大津市役所別館の階段

大津市市役所別館の吹き抜けホールにあるコンクリートの階段造形がなかなか恰好良い。なにげに手が込んでいて見ほれてしまう。役所の職員さんが行き交う中でこんな写真を撮っていると結構怪しい。

打ち放しコンクリートの低めの手摺壁からおもむろに、スチール手摺のための受けプレートが飛び出ていた。これを見つけて、さらにおぉなんと手の込んだ!と驚嘆した。出来上がってしまえばなんて事なさそうな細部だけど、このようにするに図面から施工からとても気を使う。コンクリートが打ち込まれる時には既にプレートはきっちりセットされていないといけない。打設の時もコンクリートに押されて傾いたらみっともない。

後付けなら出来上がりを見て調整もできるけど、言わば駆け引き無しの一発勝負である。型枠を外した時にコンクリートが欠けた場所が、補修などせず隠さずにそのままにしてある。建築当時、現場の職人と一緒になって管理していた設計の方の姿勢が見える様な気がした。

 

唐崎神社〜近江のみたらし団子

今日は、滋賀に友人が設計した小さな住宅の内覧会に行ったのですが、その前に、湖岸は逆の唐崎神社まで足を運びました。ここは御手洗団子発祥の地。元祖みたらし団子のお店があります。滋賀の観光案内でその事を見つけ、餅・団子好きとしてはなんとしても見逃せなかった訳です。

お店で団子を頼み写真を撮っておこうと思っていたのに、出て来た瞬間食べてしまった。そんなコトで団子のグルメ写真はありませんが、素朴な味でとてもグッドです。店のおじいさんに団子の由来を聞きながら、大の大人が朝っぱらから御手洗団子を三串食べてしまいました。もちろん友人へのお土産にも買っていきました。

実は、少し前に閉店した後に来てトボトボ帰ったこともあるのです。

充電式ラジオが恰好イイ

マキタ充電式ラジオMR100

現場の片隅にひっそりと、何やらがっしりした工具箱なもの。何の機械だろう?箱の横には makita とある。電動工具のメーカーである。発電機?と一瞬思ったら、ラジオであった。現場にはたいてい何時壊れても良さそうなラジオからAM放送が流れている印象があるのだけど、これは少々乱暴に扱っても壊れそうに無い。

現場の若い大工さんの持ち物であったのだけど、電動ドライバーのバッテリーで動くのだそうだ。ちょっとカッコイイので欲しくなった。アマゾンに似たラジオを見つけたけど、買うならやっぱりマキタブランドだ。白バージョンもあるので、iPod と繋げればイカしてるかも。