「ソーシャルネットワーク」を観てきました。

ゴミ処理場(西宮)

昨晩「ソーシャルネットワーク」を観に行きました。ネット社会の激動を映し出す濃密な展開とスピード感は、秒単位で技術革新するハードウェアとソフトウェアの中で振り回される人間模様とも思えました。トシいったのでしょうかね。スゴいなアと憧れつつもどこかついて行けない感は、毎度毎度のアップデートは勘弁してよどこまでもついて行けないです。と思う日常に重なります。

先日、ほぼひと時に液晶モニタとプリンタを購入しました。長〜〜〜いこと使ってた事務所のブラウン管モニタとプリンタがさすがにヤバくなり、叩いてもこそばしても言う事を聞いてくれず。さすがにこれは引退させなアカンなと観念しました。モニタはおそらく10年以上。プリンタもほとんど変わらないぐらい。よ〜頑張ったと言ってやらなアカンのでしょうね。

しかし新しく買ったモニタとプリンタは合わせても5万円にならない。今どき当たり前なのかもしれませんが、この価格でこの性能!?驚いています。マックを始めた当初もどんどん下がる値段を雑誌で観るたびに嫌気がさしましたが、未だこの状況は変わっていないことを実感しました。まだまだスピードを落とす事を許してもらえそうにありません。この世界に果てはないのでしょうね。いや〜大変です。

プレゼントの開封にも思える養生はがし。

杉の床

昼過ぎ、大工仕事がほぼ終わりになったので少しだけ現場に寄るつもりが、スッカリ夜までいてしまった。大工さん達が引き揚げ前に掃除と養生を外しはじめだすと、今まで倉庫の中にあったホコリまみれの包みの中からつぎつぎプレゼントが出て来るかのように思えます。現場では出来上がった順に傷がつかないよう養生されてしまうので、タイミングを逃すと出来上がった様子を見る事ができない。写真のこの箇所の杉板フローリングも今日はじめてのご対面。一部では見ていても全貌がつぎつぎ現れてくる様子にうきうきし、現場を離れず、ついに養生はがしを手伝い始めてしまった。

大工さんが気を使った仕上りが、見事な出来映えとなっています。

格好良い現場小屋

 

現場小屋

 

水門工事と関連があるのかどうか分らないが、おそらく同じ治水工事のための現場小屋が、水門からしばらく北側に行ったところにある。これがなんだか基地っぽくて格好良い。川の上に掛かったコンクリートスラブの上に建っているので、南から見ると川の上に建っているかのよう。