NEXT21公開見学会「第4フェーズ居住実験」

IMG_1795

今日は午前中に検査を済ませ、お昼から、大阪ガスさんからお誘い頂いた見学会に参加しました。
大阪ガスさんが1994年から、社員さんとその家族を実際に住まわせて居住実験をしている「NEXT21」という集合住宅(竣工1993)が大阪上本町付近にあります。既に、3期ほどの実験を進め、今回第4期の居住実験に当たっての改修が終了し、その住戸が7月末頃まで公開されています。この建物は骨組みになる構造とその他部分を分離し、その時折に改修が容易な作りになっています。実験段階を含める最新の設備を使い、主には生活にまつわるエネルギー関連の実証を行っていくのが目的になっています。 続きを読む

はーどでぃすくの箱

IMG_1658

しばらく前に自宅テレビの録画用に、Logitec というメーカーのハードディスクをネット販売で購入しました。届いた箱の外身はずいぶん質素な感じでなんだか印象が良い。エコを意識した今時のパッケージデザインと言ってよいだろうか。
で、開けてみて中の梱包を引き出してみて、実は驚いた。外身と同じ段ボールで組まれた様子は特別な訳ではないけど、見た目がなんだかちょっと可愛い感じがする。さらに開き始めると、見慣れた梱包はちょっとバラケタ感じがするか、切り目に引っ掛けただけぐらいに見えるものだが、この梱包はずいぶんしっかりしているし、細かく分かれることもなくフタとハコの二つにしか分かれない。普段見慣れた感じとちょっと違うと思い始めた。
ハコは段ボールがさらに複雑に折り込まれており、オスメスの噛み合わせで一切ノリは使われていない。奇麗に開けると、ほぼ一枚の紙に拡がる。見事な折り紙細工だと感心してしまった。組んだ時には、衝撃を減らすように中身のハードディクスを中空に浮かすようになっている。なにしろ無駄が本当に少なくスバラシい。このパッケージを考えられたデザイナーさんかメーカーさんは、悩むぐらいによく考えたのではないだろうか。

続きを読む

人と木 〜 坂口製材所「吉野サロン」を訪ねて

IMG_1702

昨日は、桜ではなく杉?を見に行きました。とても活動的な製材所があるから見に来てください。設計仲間からのお誘いを受けて、日帰りハイキング気分で奈良県吉野まで。お天気も良く久しぶりに行楽気分を味わってきました。

伺った先は、吉野で天然乾燥の杉材を中心に取り扱かう坂口製材所さんが、敷地内で地域にも開放している「吉野サロン」と、隣接するモデルハウス「吉野STYLE」です。それぞれに違った印象を持ちながらも、木の家の良さをとても心地よく表現された住まいになっています。坂口さんは、此処を基点に大阪方面や名古屋方面の建築家さんや工務店さんとネットワークを活発に組み、少しでも広く吉野の材の良さを知ってもらい、もっと身近に使ってもらいたい、と地元製材業にとどまらず、販促事業にも率先した活動をされています。3時間近く話にお付き合い頂きましたが、「木は余すところなくすべてを使い切る事ができる。でなければ木に申し訳ない」その熱い思いが視線からヒシヒシ伝わるといった印象でした。

自分自身は、木造の物件が増えて来たこともあって、徐々に「木」そのものに興味を持ち出したところぐらいです。特に始めの頃はデザインアイテムとしての「木」でしかありあません。色味のイメージだけで選んでいたと言っても過言でありません。正直なところ、今でさえ製材され仕上がった木を見て材種を答えられるのはわずかでしょう。(ヘタすれば0点かも。。。)それでも、現場に塗装の予定で据えられた材が時には美しく、時には迫力があり、色を塗る事に躊躇する事はしばしばありました。たまたまな機会で少し木の事を勉強しはじめ、もっと思慮深くなければ、坂口さん風に「木に失礼」になると、ようやく分からないなり悩むようになったところです。

吉野の清々し空気に触れ、ちょっとした癒しのひととき(人と木)を過ごし、近頃は出不精になっていた自分への良い活性剤にもなりました。

阪口製材所 | 吉野サロン・吉野STYLE

* * *

話は逸れますが、先日の地震には驚かされました。18年経った阪神大震災を思い起こす揺れに、布団の中で暗闇に眼を見開き、さすが身が縮まった思いがしました。その日の夜と翌日の夜、震源に近い洲本市でお世話になった施主さんや工務店さんに、安否の連絡を取り、みなさんが怪我無く無事でまずはひと安心ししたところです。
そして、今回の地震は知られていなかった断層が原因とのニュース。地震に対する備えは設計のなかでも、ますます必然になってきたと感じてしまいます。