岸和田だんじり祭り

Danjiri Festival

初めて、岸和田だんじり祭りに行ってきました。先日の服部商店さんの近くの食堂に貼ってあったポスターを見つけての思いつきです。

ホームページで見つけた案内マップを片手に岸和田の街道をウロウロしていると、遠くから声が近づいて来たかと思えば、アレヨアレヨと曵き手の列が連なりはじめ、しばらくするとお囃子賑やかに地車がやってきます。うねった道沿いの見せ場を近くで堪能しようと思っても「コラっ!そこは危ないで、アッチ行かんか!」てな調子で、押し避けられ。

地車もさることながら、街一帯が祭りに染まった風景もまた面白いです。地元の人が道端のあちらこちらで談笑する様子。ハッピを着せた子供をチャリンコで送り迎えするお母さんたちの様子。一体感のある街の様子に少しうらやましささえ感じます。

名物の「くるみ餅」も美味。ひさしぶりに休日気分に浸れました。

関連サイト

各町のハッピ柄がたくさんあって楽しみます。

続きを読む

木材はムズカしい?〜服部商店訪問〜

lumber dealer

高い天井の薄暗い倉庫に山積みされた木材。岸和田にある材木商・服部商店へスタッフと友人と共に訪ねました。服部商店さんは造作材となる広葉樹を中心に商いをされています。すまいがっこうの講師依頼で春頃に一度訪れたので、今日は2回目の訪問です。

倉庫を案内され、カウンターとして奇麗に製材され出荷を待つ「くるみ」や、まっぷたつになって転がる「スプルース」の大木、さらに積み上がった木材の山に圧倒されてしまいます。奥の作業場でロウを塗る作業を拝見しました。木目を詰まり具合を確認しながら、割れない様に乾燥の速度を押えるためだそうです。ただ重ねて、積み上げるだけではないのですね。ペンキを塗る事もあるそうです。

材木バカを自称する服部さんの話は、本当に尽きる事がありません。弾丸の様に、次々木材の事を話されます。今まで信じ込んでいた事を、すっかり覆されたりもします。その話を聞きながら、木の事をまるで知らないバカな設計者と自覚するばかり。

適材適所と服部さんはよく口にします。一本の木から取れる材料でも、建具に向く部分もあれば造作に向く部分もあります。しかもそれは教科書通りには行かない。机に向かうだけの設計者にはとても見極められません。服部さんのような材木アドバイザー?とタッグを組む事が本当に大事なのだろうと思えます。

lumber dealerlumber dealerlumber dealerlumber dealer

連休明けの24日「すまいがっこう」にて、服部さんに講義をして頂きます。ご興味あるかたは、是非。

屋根下地から進んでいます。

cradling for toplight

棟上げが終わった次の日からは「晴れ」続きで、順調に工事が進んでいます。

今日は屋根に貼る板金工事やトップライトの枠など金物工事の打合せで、午前中から現場でした。打合せの前後、まだきっちり囲まれていない揺れる足場を怖々と登りながら、野地板が随分貼られた屋根の様子を確認。10勾配・45度傾斜の屋根が、どことなく民家風に見えなくもありません。
しかしこの傾斜、大工さんがホンマ怖いで。。。と言うのが、ホンマ実感できます。屋根足場が無いと、さすがに登る気は起こりません。

この計画途中、屋根足場の要らない勾配は4.2勾配です。とある工務店さんが言っていました。10行って4.2上がる勾配になります。別な計画で、その4.2勾配を実践中。如何に違うかが近い内に実感できるかもしれません。

building framebuilding framebuilding framebuilding framebuilding framecradling for windows
roofboardroofboardcradling for toplightroofboardcradlingroofboard