ホンモノとニセモノの境目は?

like a tile

建売住宅や分譲住宅の設計の手伝いしてみて、工業化とか製品化と言った言葉と、手作りとか職人技と言った言葉が以前に増して引っ掛かるようになりました。直接依頼を受けて委託物件の設計をしていると、建物のアイテムはひとつひとつ作らないとイケナイと言った義務のような気持ちが働いて、寝る間も惜しんでホンモノを目指そうと意気込む事もあります。もちろん自分なんかより数倍、数十倍の労力をかけて設計をしている建築家は世の中に大勢いらっしゃいます。なので、恐れ多くも自慢の話ではなく、むしろ勉強も労力もまだまだ足りないことを切々と感じている今日この頃です。

ただ、いままであまり真剣に見たことが無かった既製木製建具のカタログを開いてみて、結構よく出来たデザインの物もあることが分かったし、メーカーによれば納まりのバリエーションが思った以上に揃っていることも最近驚いたことのひとつでした。既製品を使えば設計の自由度は無くなるという錯覚で、避けていただけに他なりません。もちろんオリジナリティという視点だけで考えれば、目移りするように見えてもやはり限界はあります。しかし、世の中の建設事情や住宅事情を踏まえ、トレンドを少しでも押え世の中のニーズに応えようと開発された商品だから侮る訳にはいきません。その傾向と対応の早さはメーカーにますます必要になってくるでしょうから、使う使わないは別に、こうした製品の動向も注意して見ておく必要があるように感じだしました。

木製建具は建築の要素の中でもデザインアイテムのひとつとして捉えやすいだけに、「既製品」というものにどことなく拒否反応を持っていたとも言えます。建物の外装で言えば、サイディングもそのひとつ。以前は正直安っぽい、なんだかプラスティックで出来た様なにテラテラ感が気持ち悪い。ニセモンはニセモンでしかない。みたいな偏見でいたのですが、最近の商品をよくよく探してみると、コレいいじゃんと今まで口にしなかった言葉が出てしまいます。自分が目を背けていた間に、技術はどんどん上がって知らなかっただけ。みたいな事になりかねません。製品としての性能も上がっているでしょうし、偽物を本物にしてしまおうとするメーカーの意欲は、見習うべき事も実は多いはずです。

細かい事を言い出せば、既製品無くして設計は出来ないともいえますが、取りあえず今は意匠的な話として。

話を少し戻します。既製品建具や家具の面材も本当によく出来ています。ウソっぽいのももちろんありますが、ホンモノっぽいのもあります。ポリ合板やメラミン合板と言った化粧のベニヤ板も同じで、昔のプリント合板とは比べられないぐらいに良く出来た物もあります。シートのものもあります。実際、自分の設計した家具などの中で本物の木とニセ物の化粧合板を並べているのに、自分が見分けつかなくなる事さえあります。ホントに。本物の木の部分で塗装が上手に出来すぎると、ますます見分けがつかなかったり。そうだとすると、例えば紙のような薄い単板(本物の木を薄くスライスした板)を練り付けた化粧ベニヤ板を使う意味はどこにあるのだろうか。とさえ思えそうになります。
その昔、事務所の天井板は(古い建物だし。。)本物の板と思い込んでいたのですが、大掃除のある時に近づいてみるとプリントが剥がれている箇所を発見し、自分の眼が如何に節穴であるかを知りました。

考えてみれば、薄い単板を貼った化粧ベニヤ板とて工業製品です。考えれば考える程、工業化(あるいはニセ物)と手作り(あるいは本物)の境界は曖昧です。エコロジー、自然素材、ホルムアルデヒド、地球温暖化などなど、関連する語句はますます増えてきそうです。技術にも材料にも工業製品と手作り品は入り交じっているのが多くの建築の現状だと思います。自分はどこまでの工業化を許し、どこまでの手作りを守るのか。それもまた建築を考える上で大きな要素になるのでしょうし、安易な事は言えないと実感しています。ただ勉強と経験を積むしかその対処は無く、でなければ自分のスタンスを施主さんにきっちり説明することが出来ないように思います。

 

写真の建物は外装とエントランスのみリフォームしたビルで、以前にデザインをさせて頂いています。茶色い外壁部分は元々はベージュっぽい塗装を施されていましたが、砂岩”風”樹脂シートを貼り直しました。下のまばらな所はスレート”風”タイルです。離れて見ると結構重厚感が出ています。黒のルーバー部分は、エアコン室外機の目隠しになっています。デザインと指示だけ渡しておいて、出来上がりを見たのは実は最近だったのです。思った以上によく出来ていました。(笑)

擁壁の上?崖の下?

SHIKICHI

土地探しをしている施主さんから、ウラの擁壁が気になるのだけど安全でしょうか?と質問される事が今までよくありました。街中の平坦な土地を探しても、意外に擁壁の絡む土地は多いものです。先日の記事()でも、奥の方に古めかしい石積みの擁壁が見られました。こうした擁壁は結構厄介なものです。

宅地造成の法律では「敷地の安全」が名目にあるだけで、これは「建物の安全」を意味するものではありません。この微妙なニュアンスはなんだかいやな感じです。その時代において標準的な建物の荷重を考慮して基準は設定されていますが、真新しいコンクリートの擁壁で囲まれているからそのまま家を載せても安全ですとは、詳細な設計を進めてからで無いと本当のところ分かりません。また、目的の土地が擁壁の上なのか、擁壁の下なのかで考慮すべき内容も変わってきます。

擁壁上の土地の場合。

現行の基準では、擁壁上の土地には上載荷重を最低10KN/m2 以上とされていますが、これは1m2 あたりにおよそ1tの重さを載せれると言う意味で、木造2階建ての重さをおおよそ想定した目安になっています。では建物の重さは?というと。

構造 自重+積載荷重
木造2階建 600kg/m2
木造3階建 900kg/m2
鉄骨2階建 750kg/m2
RC造2階建 3,200kg/m2

この表は概ねのイメージですが、3階建てだと結構一杯ですね。しかもこの重さはしっかり厚みのあるベタ基礎などで平均的に重さがかかった場合です。そう聞くだけでも、なんとなく余裕の無い話だと思えてしまいます。なので、擁壁に近づく程建物の安全は損なわれると考えるのが妥当です。

少し郊外の切り開かれた開発地に行くと、見晴らしは良いのでしょうが、3階分ぐらいあるだろう高い擁壁の上に家が軒を連ねている事があります。同業者の仕事を疑う訳ではありませんがやっぱり怖い感じがします。 昔の石積の擁壁ならなおさらです。古い宅地の擁壁だと5KN/m2 以上という基準の時期もあります。単純に平屋が目安であり、まだ郊外では2階建てが少ない時代の基準だったわけです。その時は、まだまだゆったり建てれるイメージがあったのでしょうね。

擁壁下の土地の場合。

擁壁や崖が背中にあると崩れはしないのか心配になるものです。ところで建築の基準では、崖の高さと同じだけ逃げなさい。とあります。しかしそんなに離れたのでは、建てれる土地が無くなってしまいますね。しかし、もしコンクリートの裏ごめもない昔の石積みの擁壁があれば、同じことが言えます。

もし基準を満たした擁壁を背中にしていても、その擁壁の上に建物があるなら要注意。上の建物が杭など何の配慮も無しに建っているとすれば、その擁壁に建物の重さが掛かって微妙なバランスで成り立っているかもしれません。しっかり考慮されているのが確証が無ければ避けるのが懸命です。

ところで崖や擁壁は上から崩れると思われがちですが、実際には重さを抱えてスプーンですくう様に土が滑ると考えます。山間部の道路の崖崩れなどの写真を見ると、丸く削り取られたような事になっているのが分かる筈です。擁壁の上端あたりを中心に上の土地から下の土地まで根こそぎゴソっとすくい取るように滑る可能性があるのです。崖の高さと同じだけ逃げなさい。と言うのは話はそうした現象から考慮した話なのですね。
崖は上から崩れるとばかり思っていたところ構造設計の方にその話を教えてもらい、崖って怖いな〜と上ばかり見上げていると足下をすくわれるのだと知りました。

ちょっとした言い訳

以前ぴーかん事務所に勤めていたスタッフの一人が、神戸の方へ仕事に来たついで遊びに寄ってくれました。世間話をしている内に当事務所のサイトの話になる。庄司さんはホームページの構築に時間を掛けすぎです。その時間を別な事に向けた方がいいんじゃないですか。と、釘を刺された。まま、ごもっとも。

今年の始め気分転換にブログを変えたのが発端で、サーバーの不具合やらに巻き込まれた勢い、本サイト諸共作り直してしまったから、言われる通り結構時間を費やしてしまったのは確か。その上、ブログの組み立てが分かって来るとついついのめり込み、アレコレ細かい所が気になり始めて、ますますのめり込んでしまった。そろそろ落ち着いたとは言え、ブログ構築関連の記事を見つけてしまうと、うっかり時間を忘れて読んでしまったりする。

言い訳をするつもりでは無いが単に言い訳にしかならないのだけど、以前からホームページやブログをやっていると、建築に通じるものを感じてしまう。全体のデザインからディティール。構成やら使い勝手など、その組み立てを考えていく作業が建物の間取りやデザインを考え進めるのに近い。静的なグラフィックでは無く、動的な要素があるからだろうか。ここまで来てもらったら次の扉を開けてください。廊下に突き当たったら右に曲がって下さい。そこでクリックです。そんなイメージを頭の中で描いてみる。

独立し始めたころ FLASH というアプリケーションにしばらくのめり込みました。もともとアニメーション好きだったこともあり、お手軽にアニメが作れるというソフトです。ご存知の方も多いと思いますが、今ではホームページ上のアニメーションや動画、必要ないのに動いているナビゲーションなど、インターネットの世界で最前線のインタラクティブ技術となっています。その FLASH を使ってアニメーションやインタラクティブなグラフィックなどを作って遊んでいたのです。図に乗ってコンテストに応募したりすると、佳作だったか何かの賞もいただけました。ともかく、こうしたギミックな仕掛けに非常に弱いのです。ブログもしかり。
その後 FLASH については中村勇吾という方のサイトを発見し、これはオレには出来んと観念したところで一気に熱は冷めました。当時の自分にとってそれだけスゴい衝撃がありました。

話が少しそれますが先日、宮崎駿監督の出演したNHKの番組を録画で観ていて、宮崎監督は「人に楽しんでもらいたい一心」でアニメーションを続けていたと話しをしていました。先の中村勇吾氏もあるサイトのインタビューで同じ事を言っています。クリエーターとして当たり前すぎる答えかもしれませんが、僕自身もそうでありたいと思います。建築もサイトも「人に楽しんでもらいたい」それを目指したいと思います。

えらく長い言い訳でしたが、元スタッフの言葉から「ナンデこんなにやってんの?」という素朴な心の揺らぎに、たまたま最近観た中村勇吾氏、宮崎駿監督の言葉を思い出した次第です。まだまだ次元が違いますが、そう思ってもらえる様にやって行きたいのです。

ちなみに中村勇吾氏は、もともと建築家志望からウェッブデザイナーに転身した方です。それを知った瞬間はかなり揺らぎましたが。(笑)

大和ハウス工業総合技術研究所

大和ハウス工業総合技術研究所

大和ハウス工業総合技術研究所
大和ハウス工業総合技術研究所

大和ハウス工業総合技術研究所を見学に行ってきました。弱小な設計事務所を営む身としては、敵陣視察。(相手にされてない、と言う話もありますが。。。)

敵陣に着いて、まず案内されたのはシアタールーム。大和ハウス創業者である石橋信夫氏の功績を紹介する20分ほどの映像を拝見。これまで全く知りませんでしたが、軽量鉄骨やプレハブの基礎を築いたのは大和ハウスだったのですね。1950年大型台風によって関東の家屋は甚大な被害を受けました。しかし竹林の竹が倒れていない事に着目し、鉄パイプによる工業化パイプハウス「大和式組立パイプハウス」を考案したのが始まりだそうです。

併設されているミュージアムにその「パイプハウス」が展示されていました。運動会で見る様なパイプ式テントのテントの替わりにトタン板を貼ったような雰囲気です。ギミックな感じで個人的にはかなりインパクトを受けました(結構カッチョよい)。展示室に奇麗に展示されているので貧相な印象は受けませんが、今となると野原に建っていれば物置小屋ぐらいにしか見えないかもしれませんね。展示のものは状態の良い現存品を移築したものと思われ、へこみや傷跡が生々しく感じます。しかしシルバーの金属板で囲まれた外観は、現代的な印象も無くはありません。子供の頃なら是が非でも基地にしたい感じです。

そしてパイプハウスの販売から4年後、勉強部屋の無い子供たちのためにと開発されたのが、3時間で建てられるという軽量鉄骨による「ミゼットハウス」。デパートで展開されるという販売戦略で瞬く間にブームとなったそうです。「ミゼット」と言えばダイハツの三輪自動車を思い出しますが、ちょうど同じころです。今だと仮設の現場小屋の印象ですが、庭先にこうした小さな小屋が建ててもらえるのは、当時の子供にとっては夢のような事かもしれません。僕自身からすれば、勉強せずにスム部屋かもしれませんが。。。

この後この軽量鉄骨造の技術で住宅建築へ発展していきます。その過程で映し出される映像に懐かしさを感じました。丁度小学校低学年のころ、3〜4年間だけ住んでいた父親の会社の社宅が庭付き平屋の団地だったのですが、映し出される住宅群の様子にとても似ていました。もしかして自分自身大和ハウスに住んでいたのだろうか?と気になっています。
そして映像は、大型建築物、リゾート開発などへも発展して行く様子を描き出し現代に至っていきました。

シアターを出た後は、世界の住宅を模型で展示したミュージアムや石橋信夫記念館など併設される施設を案内されました。

その中のテクニカルギャラリーというコーナーでは、大和ハウスが現代の住宅や建築に生かしている技術を紹介しています。敵陣視察としてはもっとも気になるコーナーです。
まず、耐震構造と免震構造の違い体験をしました。地震体感装置のようなものです。機械の上に設置されたステージが淡路神戸大震災の揺れを再現するようになっています。
まずは耐震構造(地震の力を受けても壊れない頑丈な構造)での揺れを再現。係りの方の指示に従って手すりを握っていましたが、思った以上に揺すられ手すり無しに立てる状態ではありませんでした。 淡路神戸大震災は西宮で実体験しているのですが、その時間は寝ているところを起こされた次第で揺れを立った状態で体験した訳ではありません。起きて体験していれば、このぐらいの揺れを直に感じたのだろうと確かに思えます。
その次に免震構造(地震の力を受け流す構造)での揺れの体験。ステージ下の機械は先と同じ様に動いているのが分かりますが、揺れの伝達はかなり軽減され普通に行動出来る程度になっていました。原理は単純で鉄のボールをお皿2枚で挟んでいるだけですが、急速な衝撃を感じる事はありませんでした。斜めの傾きがない水上のボートに立っているような感覚でした。お皿は微妙な窪みになっていて、揺れが収まると定位置に戻るのだそうです。

その他、断熱構造や遮音構造、交通振動の軽減体感コーナーなどを廻りました。

最後に、研究棟を拝見。実大の熱環境試験室や各種の試験装置の設置された格納庫のような大型の施設です。実際の実験の様子などを見る事ができると良かったのですが、設置されている様子を見学する事が出来ただけでした。実験棟の中の様子も写真に少し撮ってはいるのですが、撮影禁止のマークもあった事なのでここでは加工写真でご容赦のほど。大和ハウス工業総合技術研究所のサイトにいくらか紹介されているので、そちらをご覧下さい。

見学を終え、ひとつひとつの技術は敢えて目新しいと言うものがあった訳ではありません。(本当はあるかも。。。)それよりも、メーカーという巨大企業の強みで実験や検証を繰り返し可能な限り不備の無い安全な商品を世に送り出す。当たり前に思えるそれらを、これだけの施設を使ってきっちりやれる事がやはりスゴい事かも知れないと感じました。個人の設計事務所にはとても太刀打出来ない所です。反面一律的、標準的なものにならざるを得ないでしょうし、中には過剰とも思えなくも無い配慮(あくまで個人的に)になっている様にも思えてなりません。それが、社会の要請なのかもしれませんが。。。
とは言え、全く参考にならなかった訳ではむろんなく、小さな積み重ねで少しでもより良い住まいを作りたい願いはメーカーも個人設計事務所も同じです。ここで勉強になった事はこそこそっとこれからの設計に忍ばせて、巨大な敵に立ち向かいたいと思います。(相手にされない、と言う話ですが。。。)

大文字納涼会2008

DAIMONJI 2008

京都の夏の風物詩「大文字」の日は、恒例で「BlueWind21」にヨメさんとお邪魔しています。竣工した次の年から毎回伺って我が家の夏の楽しみになっていますが、今回で7回目になるでしょうか。

今年はちょっと曇り空気味でしたが、3階建ての小さな屋上からビルの合間を縫って「大文字」と「左大文字」が去年と変わらず見えました。今年も無事に見えて良かった。とつぶやく施主さんの言葉は、市街地に増えるマンションなどに邪魔されず毎年の楽しみを奪われなかったことを安堵するかの様です。ビルの影になって見えなくなる日が、いつか来るかもしれません。それとしてもこのイベントだけは止めずにいて欲しいばかりです。

大文字を見る納涼も楽しみですがココに来るもうひとつの楽しみは、いち年ごとに子供たちの成長を拝見出来ること。仲の良い兄妹3人の様子や関わり方が毎年少しづつ変わって行くのを感じながら、この住まいでどんな風に育ってくれるだろうかと、どんな風に使われて行くのか。この「BlueWind21」では、個別の子供部屋はありません。勉強スペースと寝るための部屋があるだけです。成長する過程で文句のひとつを子供たちから、この例会でいつか詰め寄られる日が来るかもしれません。身勝手な設計者からみると、この小さな住宅で楽しくも逞しく育っているような気がしてんなりません。なにより、施主さんご夫妻と子供たちの家族の関係がとても良く見えるからかもしれませんが。

来年のこの日が、また楽しみです。

DAIMONJI 2008DAIMONJI 2008

竣工当時から飾られているレインボーマンのフィギュア。と「左大文字」の見える様子。

カキノイエ:夏の訪問

KAKInoIE

お盆の始めは、ヨメさん共々「カキノイエ」にお邪魔しました。完成してから半年が過ぎてしばらく行く機会もなかったのですが、暑いうちに夏の様子を拝見できました。

あらたまった感じもなく久しぶりに施主さんに会いました。設計〜監理の間「雨男」の烙印を押されていたのですが、今日の所はほぼ快晴。駅に迎えに来ていただいた時間だけ少し曇りかけましたが、再会早々からそんな話で始まりました。なんだか未だ完成せずいつもの打合せに来た錯覚に陥りそう。
そして「カキノイエ」に到着。玄関扉の染めた黒色が陽に焼けて薄くなっていましたが、外観にその他変わった様子は無くまずはひと安心。
中の様子も写真を撮りながら一巡。こちらも見渡す限りはとくに異常は無さそうで良かったです。中庭の掃き出し窓にはスダレを掛けて日除けをされていたので、中はほんのり暗く適度に落ち着いた様子でした。一巡した後、リビングの長い座卓にどっかり座ると吹き抜けの天井を見上げてしまいます。屋根に沿って斜めにせり上がる天井が、包み込むようで開放感のある不思議な感じを誘い心地よい。

完成後に施主さん宅に伺う機会は、メンテナンスの時や新規の施主さんを案内する時がやはり多くなります。ただ、そうした時は仕事の事が基本的に頭にあるので、十分に空間を楽しむ余裕はあるようでありません。監理最後に完成した住宅を一人居残って歩いてみても、まだそんな気分にもなれません。なので、たいした理由も無く単にお邪魔しに来た今回の様な時こそ、ようやく自分の設計した住宅を改めて感じる気がします。それぞれの家はそれぞれの施主さんが住んでいる様子を想像しながら設計している訳ですが、実際にそこに身を置いて自分が住んでみた訳ではありません。数時間の滞在で全てを感じることは無理ですが、自分の設計した完成後の住まいに〜たいした理由もなく〜伺う事は、自分の設計力?を高めるには大事なことだと改めて感じます。

KAKInoIE

施主さんにはそのまま夕食をご馳走になりました。料理好きな施主さんのもてなしにヨメさんも感激。食べきれない料理をふんだんに振る舞っていただいて本当に感謝です。
食事後、施主さんに案内してもらいながら、「なら燈花会」に行きました。ちょっと酔っぱらったままなので、ぼやけた写真しかありませんが、最後に少〜しだけお楽しみください。

TOUKAETOUKAETOUKAETOUKAE

安全な土地とは?

setting

盆休み前、今日は暑い中、遣り方(建物の配置決め)に付き合った。

掘削が済んだこの土地には、建売住宅が建つ予定。事務所ビルのリフォームをさせていただいたいなほ不動産(Inaho)が進めているプロジェクトです。実は庄司洋建築設計事務所初めての建売住宅。縁があってのお仕事ですが、やり始めてみると実は結構勉強になると感じている。そんな訳で、時たま進行状況はレポートして行こうと思っています。

そもそもこの計画に参加しようとしたのは、案内されたこの敷地がちょっと変わっていたからで、敷地は接道する道路面から擁壁をはさんで3Mほど下にあり、建売するには採算があまりよろしく無い。普通なら建売屋さんが見向きはしないだろう土地だったのです。どうも悪い癖かも知れませんが、面白そうな土地を見せられると、何となくやりたくなって来る。眺望がいいから捨てがたいけど、止めた方がいいですかね。それともなんとか出来ます?なんて、不動産屋の社長のうまい誘導とは分かっていても、やれますよ。面白そうじゃないですか〜。なんて、安易に応えてしまった。こういうちょっと癖のある土地は申請ごとが結構面倒になりがちだ。案の定、その後は走り回るハメになったのだったが、なんとかこうして着工の準備が始まった訳です。(その辺のいきさつもまた後々)

ところで写真で見受けられるように、奥には少し古そうな擁壁に頼り無さげな青い柱。お隣とは言え、ちょっと気になります。心配だからどけて、とも言えない。この付近は古い開発地で、いわゆる宅地造成の法律が出来るか出来ないかの境目あたりの時期に住宅地として切り開かれた環境です。で、結局法律以前の現行基準に照らすと怪しい擁壁が付近のアチラコチラにあるのが分かります。急な斜面なりに見晴らしの良い環境は得られるのですが、地震や構造に過敏なこの時勢では躊躇しそうな宅地が(大きな声では言えませんが)ある訳です。幸いこの敷地は若干手を入れれば、まだ安全な土地と判断できそうでした。

しかし安全な土地?とは何でしょう?その判断は、実はかなり曖昧なものだと思います。建物は人の手によって作られますから、噛み砕いてみれば、怪しいものは怪しい。これは大丈夫とほぼ正確な判断ができますが、自然の神様が作った土地はなかなかそうはいきません。造成された開発地の平らな土地なら安全?とも言い切れないことがあります。地盤調査をしてみたらユルユルスルスル。それを間近で見た経験からすれば100%安全な土地などあり得ない。と思うのが、正直な印象です。

今回の土地の地盤調査の結果は、・・・微妙なところがありました。地盤調査の会社の判断資料も、どことなく明言を避けた言い回し。いやな感じです。少しでも経費を下げたい不動産屋の会社の意図も若い監督の言葉から見え隠れする。しかし、地盤改良するのに50万程度かなとも判断できる。それだけで自分の家だったら嫌でしょ?と、話をして今日は終わりになりました。暑いから。

スカイ・クロラ

昨夕、押井守監督の「スカイ・クロラ」観てきました。
アニメと言うよりも映画でした。どこか分からない日本のようで外国のような架空の時代と国で、戦争が人の欲望の抑制のためにゲーム化された世界。作られた「大人になれない子供」が、ゲームのコマとなって、その代理戦争のなかで戦闘を繰り返します。

リアルな3Dの空戦シーンは圧巻で、戦闘機にのって空を舞い上がれば本当にこんな風に見えるのだろうな、敵機に襲われればこんな風にやられるのだろうな、とまるでその場を実感するようなメカニックの表現です。色彩は押えながらもどことなく明るい画面に、戦闘機の飛行シーンもなんだかプラモデルが浮いた様な空虚感が漂い、対比して平面的に描かれたキャラクターの表現に違和感を感じましたが、それはむしろリアルに見える戦闘シーンがゲームである事を強調しているのか、現実と架空が混然となり本当はどちらの世界がホンモノなのかを分からなくさせる意図かなとも思えます。

そんな解釈は観た後の事で、結構素直に映画を見入りました。物語はどちらか言えば言葉少なで進みます。説明的なところはほとんど無く、全くの前知識なく観るとちょっと悩むかも。設定の複雑さや周りを取り巻く多くの伏線を封じ込め淡々とした日常の様に進み、それでいて人(ゲームのコマ)が死んで行きます。それを世の中の人は心配しながらも傍観している怖さ。「大人のおとこ」とされながらも実体の見えない敵。様々な想像や憶測を、映画の登場人物と共に物語の進行を追いながらぼんやり考えてしまいます。

なんとも言えない余韻を残す映画でした。アニメが苦手な映画ファンでもそれなりに楽しめるのでは。ただしアニメと言えエンターテイメントではないので、ご注意です。

 

それはそれとしてオリンピックも始まりました。谷選手の銅は残念ですが、素直に思えばやはり凄い偉業ですね。こちらはリアルですね。当たり前ですが。。。