算数の苦手な方におススメかも

1973?

それは、自分の事かもしれません。。。

今日、ディスカウントショップでインスタントコーヒーの詰め替えパックを買おうと思ったら、ブレンディのパックがいくつか並んでいました。200グラムの詰め替えパックが650円弱、250グラムの詰め替えパックが700円強。どっちが安い?よく見ればその横に、200グラムの瓶詰めと150グラムの詰め替えパックのセットが900円弱で鎮座しているのを見つけ、店内の蛍光灯ではおつむの太陽電池の働きが悪いか頭の中で電卓を叩くも答えを出すのにしばらく動きが止まってしまった。すでにはっきりした数字を失念しているぐらいだから、如何に数字に弱いかが分かる。。。

建築設計なんぞやっていても、数字に弱いのは直らないのかも知れない。数学自体が苦手ではなかったけど、ともかく計算が弱い。謎解きは嫌いでないのだが、単純な計算でいつも失敗する。ソロバン塾でも暗算が大の苦手だった。そんな僕の様な人間のためにあるすばらしいカシオ計算機のサイトを見つけてしまった。

高精度計算サイト(CASIO)

いくつか眺めてみるとこんなに楽しい計算ができるでないかい。ちょっとご紹介。

何枚撮れば全員瞬きなしの集合写真が得られる?

宇宙人がいる星がどれくらいあるか?(ドレイク方程式)

タバコを吸って何歳まで生きられるか?

数字に弱くてもこれなら楽しめそうです。

「よーし、ぼくはがんばるぞ」演劇のご案内

群青亜鉛のサイトへ

しばらく前に、ヨメさんの手伝いで演劇のチラシのデザインを手伝わせてもらいました。公演間近に迫って、今頃宣伝では遅いのですが、折角なのでご紹介。

数年前から年1回程の公演のチラシをやチケットの手伝いを続けています。社会派と言うべきなのでしょうか。昔の事件と現代の世相が混沌とから見合う様な、そんな印象のお芝居です。幾度か公演を拝見していますが、その度に何か考えさせられるものがあります。

今回の公演は11月7日から、ご興味ある方は是非ご覧になって見て下さい。

追記:20081110

先にチラシの制作をお手伝いさせていただいたお芝居 焚火の事務所  公演「よーし、ぼくはがんばるぞ」を先週末に観てきました。

小学校近くになるマンションの一室に住む、すこし複雑な家庭事情を背景に既に両親を亡くした成人姉弟たちの物語。家族の関係や兄妹の関係に微妙な軋みをそれぞれが感じながら、生きる事にもそれぞれが苦悩を背負っています。ちょっとした事でもイザコザ。少々暗い家族(姉弟)の様子を描きながら話は一体どうなるのかと思いきや、思い詰めた弟の取った行動が、近隣周辺を巻き込む思わぬ事件に展開していきます。やってしまったその事で、姉弟たちは自分たち家族の絆を見直さざるを得なくなって行くというお話でした。

暗い雰囲気に見始めてどうなって行くのだろうかと、正直不安になりそう感じでしたが、話が進むにつれ予想の出来ない事件が起こり、盛りあがりと言うよりもなだらかな緊張感に包まれて行きました。むずかしいテーマだと思うのですが、もしかすると自分の身にも起こるかもしれない、と感じさせ考えさせられました。

再演を見つけられたら、是非ご覧下さい。

枚方宿(ひらかたしゅく)

くらわんか船
くらわんか船

小学生の頃の一時期、「東海道中膝栗毛」が愛読書のひとつでした。毎週、読書の時間があったのですが、図書館に行く度この本しか手に取らなかったのです。その割にすっかりお話は忘れていますが、弥次さん北さんの繰り広げる顛末が気になって仕方がなかったのだと思います。

先日のすまいをトークで、はじめてその東海道が「五十三次」ではなく「五十七次」である事を知りました。太陽系の星がひとつ増えたような驚きですが、表題の「枚方宿」は五十六次。江戸から京都を目指すと五十三次になり、その先大阪まで目指すと間に四つの宿場町があり五十七次となるのだそうです。今回はこの枚方宿の町並みを見学。

宿場町であった街道沿い約1.5キロ程の地区が町並み保存として整備されています。また、この枚方宿を紹介する中心的施設として、当時の様子を残し文化財に指定されている旅館・鍵屋があります。
鍵屋は淀川沿いに位置し船待ちの宿として栄えました。枚方・高槻は淀川の往来を拠点に、名物「くらわんか船」が産まれました。京都と大阪を結ぶ三十石船に近づき「飯くらわんか、酒くらわんか、銭がないからようくらわんか」と口の悪さが風物詩となり、商魂逞しく乗客を引き止め繁昌していったそうです。地理的に見ても中継地点として抜群な立地であった訳です。鍵屋資料館ではそんな様子を、模型や映像を使って詳細に紹介されています。その他周辺にも当時をしのばせる建物や民家が多く見られます。

半日で見て回るには駆け足気味な見学会でしたが、もし当時に生きていたとすれば「くらわんか船」の様子は見てみたかったものです。帰りは京阪電車で本日開通の中之島線に乗り中之島駅を通って帰りました。この線の開通でまた大阪の町並みが変わるのでしょうね。今も昔も交通を拠点に街が形成される事は同じです。新しい名物がまた産まれるかもしれません。