年末最後にプリンタの調子が。。。

掃除や忘年会やら年末行事を無事済ませ、残るは年賀状。と思いきや、プリンタが調子を崩した。幾度となくクリーニングを繰り返して、ようやく印刷を始めたのは窓の外が暗くなってから。最後の最後でやられた感じです。ギコギコ言いながら動くプリンタを横に今年最後のブログ更新。(今年はすっかりサボってばかりでした。。。)

今年の夏に事務所の引越し。マック本体もプリンタももちろんそのままの持込み、これまで乱暴な使用にも耐え随分頑張ってくれたものの、流石に今の時流には「ひと昔」の感が否めません。時たま叫ぶ怪奇音に、買い替えの時期が迫り来る気がしてしまいます。来年はいろいろ出費を覚悟しないとイケナイのかな。しかし目を移せば、移った古屋の新事務所には懐かしさを漂わせる建具があります。もちろん立て付けは狂って隙間も見えますが、こちらはまだまだ現役である事を誇示し、なんとも落ち着きさえ感じます。

入れ替わり、立ち替わり、住まいや暮らしの中に新旧が混在するのは当たり前ですが、考えてみれば不思議な感じもしますね。古い町家のなかに大きな液晶テレビ。似つかわしく無いと思えば似つかわしく無いし、当たり前と思えば当たり前にもなります。許容量に差はあるとしても人の感覚とは随分いい加減なものです。それだからこそ面白く思えるのですが。

今年もあと僅か。よい年をお過ごしください。

サントリーミュージアムとペンギンパレード

大阪南港のサントリーミュージアムが今月26日で休館となります。それでもってヨメさんから終わる前に行こうよと言う事で、久しぶりに天保山まで行ってきました。
僕的には、新聞で紹介されていた「ペンギンパレード」が見れないかなと秘かな思いで向かったところ、バッチリなタイミング。ミュージアムに行く前から十分満足してしまいました。ヨタヨタ歩く不思議な物体をこんなに間近に見たのは始めてです。ウェットスーツに身を固めた小人が入ってるのかと思える不思議さ。ツヤツヤしている肌(羽根?毛並み?ナンテ言えば良いのかな。。。)は、触りたくなるほどとっても奇麗でした。

満足してしまった後、開催されているポスター展を見てまわりました。夕暮れの堤防で写真を撮ってる人たちを俯瞰で見ていると、ペンギンに見えてきました。ところで施設は大阪に寄贈されるそうですが、このご時世でどうなるのでしょう。

帰りに大阪水道局が販売している水「なにわ育ちのおいしい水 ほんまや “Honmaya!”」を見つけました。こちらはピンクのペンギンが並んだみたいです。久しぶりに歩き回りこの時すでにクタクタで、足元がヨタヨタのペンギンになってたのはまさしく自分でしたが。