勉強会「ブラックウォールナットの製材」

IMG_1379先週土曜日に、午前中は岸和田の服部商店さんで催された製材の勉強会、午後は神戸・竹中大工道具館で催された「技と心のセミナー」に慌ただしく行ってきました。少し長いです。。。

第12回・服部商店商店勉強会「ブラックウォールナットの製材」

主に広葉樹木材を扱う岸和田の服部商店商店さんには、幾度かお世話になっています。木材の話を始めるとなかなか止まらない服部さんですが、この勉強会にはしばらく参加する機会が無く、しばらく振りに伺った感じです。これまで丸太からの製材は何度か見る機会がありましたが、今回の製材の様子はどことなく今までよりも「製材ってこういうことなのかな・・・」と少しだけ分かるような気がしました。おそらく気だけですが。

使われたブラックウォールナットの丸太は、周りに置かれていたものよりもやや小ぶりなぐらい。大きい丸太なら迫力もあったでしょうがそれよりも、まず二つに割られた丸太の断面の白太と赤身のコントラストが鮮やかで、これは磨く?とめっちゃ奇麗になるんじゃなかろうか、と思えたのです。2枚、3枚と縦割りの大きな板材が採られ、さらに寝かして小幅の板材を製材されます。スタッフの方が慌ただしくローラーに流される採りたての板の埃を払い、積み重ね、また切り出される板を受け取りに走る。服部さんは製材機の側で、切り出しの向きや厚みを自ら指示しています。およそ20〜30分の間でしょうか。

後の説明で、この20〜30分の間に木と会話をしているのだと言われます。素人目には何気なく流しているようにさえ思えそう。丸太の中に潜む節や割れを切り出される様子を見ながら判断し、考えながら大きな板ものを採り進めるか、小幅にしてしまうかを判断するのだと言います。
よくよく考えてみれば、服部商店さんの扱う商品は材木のなかではどちらか言えば高級品です。高い丸太をはるばる買い付けて、如何に商品価値を上げるか(利益を上げるか)は、この短い時間の判断になるわけです。幅広の板材が奇麗に採れれば、利も上がるわけですが、その表面に価値を下げる節がでたり割れが出たりすれば一気に台無し。場合によればわずか何ミリかの判断で値段が大幅に変わることもあると考えれば、簡単に「これで切っといて」とは言えなくなる訳です。恐ろしや。もちろん悔やんだり、間違ったと思われることもあると言われます。
そんな服部商店さんでの勉強会でした。

製材機で切り出しの様子です。>http://youtu.be/iIU4ItyNkhg

 

セミナー 鉋鍛冶「神田規久夫」

IMG_0457

「鉋-かんな-鍛冶「も作」銘・神田規久夫の記録

午前中に服部商店さんの工場を離れ、竹中大工道具館「心と技のセミナー」に向かいました。鉋鍛冶の石社修一氏の講演で「現代鍛冶技法の保存調査報告その1「鉋鍛冶「も作」銘・神田規久夫の記録」というタイトルです。それは、東京足立区の住宅地の中で、昭和8年生れの鉋鍛冶・神田規久夫さんが今も現役で仕事をされており、その仕事ぶりを同業の鉋鍛冶・石社さんがビデオにおさめた記録の公開と講演になります。
江戸大工からの背景もあり、もともと東京も大工道具(ノミ、カンナなど)の製造も盛んだったそうです。ですが今は、大都会に変貌する流れの中でそうした産業は土地の確保ができる地方に移り、個人で続けれるている方はほんのひと握り残っているだけ。道路から半間通路の奥、まさしく密集地のなかで昔ながらにトンテンカンとされる鍛冶屋さんがあるのです。生産を重視するメーカーだと、工作機械の設置や材料の入手や保管を考えるだけで、とても東京の街中では出来なくなる事は想像に難しくありません。
その対極、昔ながらの手仕事にこだわった数少ない職人さんの工房は、石社さんの言葉を借りればガラパゴス的に残ることが出来たと言う事です。神田さんは、ただひたすらに鉋の刃だけを作っておられるわけです。見せて頂いた映像も炉の火加減を見る為に特別な照明を当てる事もなく、実際に商品として作られる過程を2〜3週間掛けて撮影されたもの。作為的なプロモーションは全くなしなので、とてもリアルな感じがします。
おそらくは陽の目を見る事のなかった鍛冶職人の神田さんの刃は、たまたま鉋使いで有名な大工・阿保昭則さんの手に渡ることになり、見初めた阿保さんが神田さんを探し当てたところから、こうした記録になったようです。
メディアではこうした職人さんが取り上げられる事も少なくありません、ですが、神田さんのような職人さんは居なくなる事が必至かもしれません。話の始め、刀鍛冶は憧れもあって飛び込む若者もいるが、人目をひく事がない鉋鍛冶や鑿鍛冶は跡を継ぐ人がまず居ないと言われていました。先の大工・阿保さんは神田さんの鉋で3ミクロンという脅威的な鉋屑を削られます。鉋だけでなく、手仕事を支えるこうした本物の道具と技は、技術技術と声高にしていてももうすぐ無くなるのかもしれません。

より良い材を揃える服部さん、材を生かすために道具をつくる神田さん、機械化ではまねの出来ない何かがそれぞれにあり、それらが建設、建築の仕事、技術、思想を高めるひとつの要素になっている事に違いありません。でもいつか、それらは忘れ去られそうな何かになっている。ひとつでも多く、そうした何かを残せる仕事に関われたらと日ごとに思います。