やっぱり年賀状でした。

giraffe ?

今年最後の大仕事は、やっぱり年賀状。
毎年このサイクルから抜け出せないでいます。今も目の前のプリンタがギ〜コギッコと働いてくれています。12月になる前のある日、工務店の社長さんから年賀状はもう済ませました。と言われて目が点になってしまいました。まるで異文化に触れた気分です。こちらは明日にコメントを書き足して、ポストに入れるのはきっとその晩か、明後日の朝。コレはエラい差です。年内にはなんとか済ませたいと焦っておりますが、どうなることか。まだ印刷待ちの年賀状が束になって目の前に積んであります。

今朝は来年明けにプレゼン予定の土地の下見に。大阪の下町で、帰り道に近くのアーケード商店街を通り抜けると、年の瀬の賑わいを感じます。お昼前なので美味しそうな匂いがアチラから、コチラから。ロクに大掃除が出来なかった事務所に戻ると、ため息が出てきそうです。ちっとは片付けて気持ちよく年始を迎えなくては。

大晦日と元旦は家族と小旅行。只今唯一の楽しみ。
それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

断熱工事の後

insulating foam

今年最後に現場の確認に行きました。昨日はこの工務店さんの忘年会でしたから、てっきり誰もいないものと思っていたら、大工さんが作業をされていました。いやいや、お疲れさまです。

吹付けウレタンの断熱工事がすでに終わり、見上げてみるとちょっと黄色がかった雪景色の様。昇り梁だったところが、すっかり埋もれていました。設計上の厚みなら梁半分ぐらいのはずなので、ずいぶんサービスしてもらった感じです。カタログでは見ていたものの吹付けウレタンの現場は初めてなので、正直ヘ〜こりゃスゴいなと思い見上げてしまいました。グラスウールなどの大工さんが詰め込む断熱材と違い、専門の業者が隅々まで充填しますから、施工ミスが少なく熱損失が押えられる様子がよく分かります。ただ、電気の線や必要な開口は予め終わらさないといけませんし、後での変更がしづらいのが難点。木造でありながら、RC造のような気の使い方が必要になってしまいます。そう考えると設計監理の負担が多い工法って感じもしますね。f(^_^;)

現場を一巡したあと大工さんからの質問で、打合せと世間話。忘年会の時もそうでしたが、和やかに話ができる時に職人さんからお知恵を頂き、いろいろ勉強になることを教えてもらえます。うっかり長居してしまいました。

外壁のサイディングも半分ほど貼り終わった様子をみると、思った以上に良い感じになりそうです。来年の完成が楽しみです。

siding panelinsulating foaminsulating foam

クリスマスイブなはず。

HOSHIGAKI

年の瀬になって、なんだか仕事が異様に慌ただしくなり、このところテンヤワンヤしています。ブログを書くような落ち着いた時間もなく、気がついたら今年も後、数日。今日はクリスマスイブだというのに、全く無縁な状態。いかんです。年賀状もまったく手つかず。住所録の整理も出来ていない。よく考えたら、まだ年賀状を買っていない。すでに弱気な状態で、早めに言い訳しておこうなど姑息な事を思いつつおりますが、お許しいただけるものやら。

ニュース番組は不況々々と明るい話題が流れない。そんなに言い触れ廻ったら、輪をかけてますます悪くなるじゃないか。そろそろいい加減にしてくれ、と言いたくもなる。今年は無事に過ごせるのやら不安な時期もあったが、際になってありがたくお仕事をいただくことも出来た。とは言え、来年もまたどうなるか分からないこのご時世に油断は禁物である。あ、なんだか暗くなってきた。

このままだと、来年もよろしくお願いいたします。っていきなり今年最後のブログになりそうだから、話題を変えて書ける事はいろいろある筈なのに、ただ今、頭がまわっておりません。ともかく、明るい話題で今年の最後もくくりたいものです。