは想像できそうです。

 その他、大工仕事の技術的な話をはじめ、法然寺(高松)に建設された五重塔の建築中写真のスライド紹介や、持参いただいた継手模型を説明いただいたり、短い時間にイロイロなお話を伺うことができました。
 建築工事は想像されるよりもシビアな世界です。木材が沢山積まれた様子を見ると、ひとつやふたつ余裕があるものと思われそうですが、高い材料になればなるほど、適正に拾い出し必要数しか現場に届きません。失敗すれば、やり直しの材料は工務店の持ち出しです。
 そんななかで後継を育てるためには、若い衆に高価な材料の墨付けや加工を任せることがあります。たかが木材と思い気や、ひと度間違えるとウン百万って材料が使い物にならなくなる時もあるのです。ヒヤヒヤしながら弟子の手元を見ていると、棟梁は夜も寝られなくなりそうです。木内棟梁の工場にも、実はそんな材料が眠っているのだけど、なかなか使い回しができないのですよ。と笑いながら頭を掻かれている様子に笑えるようで笑えません。

 さて、この続きに小説「金剛組」の感想など書ければ良いですが、それはまたの機会に。

杭工事

 どことなく工事記録的な記事を書かなくなってしまってずいぶんなりました。令和になったことだし、もすこし建築士ブログらしく進めてみたいと思います。

 今、町工場の設計監理をさせて頂いています。しばらく前に地鎮祭を済ませ、今週から杭工事が始まりました。

 今日は、杭工事開始前の立会をして来たところです。今回、地盤調査で確認している支持地盤は地下およそ23メートル下の砂礫層。まず本番と別のカ所で試験堀をします。監理の内容としては、支持地盤の深さの確認、サンプルによる地層の確認、電流計による地層状況の確認、杭の目視確認、始めの本番杭の作業手順の確認といったところになります。
 実は、杭工事の立会は初めてでした。これまで運良く? 地盤には恵まれていたようです。杭の立会って?となり、前の晩に建築監理の教則本を拾い読みしておきながら今朝現場に向かいました。

 現場では、杭工事会社の担当の方からひとつひとつ丁寧に説明をしていただき、必要な内容も概ね網羅できていることを確認できました。
 ただこうした立会をしてもすべての作業工程を確認できる訳でありません。あくまで抽出によるサンプル確認ですから、その後のひとつひとつの作業においては工事に携われる方皆さんを信じるしかないところがあります。ましてや杭工事や基礎工事は地中に埋もれると、ほぼ以後は確認のやりようがありません。

 担当の方は、こちらからの具体的な質問、素朴な質問について明確に答えていただけました。そうしたやり取りにきっちりしていただけると、心情的にはつい安心してしまいます。逆に、欲しい答えが返ってこないとき、事務所に戻っても風呂に入っても、布団に入ってもモヤモヤ〜としています。

 今回改めて思ったこと。
地面と言うものは、つい固いものと思いがちです。こうした杭工事や地盤改良に立ち合うと、実はそうで無いことがよく分かります。今回の杭は総称では支持杭と呼び、地面深くの建物荷重を支持できる層まで柱を伸ばす工事です。支持されるまでの層は粘土であったりしますが、掘削ドリルは回転させるまでもなくストンと沈んでいきます。それを考えると地表に立つ建物は四角い立体物ですが、その支持地盤まで細〜い脚で建っているようなもの。なんだか実は白鳥の湖のバレリーナのようなのです。