ろうそく能「子狐丸」観賞

大槻能楽堂

 先週、ヨメさんの計らいで大阪谷町にある大槻能楽堂開催の公演を観てきました。
「小鍛冶」と言う短い演目を、まず落語家と声優のセッションで紹介があり、その後に義太夫で演じられ、さらに能で演じられる、と言う3部構成の少し変わった趣向の公演でした。実は公演内容さえ席に着いてパンフを読んで初めて理解したのですが、老朽化した大槻能楽堂の改装工事前間近の公演でもあったようです。

 能の観劇は憶えている限り、大学時代に京都で薪能を観に行ったことがあるぐらい。その前は、、、小学校か中学校かでなんか観たぐらいで、狂言であったか能であったかもよく憶えていません。今回も、てっきり和装でインテリそうなオジサマオバサマに取り囲まれるのかと身構えていたつもりが思い気や、出演の声優さんが人気の方なのでしょうか? 若い女性客がむしろ多く面食らいました。

 とは言え、正直心地よく寝てしまうのでは?、ソワソワ付いて行きましたが、「小鍛冶」と言うお話はどちらか言えば短かく分かりよい飽きのこない人気作品のようです。気がつけば最後まで楽しんで観ていました。観劇前にパンフであらすじは頭に入れつつも、何を言ってるやら分からんところも多々ですが、それでも場面転換が多いこともあって気がつけばクライマックス。
 「小鍛冶」は元は長唄の一節のようですが、歌舞伎、能、浄瑠璃などイロイロな芸能で演じられるのだと知りました。人気の漫画が、アニメになったり、映画になったり、ミュージカルになったりするのと一緒なのか〜。微妙に配役の違うバリエーションがあったり。今になってようやく芸能とは、古今を問わずそういうものなのだと改めて納得してしまったところです。

 タイトルの「子狐丸」は「小鍛冶」の話にでてくる刀の名前。人気アニメのキャラクター名でもあり、出演の声優さんがまさにその声の主。こちらに付いて行ける勇気はありませぬが、イロイロ納得な一夜となりました。

ろうそく能
ろうそく能

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中