墨だし

 墨だし作業の立ち合いに行く。

 そこそこサイズの鉄骨造ともなると掘り方の終わった様子は、ちょっとした発掘現場のようだ。遠い未来に、過去の遺構として発掘されることもあるのだろうか?
 この後、柱脚の据付けや鉄筋工事が待っています。青、赤、黄にマーキングされたところは、それぞれ杭頭、柱、梁を表しています。
 もう間近に迫る梅雨に溶接作業が滞るため、監督さんはやきもきしているところです。

柱状改良工事

柱状改良工事

 地鎮祭を終えた住宅の工事が始まりました。まずは、柱状改良工事が行われるので、立会に伺いました。

 柱状改良工事は住宅の地盤補強として、一般的な工法です。
 でっかいドリルで地面に孔を掘り、セメント系固化材を現地の土と混合して埋め戻しながら柱状改良体を建物下に分散して配置します。地下水位が低ければセメント材だけ使った乾式、高ければ水を加えながらセメント材をミルク状にして混ぜ合わせる湿式が選ばれます。
 地盤調査の結果を見ながら工法と深さは決定されますが、今回は乾式で深さは3M弱で済みました。柱状改良工事で可能な深さは8Mくらいまで。その深さまでに地耐力の得られない場合は、鋼管杭などの工法に切り替わっていきます。

 作業の方が、頻繁にドリルの傾きを確認している様子が印象的でした。今回は浅く済んだこともあり、26本の施工が昼過ぎごろには終了しそうです。
 棟上げは梅雨が過ぎる時期を見越しての工事予定ですが、なかなか来ない梅雨が延びないことを祈るばかり。

チームラボと姫路城

チームラボ
チームラボ

 以前から気になっていたデジタルアーチスト集団チームラボが、姫路市立美術館で展覧会を開催しています。6月はじめの日曜日、ヨメさんと観に行きました。

 もうじき会期終了、絶対ヒト一杯やでェ〜、と朝10時半頃に到着すれば、およそ30分待ちのプラカード。並び始めれば、瞬く間に行列が続いて行きます。ふわ〜〜〜っ!
 去年の丁度今ごろ、東京お台場に開館した「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」がテレビで紹介されるたび、ふわ〜〜〜っと見入っていいた。なんとも気持ちよさそう〜〜〜である。
 年代ものと笑われそうだが映画「トロン」のような、デジタル世界に自分の身がスッポリ転がり込むような錯覚を味わえそう、自然現象をモチーフにした作品が多いが、単なる疑似体験とは違う夢空間に身を置きたいと思わせる。そんなイメージで期待を膨らませ、いざ!。

 ア〜違う。きっとコレはゼンゼン違う。と言うのが、今回の感想。
 残念ながら展示室のスケール不足なのか、期待が肥大過ぎたのか。もちろんソレなりに楽しめたが、身を委ねたような気持ちよさは味わえなかった。出張展示は難しかったのか、インスタレーション的な体感空間ではなく、壁面の投射映像だけで終わってしまったので、ココロで感じるにはボクは歳を取りすぎた。かもしれない。
 動作に反応する文字や図形、散らばる花、揺らめく波に、子供らと一緒になって駆けまわるってことも出来ず、テレビで観たそれであっても幽体離脱するには圧倒感が足らず、ただただ自撮りを楽しむ中年カップルであった。
 こりゃ〜お台場に行ってみんと分からん、と思わせられて、終わってしまった。美術館を出れば、行列だけはさらに延びていたのだけど。

 折角姫路まで足を伸ばしたのだから、姫路城。単純な理由でいざ出陣。
 言わずもがな、圧倒感は明らかにこちらの方が上手でした!。どうやって積上げたのやらの石垣の足元を抜け、6階建て登城のはじまり。実質もっと高いだろうお城の急な階段をエッチラコッチラ登って、どでかい柱や梁を見上げ、いかにも厚そうな床板の足裏の触感を堪能し、姫路の街を一望し、饒舌なボランティアガイドのおじさんに耳を傾かせ、ヨロヨロ降りて。最後は、はしゃぐ外国人観光客を横目に、城をふわ〜〜〜っと見上げて終わり。
 うん、ヨカッタ。

 元号変わりの長かった今年のゴールデンウィークの間には、たいした行楽も出来ずにいたので、ようやく羽を伸ばせた感じがしました。やはりリアルな体験に勝るものは無しでしょうか。それとも、ただそんな歳になってしまっただけか。
 その答えを出すには、まだまだ若造のつもり。のはず。そんな幻覚を味わうのが目的の一日となりました。