大津市役所別館の階段

大津市市役所別館の吹き抜けホールにあるコンクリートの階段造形がなかなか恰好良い。なにげに手が込んでいて見ほれてしまう。役所の職員さんが行き交う中でこんな写真を撮っていると結構怪しい。

打ち放しコンクリートの低めの手摺壁からおもむろに、スチール手摺のための受けプレートが飛び出ていた。これを見つけて、さらにおぉなんと手の込んだ!と驚嘆した。出来上がってしまえばなんて事なさそうな細部だけど、このようにするに図面から施工からとても気を使う。コンクリートが打ち込まれる時には既にプレートはきっちりセットされていないといけない。打設の時もコンクリートに押されて傾いたらみっともない。

後付けなら出来上がりを見て調整もできるけど、言わば駆け引き無しの一発勝負である。型枠を外した時にコンクリートが欠けた場所が、補修などせず隠さずにそのままにしてある。建築当時、現場の職人と一緒になって管理していた設計の方の姿勢が見える様な気がした。

 

唐崎神社〜近江のみたらし団子

今日は、滋賀に友人が設計した小さな住宅の内覧会に行ったのですが、その前に、湖岸は逆の唐崎神社まで足を運びました。ここは御手洗団子発祥の地。元祖みたらし団子のお店があります。滋賀の観光案内でその事を見つけ、餅・団子好きとしてはなんとしても見逃せなかった訳です。

お店で団子を頼み写真を撮っておこうと思っていたのに、出て来た瞬間食べてしまった。そんなコトで団子のグルメ写真はありませんが、素朴な味でとてもグッドです。店のおじいさんに団子の由来を聞きながら、大の大人が朝っぱらから御手洗団子を三串食べてしまいました。もちろん友人へのお土産にも買っていきました。

実は、少し前に閉店した後に来てトボトボ帰ったこともあるのです。

充電式ラジオが恰好イイ

マキタ充電式ラジオMR100

現場の片隅にひっそりと、何やらがっしりした工具箱なもの。何の機械だろう?箱の横には makita とある。電動工具のメーカーである。発電機?と一瞬思ったら、ラジオであった。現場にはたいてい何時壊れても良さそうなラジオからAM放送が流れている印象があるのだけど、これは少々乱暴に扱っても壊れそうに無い。

現場の若い大工さんの持ち物であったのだけど、電動ドライバーのバッテリーで動くのだそうだ。ちょっとカッコイイので欲しくなった。アマゾンに似たラジオを見つけたけど、買うならやっぱりマキタブランドだ。白バージョンもあるので、iPod と繋げればイカしてるかも。

「服部新聞」に掲載していただきました。

玄関扉

服部新聞は広葉樹を扱う材木屋・服部商店の社長さんが毎月発行している新聞です。材木に関するうんちくが毎回てんこ盛りになって送られてきます。材木の選び方、使い方、流通、産地などなど、様々な知識の引出しをを飾る事無く書かれています。記事は少なくてもA4が4ページ、それが61号にもなるのですから本当に頭が下がります。

服部新聞61号

資料請求をしたのがきっかけだったと思うのですが毎月新聞が送られて来るようになり、いつか材料をお願いしてみたい。最初はアメリカンブラックチェリーを「WAON」で棚板に使わせてもらいました。今回の「Cava」では、ウォールナットです。
服部さんに材料をお願いするのに電話をすると、毎回いろいろなうんちくを聞かされます。5分で済む用事が気がつけば15分、30分になる事もあります。そのお陰で材木のいろんな事を教わりました。教えて頂いたうんちくを隅々まで上手に使いこなせませんが、ひとつひとつ分って来ることで木を使う面白さが、ずいぶん分るようになれた気がします。

よい材料をちゃんと使うと言う当たり前の事が、まだまだ出来ずにいます。餅は餅屋。木の事はわしらに任せたらええのや。その服部さんの言葉を本当に理解できるようにこれからもお願いしたいと思っています。

大芋(おおくも)神社の大イモ?

隋身門の大いも?

仕事で行った先の近くにあった神社が、えら〜く古そうで気になった。大芋神社と書いて「おおくもじんじゃ」と読むそうだ。境内の入口にある隋身門(ずいじんもん – goo辞書)の一方の下に目をやると、まさしく「おおいも」って感じの石が置いてあった。しかもなぜだか「のる」と彫られてあって、ますます気になる。人気がないので、こっそり乗ってみようかと思ったけど、さすがに大人げなくやめた。

この石に乗っかれば、きっと床を支えている様にも見える姿勢にならざるを得ない。そこに何かの意味があるように思えてならないのだけど、一体なんだろう?ネットで探してみたけど見つからない。知っている方がいればぜひ教えて欲しいです。

加東市

ALCが取り付きましたが。。。

屋根下地とALC

鉄骨物件のALC(オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリート – Wikipedia)取付け工事がほぼ終盤。写真は屋根/壁の取合い部分。排煙やら斜線やら法規に縛られ軒がほとんど出せないので、こうした形状になっています。

さてさて外枠はこうして出来上がり、ボリュームこそはしっかりと現れて来ましたが、地震の影響で工務店さんは資材の調達が困難な様子。なにから始めたらいいんでしょう。。。みたいな状態です。どこの工事もそうでしょうが、予算があって悠長に出来るものではないのですから、事態は本当に深刻だと思います。こちらからも良い知恵はなかなか出せるものでもありませんが、出来る事を見極め、しっかり仕事を続けてもらう為に意見を絞り出すことこそが唯一自分が出来る復興支援かもしれません。

地震と津波の爪跡:衛星写真

Japan Before and After Tsunami - Interactive Feature - NYTimes.com

親父から教えてもらったニューヨークタイムズのサイト記事。こうして見せられると、あまりの生々しさにたじろいでしまいます。20ヶ所程の比較写真が載っています。

Satellite Photos – Japan Before and After Tsunami – Interactive Feature – NYTimes.com

その他

公人屋敷(くにんやしき):大津市坂本

比叡山延暦寺の門前町坂本にある「公人屋敷」と呼ばれるお屋敷を観てきました。1864年に新築もしくは改築されている棟札が見つかっていることから、おおよそ150年くらいは経っている事になります。公人と言うのは、僧侶でありながら妻帯と名字帯刀を認められた坂本町を治めるお役人と言ったところでしょうか。なので、ここはお役人の家ですから、なかなか立派です
今日はちょっとお天気が悪くて中が暗く、写真が上手に撮れずでした。またいつか改めてご紹介したいと思います。

実はこの坂本で住宅を計画を始めたところ。坂本は見所の多い町なのでしばらく楽しめそうです。