Shioya-Kei:サイディングが貼られました。

scaffolding

先週土曜日に分譲住宅プロジェクト(前回「建売」と書いてしまったが間違い。この一棟がモデルハウスとなるので建売だが、他の棟は分譲になる。)の現場を見に行って来た。

いつもと違い、このプロジェクトは意匠的なアドバイスだけなので、細かな指示や絵を描かずに進む様子はなんとなく微妙な感じがする。現場に足を踏み入れれば、気になった施工の様子につい口出ししてしまうものの、あまりアレコレ言う立場でもない。それでも付き合いのある工務店さんだから、それなりに意見は尊重してくれるし、いい加減にできる筈もない。やっぱり不思議な感じがします。

外壁はサイディング。区画の中で、基本のサイディングは3色とルールを決めています。全体が完成したときに、この区画一帯の特徴が明確になるようにイメージをしていますが、売り主の不動産屋さんがどこまでお客さんのコントロールができるかで、まとまるかバラバラになるか、心配でもあり楽しみでもあります。ともかくプロジェクトが完成するまで、悩みに悩んだ予定のサイディングが廃番になったりしないことだけ祈ろう。

西宮砲台の中を見てきました。

Nishinomiya battery

昨日、秋分の日は、自宅そばの香櫨園浜の浜辺でイベント「海辺のひろっぱフェスタ」が催されていました。自宅の窓からも写真の西宮砲台が垣間見れるのですが、この日はイベントの一環として砲台のガイドツアーがあり、中に入る事が出来るので行ってきました。

幕末動乱の最中アメリカ・ロシアなどの軍艦の来航から大阪湾防備のために設けた砲台だそうです。国指定の史跡になっています。
外壁は漆喰塗りですが、基本の構造は石積みです(ひとつひとつはかなりデカい)。昭和になって内部から鉄骨の補強工事がなされていますが、崩れる危険性もあるかもしれないので外周にはフェンスが張られ、普段は側に近寄る事ができません。積み上げられた石は、花崗岩が使われていますが残念ながら神戸の御影石ではありません。神戸山手の石切場から切り出した石を運ぶには無理があり、岡山のナントカ島(失念…)から瀬戸内海を渡ってイカダで運んだそうです。
浜辺の砂地に建築するにあたって、石積みの砲台が砂浜に沈まない様にするため当時の技術者は1200〜1500本の松杭(3〜5M)を砂浜に埋込むことしました。という事は、今もこの砲台は松杭の上に建っていると言うコト。ヨメさんに腐らんのか?と聞かれましたが、土に埋もれて空気に触れないから直ぐには腐らんのだろう、と適当に答えてしまったが、如何に?ネットで調べてみたら、適当に言った事は間違いなさそうで水に漬かった松は腐敗しないそうです。古ビルの解体現場から45年前の松杭が青々と出て来たとか、80年前の松杭が出て来たとか、ベネチアの待ちは干潟に数十万、数百万本という松杭で築かれた街だとかの記事が出てきました。そうだったんだ〜スゴいですね。現在も使用される工法の様で、こんな事を書いているのが実はお恥ずかしい。

ところでこの砲台、換気設備が整っておらず試射をしたところ内部に硝煙が立ち込め、とてもじゃないが兵隊さんはいられない状態だったそうです。伺ったお話では実際に使用を考えていたと言うよりも、軍事施設があるぞ!と言う威嚇のためだったのだろう。と。それにしてはエラいものを作ったものです。大砲を突き出しそうな窓は2階あたり、木造の床が組まれていたようです。が、人力で持ち上げるしかないので、大した大砲が装備された訳でもないそう。中心には防火用の井戸が掘られているそうですが、使われた形跡もないそう。話を伺えば伺う程、西宮砲台に悲哀を感じてきました。しかも、火災に遭い内部は消失。なので、写真の通りガランドウな訳です。和田岬砲台と言う砲台が、三菱重工神戸造船所の構内に残っているので、コチラは内部が現存しているおかげで比較推測できるそうです。

ところで砲台という施設はこの建造物だけを差すのでは無く、周囲を囲む土手を含めた全体を言います。(下の画像参照)西宮砲台はこの土手の一部が残っています。そして、砲台のある場所を台場と呼び、全国には百をこえる台場と付く地名が実はあるそうです。東京のお台場は幕府に敬意を払った地名として御台場という事。

ちょっとお勉強になった秋のイベント参加でした。それにしてもお話をしていただいた西宮郷土資料館の館長さんは、メモ無しに、途切れる事無く30分ぐらいお話されていました。次から次に伺った話はどこも面白く、右から左に流れ出てしまったのが、ああ勿体ない。来年もあれば、もう一度聞きたいぐらいでした。

Nishinomiya batteryNishinomiya batteryNishinomiya batteryNishinomiya batteryNishinomiya batteryNishinomiya battery

Nishinomiya battery

その他にも写真あります。
Nishinomiya battery

すまいをトーク「木造住宅の構造入門・耐震診断」〜耐震診断に思うこと〜

構造金物
構造金物

昨晩は、すまいをトークで「木造住宅の構造入門・耐震診断」というテーマの座学を聴きに行きました。

講義の内容とは話がずれますが、他の設計事務所(もしくは施工業者)が設計または建設した住宅を診断するというのは、個人的には正直躊躇します。昔、一度だけ建売住宅の構造が適正かどうか診て欲しいと頼まれたことがあります。知人の話で断れずに行った訳ですが、一見すると正直怪しい。大阪の街中にはありがちですが、間口が狭く奥に深い住宅でした。耐力壁をしっかり取ろうとすれば、窓が小さくなり法的に必要な採光が取れなかったのでしょう。そんな住宅が並んでいました。見に行かせてもらった一軒でなく、その連なり並ぶ住宅の住民が皆不信感を抱いていたのです。事務所に帰って耐力壁の具合を念のため確認すれど、間違いなく確保できているる筈も無く。そのまま伝えるしかありませんでした。自分が設計した訳でもないですが、なんとなく気まずい。正すべき事は伝えるべきでしょうが、他の方の設計(施工)にケチをつけるようなもの。なので、そうした話は正直敬遠してしまいます。しかもまだ経験の浅い時期でしたから、自身の判断をどこまで伝えるべきかさえも悩んでしまいます。

講座はもちろんそんな話ではありません。一般的な木構造の話から、構造的な法規制前の住宅における耐震補強についての行政の取り組みや制度、耐震診断ソフトの実演など、短い時間の中でそれらの概要をお話されました。中でも耐震ソフトでのシュミレーションはヴァーチャルな感覚と言え説得力がありました。仕事柄、やはり興味を惹かれます。

経験の浅い私でも、木造は構造的に一番判断のしにくいものである事だけはよくよく感じています。シュミレーションは数値的にソフトが判断し崩落の様子を再現してくれるのですが、それが全てでないとも思えます。それを覆す必要はもちろんないのですが、自分の考えの中で構造の安全を判断するのはまだまだ遠い道のりがあるように思えてなりません。木構造は古来から継承され発展してきたものです。現代的な鉄骨構造やコンクリート構造と違い、今もって確立した構造理論はあるようでないと言えます。金物でがんじがらめにされる今の法規制はその過程にあるのかもしれませんが、それだけ木構造は複雑で奥の深いものです。これだけは、ただただ、経験を積み勉強するしか無いのでしょうね。精進です。

ところで、ブログで書いた「すまいをトーク」のいくつか記事が会のレジュメに挟まれて配布されました。後で読み返してみると乱筆乱文やら、語尾がおかしいやら、お恥ずかしい。推敲もそこそこに載せてしまっていますので、会に来られて真面目に読まれた方には申し訳ないばかり。お許し下さい。文章もまた、ただただ精進が必要です。